NIGHT BEAT RECORDS|7インチはブラック・ロックンロールを中心に、ポップコーンやジャンプ系等、パーティー向けのサウンドが多めです。(2018.2.15.Thu)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はR&Bの7インチを20点、60’s ロックのLP 4点をウェブにアップいたしました!
7インチはブラック・ロックンロールを中心に、ポップコーンやジャンプ系等、パーティー向けのサウンドが多めです。
全曲試聴していただけます。ぜひご検討下さいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

DON & THE GOODTIMES ■ SO GOOD [Epic/LN-24311] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128498152


1967年。シングルでのヒット曲でサンシャイン・ポップスの名作「I Could Be So Good To You」を中心に、ザ・ビートルズや、ザ・スペンサー・ディヴィス・グループ、ザ・トロッグスのカバーや、オリジナルのR&B・ナンバー、ガレージ作品等、幅広いロックをたっぷりと収録した充実盤!USオリジナル・モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/前面にペンで引っ掻いた様な傷あり。その他は概ね良好です。

THE BUCKINGHAMS ■ TIME & CHARGES featuring DON’T YOU CARE [Columbia/SC-9469] US Stereo LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128497684


1967年。シングルでの大ヒット曲「Don’t You Care」と「Mercy, Mercy, Mercy」の2曲を収録しており、他にも本アルバム・オンリーのジャジーなポップ・ロックを多数収録した充実盤です。ホーン・セクションのアレンジが際立つ、トゥルー・ステレオ・サウンドもオススメの一枚です。USオリジナル・ステレオ盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/シュリンク残っており綺麗です。

THE CRITTERS ■ YOUNGER GIRL [Kapp/KL-1485] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128497241


1966年にUS KAPPレーベルからリリースしたオリジナル・アルバムです。シングルでのヒット曲「Younger Girl」を中心に、同時期の未シングル作品を多く収録した60’s ポップ・アルバム!コーラスの繊細さが際立つサンシャイン・ポップ・ナンバーが素晴らしいですが、他にもビート・ロックやR&B等、ハードな作品もなかなか上質でオススメです。USオリジナル・モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好な保存状態です。

THE YOUNG RASCALS ■ Self Titled [Atlantic/SD-8123] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=47130374


1966年にUS ATレーベルからリリースされたオリジナル 1st.アルバムで、全米ポップアルバムチャートで最高15位を記録したベストセラーです。出世作となった「Good Lovin’」ほか、ガレージィなブルーアイドR&Bや流行ロックのカヴァー等を10曲収録した初期作品集です。内容が良いのでRHINO, SUNDAZEDレーベルからもリイシューされている60’S USロックの名盤!USオリジナル・モノラル盤。赤+紫レーベル。盤質/良好です。カヴァー/少々擦れありますが、概ね良好な保存状態です。

THE RAY-O-VACS ■ PARTY TIME / CRYING ALL ALONE (Kaiser Maroon Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24113072


1956年。“パーティー・タイム”というタイトルもご機嫌なアップテンポ・ナンバーで、ロッキン・ブルースをベースにした跳ねたサウンドに、豪快なボーカルのシャウトが乗ったキラーR&B・チューン!サックス・ソロも強力で、R&Bとしての完成度はトータルで素晴らしく、ブラック・ロックンロール・ファンの方にもオススメの一曲であります。ハンドクラップ等をオーバーダブした別バージョンのリリースもありますが、こちらが初回オリジナル・テイクです。盤質はニアミント美品です。

PRETTY BOY (DON COVAY) with THE UPSETTERS ■ BIP BOP BIP / PAPER DOLLAR
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=30082316


1957年。なんとリトル・リチャードがプロデュースを手がけた作品で、さらには、リトル・リチャードのオリジナル・ロードバンドとして知られるジ・アップセッターズがバックの演奏を担当した超強力、というか最強のR&Bセッションです。ジ・アップセッターズが演奏する、パンキッシュと言っても過言ではないワイルド&ファストなリズムをバックに、ドスを効かせたボーカルでシャウトする、毒っ気たっぷりのブラック・ロックンロール・ナンバー!CS付き。レーベルにかるい擦れあり。盤質は綺麗です。

