NIGHT BEAT RECORDS|60’s R&Bとドゥーワップ等、多彩な内容で7インチを20点、60’s ロックのLP 3点をウェブにアップいたしました!(2018.2.19.Mon)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はR&Bの7インチを20点、60’s ロックのLP 3点をウェブにアップいたしました!
7インチは60’s R&Bとドゥーワップ等、多彩な内容のトップページとなっております。
全曲試聴していただけますので、ぜひごゆっくりご検討下さいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

THE FOUNDATIONS ■ BABY, NOW THAT I’VE FOUND YOU [UNI/73016] US Stereo LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128615476


1968年にUS UNIレーベルからリリースしたオリジナル・アルバムです。冒頭を飾る、シングルでのヒット曲「Baby, Now That I’ve Found You」を中心に、他にも上質なポップ・ソウルやファンクを全11曲収録した、ザ・ファウンデーションズならではの全曲粒揃いな内容の一枚です。未シングル化作品も多く、7インチとは異なるトゥルー・ステレオ・サウンドも魅力です。USオリジナル・ステレオ盤。盤質/良好です。カヴァー/下部に水染み、背面に擦れあり。

THE FOUNDATIONS ■ DIGGING THE FOUNDATIONS [UNI/73058] US Stereo LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=45840166


1969年にUS UNIレーベルからリリースしたオリジナル・アルバムです。冒頭を派手に飾る、シングルでのヒット曲「In The Bad Bad Old Days」を中心に、他にも上質なポップ・ソウルやファンクを全11曲収録した、ザ・ファウンデーションズならではの全曲粒揃いな内容の一枚です。未シングル化作品も多く、7インチとは異なるトゥルー・ステレオ・サウンドも魅力です。USオリジナル・ステレオ盤。盤質/良好です。カヴァー/見開きカヴァー。少々擦れとヨレありますが、概ね良好な保存状態です。

GEORGIE FAME & THE BLUE FLAMES ■ YEH YEH [Imperial/LP-9282] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=5972690


1965年。全米ポップアルバムチャート137位。モンゴ・サンタマリアのカバーで、国際的に大ヒットを記録したタイトル曲の「Yeh Yeh」を中心に、アメリカのR&Bやジャズ、ポップス等を取り上げたブリティッシュR&B名演集!テディー・ランダッツオォの「Let The Sunshine In」等、オリジナル・バージョンを凌ぐ(?)、モッズ・クラシックスを満載した60’sの名盤です。USオリジナル・モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/シュリンクが残っており綺麗です。

Twist Records ■ 066 / AFRO BLUE – Afro Jazz, Exotica, Rumba Blues and Mod Jazz Mix 1,000円
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128552408


『7インチで愉しむJAZZ特集』50年代後半から60年代半ばにかけて7インチ・レコードに録音された、珍種のJAZZや、ジャジーなブルース、プラスその手のJAZZの名作等を、全26作品集めたコンピレーション・アルバム/DJ MIX。 アフリカの郷愁や、ブラジルのボサノヴァ、キューバのルンバや、ラテン全般の編曲を用いた、ダークでエキゾチックな世界観を、7インチならではの太くて古い「MONO」サウンドでお愉しみいただくドープなJAZZ特集!

THE MIRACLES ■ IF YOUR MOTHER ONLY KNEW / WAY OVER THERE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128614596


1962年。スモーキー・ロビンソンとウィリアム・スティーヴンソンが共作をしたメロディアスな楽曲を、ストリングスが被さる軽快なサウンドと、洗練されたコーラスで仕上げた60’s デトロイトR&B・ナンバー!UK KENTレーベル編集によるV.Aコンピ『The Birth Of Soul Vol.3』に収録されてアーリーソウルとして再評価されており、ノーザンソウルともリンクするクロスオーバーR&Bとして人気が出ている一曲であります。レーベルにドリルホールと薄い擦れあり。盤質は綺麗です。

THE MIRACLES ■ IF YOUR MOTHER ONLY KNEW / WAY OVER THERE (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=105392899


