NIGHT BEAT RECORDS|買い付けから帰国後、久々にウェブショップを更新いたしました!ドゥーワップ特集で、名作バラードを24点アップいたしております。(2018.4.06.Fri)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日は買い付けから帰国後、久々にウェブショップを更新いたしました!
ドゥーワップ特集で、名作バラードを24点アップいたしております。
全曲試聴していただけますので、ぜひご検討下さいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

THE PENGUINS ■ EARTH ANGEL (Will You Be Mine) / HEY SENORITA (Red Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130250088


1954年。全米ポップチャート8位/R&Bチャート1位。ゴスペルにも通じる黒いフィーリングが前面に押し出された作風ながら、当時ポップチャートでもクロスオーバー・ヒットとなった事から、ロックンロール時代を象徴する一曲として愛される様になった名作です。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では151位という後順位に選定されています。裏面はルンバ・ドゥーワップ・チューン!レア・赤レーベルの1st.プレス!盤質は綺麗です。

TONY ALLEN ■ NITE OWL / I (Specialty Label Wavy Line,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=12727842


1955年にUS SPECIALTYレーベルからリリースしたシングルで、チャート記録はないものの、彼の代表作品です。ザ・チャンプスというドゥーワップ・グループのコーラスを従え、メロディアスな楽曲を力強く歌う50’sドゥーワップ・バラード・ナンバー。ザ・ライチャス・ブラザーズ他、カヴァーも多いR&Bのスタンダードといえる名曲です。裏面も同路線のバラードとなる2サイダー!レア・レーベル中央に波線がある1st.プレス!レーベルに擦れとシールあり。盤質は概ね良好です。

THE TUNE WEAVERS ■ HAPPY HAPPY BIRTHDAY BABY / OL MAN RIVER (Casa Grande 1st.Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=18693439


1957年。全米ポップチャート5位/R&Bチャート4位。誕生日をモチーフにしたオリジナルのバラードを、美声ボーカルのリードがハートフルに歌うポップR&B・ナンバー!ニューヨークのザ・チャンテルズや、ロサンジェルスのザ・シックス・ティーンズ同様に、60年代のガール・ポップのルーツとしても重要視したい一曲です。裏面はアップテンポのドゥーワップです。レア!CHECKERレーベル配給前のオリジナル・レーベル!レーベルにシールあり。盤面に浅い擦れありますが、音質は良好です。

THE CADILLACS ■ GLORIA / I WONDER WHY (2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130249540


1954年作品の1958年セカンドプレスで、チャート記録はないもののグループの代表作品です。1940年代にレオン・リーンが作曲し、バディー・ベイカー・セックステットfeat.ボブ・ヘイワード(Vo.)が1945年に初録音した作品「グロリア」のカヴァーです。メロディアスな楽曲を歌うアール・キャロルのリードを、柔らかなコーラスが繊細に包み込む50’sドゥーワップ・バラードのマスターピース。カラーレーベルの2nd.プレス。レーベルに擦れと破れあり。盤面に浅い擦れありますが、音質は概ね良好です。

THE CADILLACS ■ GLORIA / MY GIRLFRIEND (Virgo Label,Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22639418


1958年作品の、1973年リイシューです。1940年代にレオン・リーンが作曲し、バディー・ベイカー・セックステットfeat.ボブ・ヘイワード(Vo.)が1945年に初録音した作品「グロリア」のカヴァーです。メロディアスな楽曲を歌うアール・キャロルのリードを、柔らかなコーラスが繊細に包み込む50’sドゥーワップ・バラードのマスターピース!裏面曲は1956年作品のカップリングで、こちらはアップテンポのロッキン・ドゥーワップとなる2サイダー盤です。盤質はニアミント美品です。

THE CHANTELS ■ MAYBE / COME MY LITTLE BABY (Black Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=104101963