BILLY LA MONT ■ COUNTRY BOY / CAN’T MAKE IT BY MYSELF
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=30082541


1959年にUS OKEHレーベルに残したシングルです。リトル・リチャードのオリジナル・ロードバンドとして知られるジ・アップセッターズのメンバー/グレイディー・ゲインズ(ts)がセッションに参加しているという説のある作品で、言われてみれば、ジ・アップセッターズに近いハードな演奏が前のめりに畳みかける強力なR&B・ロッカー!(古典的V.Aコンピレーション・アルバム『Wild & Frantic』にも収録されています。)盤質は綺麗です。

ERNIE FIELDS ■ TEEN FLIP / SWEET SLUMBER
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=1676067


1960年にUS RENZDEVOUSレーベルに残したマイナーシングルです。ボブ・ランダーズの「チェロキー・ダンス」風のワイルドなアフロキューバン・ビートを、ロカビリー調のリズムと、遊び心たっぷりのユニークなサウンドでアレンジした、オブスキュアながらにグレイトなR&B・ロッカー!ラテンR&B×ブラック・ロックンロール×TittyShakersともクロスオーバーする要注目作品です。レア!盤質はニアミント美品です。

TEE TUCKER ■ ROCK & ROLL MACHINE / MY GIRL (I Really Love Her So)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=11943696


1961年。「ロックンロール・マシーン」というタイトルからも想像が出来るロックンロール・ナンバーで、ラリー・ウィリアムス風のワイルドな演奏に、賑やかなドゥーワップ・コーラスが入るブラック・ロックンロール・ナンバー!ツイスト・ダンスの流行も意識した様な、軽快なダンス・リズムも魅力となる60’s R&B・ロッカー作品です。V.Aコンピレーション・アルバム『Black Sippin’ Rhythm』他に収録されています。CS付き。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

FRANKIE FORD with HUEY “PIANO” SMITH & THE CLOWNS ■ SEA CRUISE / ROBERTA
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=25015121


1959年。全米ポップチャート14位/R&Bチャート11位。ザ・クラウンズの演奏による重厚なバッキングに乗せた、ヒューイ・“ピアノ”・スミスが作曲したノヴェルティーな楽曲を、R&Bスタイルのボーカルで粘っこく歌うニューオーリンズ・ロックンロール・ナンバー!ザ・クラウンズの演奏による裏打ちを強調したリズムや、前面に出たホーンセクションのアレンジは、ジャマイカのSKAのルーツとしても重要と言っても過言ではないと思います。レーベルにリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

THE (Original) SPACEMEN ■ SPACE WALKIN’ / SPACE WALKIN’
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23667823


1965年。ロケットが発射するSEの爆風で幕を開けるノヴェルティーナンバーで、ダンサブルなシャッフルリズムにワイルドな掛け声が入る60’s R&B・ナンバー!レイ・ブライアント・トリオの「The Madison Time」のR&Bバージョンといった感じで、モダンかつ、CRYPTレーベルにも選曲されそうな珍曲でもあるマイナー注目作品です。裏面はサックスを前面に押し出したジャジーなリズムに、鋭角なギターが切り込むロッキン・ブルース・2サイダー盤!盤質はニアミント美品です。

HARMONICA FATS ■ MAMA MAMA TALK TO YOUR DAUGHTER FOR ME / HOW LOW IS LOW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=30208316


1962年。J.B.ルノアによる同名ブルース作品のカバーで、前ヒット作「Tore Up」をフォローアップしたノリの良さでアレンジしたロッキン・ブルース・ナンバー!60年代らしい洗練されたバッキングの演奏がモダンですが、不調和を起こしそうな豪快なダミ声ボーカルもここではバッキングと違和感なくフィットしています。ニューブリードR&Bや、ブラック・ロックンロール・ファンの琴線にも触れるクロスオーバーチューンでオススメ!盤質は概ね良好ですが、プレス状態に起因するチリノイズが出ます。