1962年。スモーキー・ロビンソンとウィリアム・スティーヴンソンが共作をしたメロディアスな楽曲を、ストリングスが被さる軽快なサウンドと、洗練されたコーラスで仕上げた60’s デトロイトR&B・ナンバー!UK KENTレーベル編集によるV.Aコンピ『The Birth Of Soul Vol.3』に収録されてアーリーソウルとして再評価されており、ノーザンソウルともリンクするクロスオーバーR&Bとして人気が出ている一曲であります。プロモ盤。レーベルに薄い擦れあり。音質は概ね良好です。

THE MIRACLES ■ GOT A JOB / MY MAMA DONE TOLD ME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=43486175


1957年。モータウン設立以前のベリー・ゴーディーJr.と、ビリー・ディヴィス・プロデュースによる作品で、ザ・シルエッツによるヒット曲「Get a Job」へのアンサーソングです。デトロイト録音による軽快なリズムに乗せたキャッチーなメロディーを、ドゥーワップ・コーラスでハモる50’sドゥーワップ・ナンバー!サウンドは古くとも、透明感のあるスモーキーのボーカルと、重厚さのあるコーラスが魅力となるザ・ミラクルズの最初期作品です。レーベルに薄い擦れと書き込みあり。盤質は概ね良好です。

THE MIRACLES ■ SHOP AROUND / WHO’S LOVIN YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128613333


1960年。全米ポップチャート2位/R&Bチャート8週連続1位。1960年らしい荒削りなデトロイトR&B・サウンドに、キャッチーな楽曲を融合させており、将来のモータウンのビジョンを見るアーリーソウルの重要作品!「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では495位に選定。ポップス的には「お買い物しましょう」といった内容のポップナンバーながら、R&B的には1960年に起こった“座り込み事件”を示唆しているというディープな一面もある一曲です。レーベルにかるい擦れあり。盤質は綺麗です。

GENE & WENDELL ■ MOVE ON UP / THE ROACH STOMP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=724244


1962年。「Move On Up」というタイトルがカッコいいダンス・ナンバーで、ホーンセクションを前面に押し出したニューオーリンズR&B風のリズムに、低い男性リードのボーカル+コーラスが乗った60’s R&B・ナンバー!現在のところV.Aコンピレーション・アルバムには未収録の新発掘曲だと思いますが、マイナー調でダークな雰囲気もあり、ニューブリードR&B系がお好きな方にもオススメの一曲であります。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質はほぼ良好です。

MAR-KEYS ■ LAST NIGHT / NIGHT BEFORE (Satellite Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128612687


1960年。全米ポップチャート3位/R&Bチャート3週連続2位。メンフィス録音による重厚なリズム・セクションが、特定のリフをリフレインさせるだけのシンプルなリズム・ダンス・ナンバー!この曲の特徴である“密の詰まった重厚なサウンド”は、後のサザン・ソウルにおいて重要な要素となっており、メンフィスR&Bのダイナミックさを広く知らしめるきっかけとなった、R&B史に燦然と輝く名作であります。レーベルに擦れあり。質は概ね良好です。

WILLIE MITCHELL ■ “20-75” / SECRET HOME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128612407


1964年。全米ポップチャート31位。同じメンフィスのザ・マーキーズの「ラスト・ナイト」に対抗した様なR&Bサウンドは、STAXスタジオ録音のソレよりも硬質かつソリッドでファンキーに仕上がっている注目すべき作品です。1964年という年代を考慮しても、このサウンドが時代を先行していた事が分かる重要作品です。ジャマイカのローランド・アルフォンソがSKAカバーしていた作品のオリジナル・バージョンとしても知られる一曲としても知られています。レーベルに擦れと書き込みあり。盤質は概ね良好です。

THE MIGHTY HANNIBAL ■ FISHIN’ POLE / HYMN NO.5 (Josie Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128612140