1957年。全米ポップチャート15位/R&Bチャート2位。メロディアスな3連バラードを、アーリーン・スミスがソウルフルに歌い上げる50’sドゥーワップ・バラード!感傷的でドラマチックな青春物語は、60年代のロニー・スペクター、ダーレーン・ラヴらに受け継がれていきます。「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では199位に選定。黒レーベルのファーストプレス!盤面に浅い擦れあしますが、音質は全田的に概ね良好です。

THE CHANTELS ■ MAYBE / COME MY LITTLE BABY (Grey Label, 2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=109869223


1957年。全米ポップチャート15位/R&Bチャート2位。メロディアスな3連バラードを、アーリーン・スミスがソウルフルに歌い上げる50’sドゥーワップ・バラード!感傷的でドラマチックな青春物語は、60年代のロニー・スペクター、ダーレーン・ラヴらに受け継がれていきます。「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では199位に選定。レーベルに擦れあり。盤面に浅い擦れ傷ありますが、音質は全体的に概ね良好です。

THE CHANTELS ■ THE PLEA / HE’S GONE (Multi Color Label,2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130248986


1957年。アーリーン・スミスと、ジョージ・ゴールドナーが共作をしたメロディアスな3連バラードを、力強いリズムと洗練されたコーラスに乗せて、アーリーン・スミスのリードがソウルフルに歌い上げる50’sドゥーワップ・バラード・ナンバー!1958年にザ・ジェスターズがヒットさせる「The Plea」の元祖オリジナル・バージョンは実は本作で、その点においても重要度の高い一曲と言えます。裏面はチャート作品(全米チャート71位)です。レーベルに擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE FLAMINGOS ■ I’LL BE HOME / NEED YOUR LOVE (Web Top Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=6014782


1955年。全米R&Bチャート5位。ドリーミーな楽曲を美しく歌うリードをコーラスが優しく包み込む、50’s ドゥーワップ・バラードを代表する珠玉の名作!同年にパット・ブーンがカヴァーしヒットさせた作品のオリジナル・バージョンです。裏面もR&Bチャートで最高12位を記録した2サイダーです。レア・シルバートップ・レーベルのファースト・プレス!レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE FLAMINGOS ■ I ONLY HAVE EYES FOR YOU / AT THE PROM (2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=109998289


1959年。全米ポップチャート11位/R&Bチャート3位。1934年に公開された映画『Dames』挿入曲のカヴァーで、色っぽいメロディーの楽曲を「チゥバンチュバン」という甘美なコーラスで彩る、ポップ・ドゥーワップ・バラードの名作。映画『アメリカン・グラフィティー』にも挿入されています。日本では山下達郎さんのアルバム『On The Street Corner 2』の中で取り上げられています。レーベルに擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE FLAMINGOS ■ MIO AMORE (My Love, ‘Till The End of Time) / AT NIGHT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130248640


1960年。全米ポップチャート74位/R&Bチャート27位。「アイ・オンリー・ハヴ・アイズ・フォー・ユー」、「ラヴァーズ・ネヴァー・セイ・グッドバイ」等のヒットを放つ時期の一曲で、イタリア語の「愛しい人」を意味する「ミオ・アモーレ」をタイトルに持ってきた美しいラヴ・バラードです。裏面はストリングスが絡むバラードで、サウンド全体のMOR的な雰囲気も抜群のフリップサイドです。レーベルにウォーターダメージあり。音質はVG+並みに良好な印象で鳴ります。

LITTLE ANTHONY & THE IMPERIALS ■ TEARS ON MY PILLOW / TWO PEOPLE IN THE WORLD (1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=47024130


1957年。全米ポップチャート4位/R&Bチャート2位。「涙に濡れた枕」をモチーフにした失恋ソングとなる感傷的なメロディーを、リトル・アンソニーの透明感のあるヴォーカルが情感豊かに歌い上げるドゥーワップ・バラード・ナンバー!シャ・ナ・ナや、カイリー・ミノーグ等がカヴァーしていた作品の元祖オリジナル・バージョンです。裏面曲もニューヨークを中心に話題になった作品で、こちらもドゥーワップ・バラードの名作として知られる2サイダー盤です。音質は全体的に概ね良好です。