CHUCK WILLIS ■ KANSAS CITY WOMAN / IT’S TOO LATE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128492858


1956年。ウィリス自作によるブギウギ・ナンバーで、ジャジーなアップテンポ・リズムに男女コーラスが入る50’s R&B・ジャンプ!ボーカルはワイルドで、作風はレイ・チャールズを想わせるモダーンさもあるマイナー良好作品でオススメです。裏面はチャート作品(US R&B #3-)となるR&Bバラードの名作で、後にオーティス・レディング、ロイ・オービソン、バディ・ホリー、エリック・クラプトンらによってカバーされています。レーベルに擦れあり。盤質は概ね良好です。

SOLOMON BURKE ■ BE BOP GRANDMA / JUST OUT OF REACH
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=108167080


1961年にUS ATLANTICレーベルからリリースしたヒット・シングルの裏面がオススメです。ジーン・ヴィンセントの「ビー・バップ・ア・ルーラ」を彷彿とさせるタイトル作品で、鋭角なギターや軽快なサックスが入る50’sスタイルのR&B・ロッカー!同時期のクライド・マクファッターに近い疾走感のある、ソロモン・バーク流のブラック・ロックンロールとなる注目作品です。裏面はチャート作品となるアーリーソウル・バラードです。盤質は概ね良好良好です。

BILLY STEWART ■ BILLY’S BLUES Part 2 / BILLY’S BLUES Part 1 (Chess Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=106705779


1956年。ビリー・スチュワートと、シカゴ・ブルース界の名ギタリスト/ジョディー・ウィリアムズが共作をしたブルースで、ジョディー・ウィリアムズのギターと、なんとボ・ディドリーのバンドがバッキングを演奏したブルース・ナンバー!個性的なボーカルが入るパート.2がオススメで、ボーカルの背後では、甲高い音色のギターが鋭く切り込み、さらに全体のリズムとしてはルンバ・ブルースという魅力的な完成度の名作です。レーベルにシールあり。盤質は良好です。

EARL BOSTIC ■ SPECIAL DELIVERY STOMP / EARL’S DOG
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=10765950


1960年にUS KINGレーベルからリリースしたシングルです。アーティー・ショウによるスウィング・ジャズのスタンダード曲「Special Delivery Stomp」のカバーで、原作よりもピッチを落としたリズムを、スモールコンボ・バンドの演奏で奏でるR&B・インストゥルメンタル・ナンバー!情感豊かな音色のサックスがメロディーを奏で、曲の後半ではビブラフォンのソロがドラマチックに曲を締めくくる隠れた名作です。レーベルにかるい擦れあり。盤面に浅い擦れあり、若干チリノイズが出ます。

PHIL PHILLIPS ■ VERDIE MAE / TAKE THIS HEART (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128491264


1959年にUS MERCURYレーベルからリリースしたマイナーシングルです。自作による悲し気なマイナーキー曲を、フォーク・スタイルのシンプルな演奏に乗せて、悲壮感たっぷりのボーカルで歌うルイジアナR&B!渋めのR&Bポップコーンとしてもオススメで、イベントのアーリータイムや、バーでのBGM選曲等に最適なサウンドです。裏面は「シー・オブ・ラヴ」のフォローアップとなるバラードです。プロモ盤。盤質はニアミント美品です。

WYNONIE HARRIS ■ THE DEACON DON’T LIKE IT / CHRISTINA (Gusto Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26054689


1953年。“助祭はそれを好まない”という怪しげなテーマの楽曲を、ハンドクラップが入るスモールコンボ・バンドの演奏に乗せたKINGジャンプブルース・クラシックス!後半になるにつれ、シャウトの強烈さを増すボーカルが痛快なキラーチューンであります。UK ACEレーベル編集によるV.Aコンピレーション・アルバムの名盤『Jiving Jamboree Vol.3: King』にも収録されており、イギリスでのレコードホップ・クラブヒットとしても知られる一曲です。盤質はニアミント美品です。