1966年。“フィッシン・ポール”という新種のR&Bダンス・クレイズで、アルヴィン・キャッシュ&ザ・クロウラーズの「トワイン・タイム」をアッパーに改良した様な、勢いのあるグルーヴが痛快な60’s R&B・ストンパー!ラリー・ウィリアムスの影響下にある様なボーカルも豪快で、トータルでロックンロール・ファンの方にもオススメとなる、ワイルドなR&B・ロッカーです。裏面はチャート作品で、ベトナム戦争に反対したソウル・バラードの名作です。レーベルにドリルホールあり。盤質は綺麗です。

THE WANDERER (Bob Kornegay) ■ THE MAN IN THE TELEPHONE BOOTH “HELLO BABY” / Same “HELLO MAMA”
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128610916


ザ・ドュー・ドロッパーズ出身のR&B・シンガー/ボブ・コーネゲイが、1957年にUS FLAIR-Xというレーベルに残したシングル作品です。「電話ボックスにいる男」をモチーフにした作品で、ラウンジ・ジャズ的な演奏をバックに、語りを交えたボーカルで歌うノヴェルティーR&B・ナンバーです。コメディー作品と言っても良い作風で、当時にはエフィー・スミスの「Dial That Telephone」等の同系のR&Bがヒットしています。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

SAM COOKE ■ TWISTIN’ THE NIGHT AWAY / ONE MORE TIME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124574750


1963年。全米ポップチャート9位/R&Bチャート1位。ゲイリー・“U.S.”・ボンズの「Quarter To Three」を改良した、サム自作によるアップテンポのツイスト・チューンで、日本では邦題「ツイストで踊り明かそう」としても知られる作品です。重厚なシャッフルリズムと、ハンドクラップ+コーラスでに乗せて、サムのボーカルが力強く歌う60’s R&B・パーティーチューンの傑作!レーベルに擦れとシールと書き込みあり。盤面に擦れ傷がありますが、Side-A.の音質は概ね良好です。

THE RIVINGTONS ■ PAPA-OOM-MOW-MOW / DEEP WATER
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23025936


1962年。全米ポップチャート48位。ザ・コースターズ直伝のノヴェルティー・コーラスに、ジ・オリンピックスのノリの良さを加えた様な、ウェストコーストR&B伝統が味わえるR&Bの名作!ザ・トラッシュメンのヒット曲「サーフィン・バード」の後半部分に本作のリフをそのまま持ち込んでおり、本作がその元ネタ作品として知られてもいます。つまりロックンロールのルーツとして重要な一曲であると言えると思います。レーベルにシールと擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE RIVINGTONS ■ MAMA-OOM-MOW-MOW (The Bird) / WAITING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128608681


1962年。前ヒット作「パパ・ウー・マウ・マウ」のフォローアップで、”パパ”を”ママ”に置き換えただけではなく、ワイルドさを増したリズムとコーラスで大暴れしまくる60’s R&B~バード系ダンス・チューン!度を超えた悪乗りっぷりは非常に痛快で、ロックンロール・ファンの方にも聴いていただきたいオブスキュアR&Bでもあります。裏面曲はドゥーワップ・バラードです。CS付き。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質は概ね良好です。

HERBERT HUNTER ■ DANCIN’ PARTY / AHAB THE ARAB by JOHN DUNN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=16631886


1962年。チャビー・チェッカーのカバーで、完コピに近いアレンジながら、低予算録音ならではの荒さが、逆にロックンロール的でカッコいいグッド・バージョン!力強いアタックのボーカルもワイルドで、原作にはないラフな魅力が出たレコメンド・パーティーチューンです。有名曲のマイナーバージョンをお探しの方にオススメでありますし、ロックンロール・パーティー向けのシンプルなポップR&Bとしてもオススメです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

NAT KENDRICK & THE SWANS ■ DISH RAG Part 1 / DISH RAG Part 2
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128607105


1963年。ジェームス・ブラウンが作曲をした作品で、前ヒット作「(Do The) Mashed Potatoes」のリズムを応用したR&B・ダンス・ナンバーです。ザ・フェイマウス・フレイムスの演奏によるファンキーなシャッフルリズムに、ノヴェルティーでワイルドな掛け声が乗った60’s R&B・パーティーチューン!今のところコンピレーション盤には未収録っぽいですが、CCANDYレーベル系のオブスキュアR&B~ダンスものがお好きな方には絶賛大推薦の一曲であります。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