LEE ANDREWS & THE HEARTS ■ TEAR DROPS / THE GIRL AROUND THE CORNER
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=37622209


1957年。全米ポップチャートで最高20位/R&Bチャートで最高4位を記録したグループの代表作品です。「涙」をモチーフをした楽曲のバラードを、美しいピアノの音色に乗せて、フィラデルフィア・スタイルの洗練されたコーラスでハモる50’s ドゥーワップ・バラード珠玉の名作です。各パートのコーラスワークも凝っており、ドゥーワップとしての完成度も高い一曲であります。裏面はアップテンポのR&Bロッカー!レーベルにかるい擦れとシールあり。盤質は良好です。

LEE ANDREWS & THE HEARTS ■ TEAR DROPS / THE GIRL AROUND THE CORNER
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=20687838


1957年。全米ポップチャートで最高20位/R&Bチャートで最高4位を記録したグループの代表作品です。「涙」をモチーフをした楽曲のバラードを、美しいピアノの音色に乗せて、フィラデルフィア・スタイルの洗練されたコーラスでハモる50’s ドゥーワップ・バラード珠玉の名作です。各パートのコーラスワークも凝っており、ドゥーワップとしての完成度も高い一曲であります。裏面はアップテンポのR&Bロッカー!レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

JIMMY CHARLES ■ A MILLION TO ONE / HOP SCOTCH POLKA (UK London Orig.)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130247684


1960年。全米ポップチャート5位/R&Bチャート8位。サント&ジョニーの「スリープ・ウォーク」を想わせる様な泣きのバラードを、ジャジーな演奏とコーラスに乗せて、味のあるヤング・ヴォーカルが歌い上げるポップR&B~ドゥーワップ・バラードの名作です。声質の似たフランキー・ライモンや、ジミー・ジョーンズらのR&Bヴォーカリストと比べると、サム・クックに近い渋みもあるスタイルが魅力です。センターマト抜け。盤質はニアミント美品です。

THE SHIELDS ■ YOU CHEATED / THAT’S THE WAY IT’S GONNA BE (Dot Press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=46215820


1958年。全米ポップチャート12位/R&Bチャート11位。テキサスの白人グループ/ザ・スレイズ(The Slades)の同名作品のカヴァーで、ナショナルヒットとなり、おそらく原作以上に知られる様になったバージョンです。力強いギターの音色に乗せたメロディアスな楽曲を、何重ものコーラスで織り成したハーモニーの輝きが美しいドゥーワップの名作です。裏面はハンドクラップが入るミッドテンポのR&B・ナンバーです。レーベルに書き込みあり。盤質は概ね良好です。

ROCHELL & THE CANDLES ■ ONCE APON A TIME / WHEN MY BABY IS GONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=17231314


1960年。全米ポップチャートで最高26位/R&Bチャートで最高20位を記録したワンヒット・ワンダーとなるグループの代表作品です。ロチェル・ヘンダースン&ジョニー・ワイアットが共作したメロディアスなバラードを、ファルセットを交えたボーカルで美しくハモるドゥーワップ・バラード・ナンバーです。甘くメロウでメルティーな味わいは、スウィート・ソウルのルーツとしても重要視したい名作です。裏面はラテン調のルンバ・ドゥーワップです。CS付き。盤質は綺麗です。

THE RAYS ■ SILHOUETTES / DADDY COOL (Cameo Label Yellow)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=30023041


1957年。全米ポップチャート3位/R&Bチャート3位。ルイジアナ・スワンプ・ポップ風のメロディアスな楽曲を、ザ・プラターズ風のサウンドで品格たっぷりに仕上げたドゥーワップ・バラードの名作!ポップ・コーラス・グループのザ・ダイアモンズのカバーや、イギリスのザ・ハーマンズ・ハーミッツのカバーもヒットしています。裏面はザ・コースターズ路線のノヴェルティー・ナンバーで、こちらはピッツバーグ・サウンドともクロスオーバーする注目作品!盤質は綺麗です。