LITTLE WILLIE JOHN ■ FEVER / LETTER FROM MY DARLING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23784250


1956年。全米ポップチャート24位/R&Bチャート1位。オーティス・ブラックウェル&エディー・クーリーが作曲したブルージーなマイナーキーを、ジャジーなミッドテンポのリズムに乗せて、熱っぽいシャウトで歌い上げるR&Bの傑作!ペギー・リーのカバー・バージョンはじめ、ポピュラー・ミュージックのスタンダード・ナンバーとなり、この曲の楽曲や編曲、リズムを応用した作品も数多く生まれた重要作としても知られています。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

LLOYD PRICE ■ STAGGER LEE / YOU NEED LOVE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26315028


1959年。全米ポップチャート1位/R&Bチャート1位。1910年代の古くからあるスタンダードソング「スタッガ・リー」のカバーで、アーチボールドのニューオーリンズR&Bをポップに仕上げたポピュラー・バージョン。ポップ音楽の名手/ドン・コスタ楽団によるジャジーなフルバンドの演奏をバックに、大声ボーカルでスタッガ・リーの物語を歌うR&Bの名作です。1979年にイギリスのパンク・バンド/ザ・クラッシュの「ロング・エム・ボヨ」にリフが引用された。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

JOE TURNER ■ BOOGIE WOOGIE COUNTRY GIRL / CORRINE CORRINA
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26192517


1956年。前ヒット作「ハニー・ハッシュ」をフォローアップしたブギウギ・タイプのアップテンポ・ナンバーで、スモールコンボ・バンドの軽快な演奏に乗せて、どっしりとしたボーカルで歌う50’s R&B・チューン!ロックンロールを意識した作風なので、ロックンロール・ファンの方にもオススメの一曲であります。裏面はチャート作品で、1910年代からあるトラディッショナル・ソングを、軽快なロックンロールで蘇らせたグッド・バージョン!!レーベルにシールとかるい擦れあり。盤質は良好です。

JOE TURNER ■ FLIP FLOP AND FLY / TI-RI-LEE (Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23678741


1957年にUS ATLANTICレーベルからリリースした作品の正規リイシューで、全米R&Bチャートで最高2位を記録した彼の代表作品のひとつです。前ヒット作「シェイク・ラトル&ロール」をフォローアップしたロックンロール・ナンバーで、軽快なブギウギのリズムに乗せてシャウター・ボーカルで歌ったR&Bジャンプ・ナンバー!エルヴィス・プレスリーやザ・ブルース・ブラザーズ他、カバーも多いR&B~ロックンロールのスタンダードと言える名作です。CS付き。盤質はニアミント美品です。

CHARLES BROWN ■ PLEASE COME HOME FOR CHRISTMAS / CHRISTMAS by AMOS MILBURN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=107958602


1960年。全米ポップチャート78位/R&Bチャート21位。邦題「二人だけのクリスマス」としても知られる作品で、メロウな3連バラードを軽快なピアノの音色に乗せたブルージー・バラード・ナンバー。1978年にロック・グループ/イーグルスが大ヒットさせた作品の元祖オリジナル・バージョンで、他にもボン・ジョビ等カヴァーも多いクリスマス・ソングの名曲です。裏面はエイモス・ミルバーンによるシャッフルR&Bとなる2サイダーです。レーベルに小さく破れあり。盤質はニアミント美品です。

ED TOWNSEND ■ FOR YOUR LOVE / OVER AND OVER AGAIN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=128489863


1958年にUS CAPITOLレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高13位を記録した彼の代表作品です。自作によるメロウなバラード曲を、ジェッシ・ベルヴィンを想わせる甘目のボーカルで歌い上げるポップR&B・バラードです。ジェラルド・ウィルソンがアレンジメントを担当しており、シルクタッチの滑らかなオーケストラとコーラス世界が美しい名作です。裏面はアップテンポのジャズ・ボーカル作品です。盤質はニアミント美品です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。