JIMMY SOUL ■ IF YOU WANNA BE HAPPY / DON’T RELEASE ME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128606526


1963年。全米ポップチャート2週連続1位/R&Bチャート1位。トリニダッドの歌手/ローリング・ライオンが歌った「アグリー・ウーマン」というカリプソをベースにしたアップテンポ・ナンバーで、メロディアスな楽曲を、コール&レスポンスのコーラスで明るく仕上げた60’s R&B・ナンバー!老若男女に愛されるエヴァーグリーンなパーティーチューンとして、DJはマストと言っても過言ではないクロスオーバーチューンです。レーベルにかるい擦れとシールあり。盤質は概ね良好です。

JIMMY SOUL ■ IF YOU WANNA BE HAPPY / DON’T RELEASE ME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=105886936


1963年。全米ポップチャート2週連続1位/R&Bチャート1位。トリニダッドの歌手/ローリング・ライオンが歌った「アグリー・ウーマン」というカリプソをベースにしたアップテンポ・ナンバーで、メロディアスな楽曲を、コール&レスポンスのコーラスで明るく仕上げた60’s R&B・ナンバー!老若男女に愛されるエヴァーグリーンなパーティーチューンとして、DJはマストと言っても過言ではないクロスオーバーチューンです。レーベルにシールと擦れあり。音質は全体的に概ね良好です。

JAN BRADLEY ■ MAMA DIDN’T LIE / LOVER LIKE ME (Chess Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26987575


1963年。全米ポップチャート14位/R&Bチャート8位。ジ・インプレッションズのカーティス・メイフィールドが楽曲を提供しており、カーティス節の出たメロディアスな楽曲を、美声ボーカルで歌い上げるアーリー・シカゴソウルの名作!シカゴ・ソウルのルーツとなる純然たるR&B~アーリーソウルとして、ジェリー・バトラーや、メジャー・ランスらと共に並べる必要性のある名作です。ジョン・ウォーターズ監督による、1988年の青春コメディー映画『ヘアスプレー』に挿入。盤質はニアミント美品です。

THE ISLEY BROTHERS ■ NOBODY BUT ME / I’M LAUGHING TO KEEP FROM CRYING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=8673680


1962年。ツイスティンなダンス・リズムに乗せたノヴェルティーな楽曲を、ワイルドなコール&レスポンスでハモる60’s R&B・ダンス・チューン!レイ・チャールズ的なモダーンさと、ティーン向けのキャッチーさ、ゴスペルをルーツにしたソウルフルさを絶妙なバランスで兼ね備えた、ジ・アイズレー・ブラザーズWAND期の隠れた名作ではないでしょうか。ザ・ヒューマン・ベインツの元祖オリジナル・バージョンは、なんと本作であります。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

CLARENCE HENRY ■ AIN’T GOT NO HOME / BABY AIN’T THAT LOVE (Parrot Label, 60’s Version)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=42767616


1966年。1956年に大ヒットさせた「Ain’t Got No Home」を、10年後に再演したセルフカバー・バージョンです。序盤はノックオフ・オールディーズ(所謂パチモン)的な雰囲気に聴こえますが、中盤からはリズムを強調してツイスティンなR&Bダンサーに生まれ変わったグッド60’s R&B・バージョン!後半のカエルの声真似箇所では、なぜか明らかに「レゲェ、レゲェ」と言っています。CS付き。レーベルにかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

THE CHANTELS ■ MAYBE / COME MY LITTLE BABY (Black Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=106855887


1957年。全米ポップチャート15位/R&Bチャート2位。メロディアスな3連バラードを、リード・シンガーのアーリーン・スミスがソウルフルに歌い上げる50’sドゥーワップ・バラード・ナンバー!感傷的でドラマチックな青春物語は、より洗練されたスタイルで、60年代のロニー・スペクター、ダーレーン・ラヴらに受け継がれていきます。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第199位に選定される。レーベルにシールとかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。