ROBERT & JOHNNY ■ WE BELONG TOGETHER / WALKING IN THE RAIN (1960 Old Town 1086,2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130246402


1958年。全米ポップチャートで最高32位/R&Bチャートで最高12位を記録したデュオの代表作品です。「君は僕のもので、僕たちは一緒にいます。そう、僕たちは永遠に、一緒に」といった内容のロマンチックなラヴ・ソングを、ドゥーワップ調のツイン・ボーカルで美しく織り成すR&Bバラードです。リッチー・ヴァレンス、ザ・ベルモンツ、ジミー・ヴェルモント等による後続カヴァーも多く、R&B~ポピュラーミュージックの名作であります。盤質は良好です。

THE PLATTERS ■ ONLY YOU / VOO-VEE-AH-BEE (60’s Power Label,Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=39603571


1954年。1955年にMERCURYレーベルで出され、大ヒットを記録した名作中の名作「オンリー・ユー」の初回バージョンで、ヒットバージョンと比べてみても泥臭く、R&B然とした風格のあるドゥーワップ・バラードです。裏面は一転してアップテンポのR&B・ジャンプ・ナンバー!UK ACEレーベル編集によるV.Aコンピレーション・アルバム『Jiving Jamboree Vol.3』にも収録されたUKレコードホップ作品でもあります。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質は良好です。

THE PENTAGONS ■ TO BE LOVED / DOWN AT THE BEACH
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130243217


1961年。全米ポップチャート48位。“永遠の愛”をモチーフにしたメロディアスな楽曲を、リードシンガーのケネス・グードロー(Kenneth Goodloe)の甘いボーカルとスムースなコーラスで織りなすドゥーワップ・バラード・ナンバー。“オールディーズ・バット・グッディーズ”のブームにもマッチしたリバイバル・ドゥーワップを代表する珠玉の名作です。裏面は ジ・オリンピックス・スタイルのノヴェルティーR&B!レーベルに擦れあり。盤面に擦れありますが、音質は概ね良好です。

HARVEY & THE MOONGLOWS ■ TEN COMMANDMENTS OF LOVE (Alternate Version) / HALF A HEART (Lana Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=130242849


60’s。廉価盤でのリイシューかと思いきや、おそらくこの7インチ用に再録音されたと思われる別バージョンで、原作とはまた若干違った仕上がりのレア・バージョンです。ハーヴィー・フークアが作詞作曲をした(作者名はチェス兄弟の息子”M.Paul”名義)「愛の十戒」をモチーフにした美しいラヴ・バラードを、包み込む様なコーラスでドリーミーにハモる50’sドゥーワップ珠玉の名作を別バージョンでお楽しみいただける一枚!盤質はニアミント美品です。

PHIL PHILLIPS ■ SEA OF LOVE / JUELLA
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123781517


1959年。全米ポップチャート2週連続2位/R&Bチャート1位。ザ・トワイライツ(The Twilights)というR&Bグループのコーラスをバックにしたドゥーワップ調のバラードで、ルイジアナらしい哀愁たっぷりのメロディーを、瑞々しいボーカルで歌うルイジアナ・スワンプR&B!1984年にザ・ハニードリッパーズがカバーの、オリジナルバージョンとしても意義のある名曲だと思います。盤質はニアミント美品です。

THE CLOVERS ■ DEVIL OR ANGEL / HEY, DOLL BABY (Atlantic Red Label,2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=4981026


1955年。全米R&Bチャート3位。メロディアスな楽曲を温もりのあるコーラスが繊細に包み込む、甘くドリーミーな50’sドゥーワップ・バラードの名作!白人ポップ・シンガー、ボビー・ヴィーのカバーがヒットした事でも有名になった作品のオリジナル・バージョンです。裏面なアップテンポのR&Bジャンプ・ナンバー!レーベルにかるい擦れあり。盤面に浅い擦れありますが、音質は概ね良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。