NIGHT BEAT RECORDS|ラテンR&Bやルンバ・ブルースのレア&キラーチューン他、R&Bの7インチを22点ウェブにアップいたしました!(2018.2.09.Fri)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はR&Bの7インチを22点ウェブにアップいたしました!
JAZZMANの新作各種+、それ関連のラテンR&Bやルンバ・ブルースのレア&キラーチューンもセレクトいたしております。
またご好評をいただいておりますCDプレゼント・キャンペーンも引き続き実施しておりますので、この機会にぜひご検討下さいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

V.A ■ JUKEBOX MAMBO Vol.3 [JazzMan/JMANBK094] UK 6X10inch+Book
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984471


2017年。大好評であった“ジュークボックス・マンボ”の第一弾~第二段から、待望の第三弾が遂に登場!アフロ・ラテン・ミュージックのアレンジを盛り込んだ、50~60年代の米国R&Bとブルースを全24作品集めたコンピレーション・アルバムで、ダークでクールなラテンR&Bやルンバ・ブルースのトップチューンばかりを厳選したキラーアルバムです。基本レア音源ばかりで音質も良く、DJの方以外にも、バンド/ミュージシャンの方の音楽的探求用資料としても絶賛大推薦の内容であります。新品。

V.A ■ JUKEBOX MAMBO Vol.3 [JazzMan/JBMCD106] UK CD
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984399


2017年。大好評であった“ジュークボックス・マンボ”の第一弾~第二段から、待望の第三弾が遂に登場!アフロ・ラテン・ミュージックのアレンジを盛り込んだ、50~60年代の米国R&Bとブルースを全24作品集めたコンピレーション・アルバムで、ダークでクールなラテンR&Bやルンバ・ブルースのトップチューンばかりを厳選したキラーアルバムです。基本レア音源ばかりで音質も良く、DJの方以外にも、バンド/ミュージシャンの方の音楽的探求用資料としても絶賛大推薦の内容であります。新品。

V.A ■ JUKEBOX MAMBO Vol.3 [JazzMan/JMANLP094] UK Mono 2LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984386


2017年。大好評であった“ジュークボックス・マンボ”の第一弾~第二段から、待望の第三弾が遂に登場!アフロ・ラテン・ミュージックのアレンジを盛り込んだ、50~60年代の米国R&Bとブルースを全24作品集めたコンピレーション・アルバムで、ダークでクールなラテンR&Bやルンバ・ブルースのトップチューンばかりを厳選したキラーアルバムです。基本レア音源ばかりで音質も良く、DJの方以外にも、バンド/ミュージシャンの方の音楽的探求用資料としても絶賛大推薦の内容であります。新品。

CAMILLE HOWARD ■ ROCK WITH ME / NASTY MAN (JukeBox Jam Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984227


1953年にUS KING/FEDERALレーベルに吹き込みお蔵入りとなっていた作品のUK JAZZMAN/POPCORNレーベル・イシューです。カミール自作による軽快なブギを、スモールコンボ・バンドの演奏に乗せて、豪快なボーカルで歌い上げる50’s フィメールR&B・ナンバー!完全にロスコ・ゴードンのR&Bをイミテートしており、裏打ちを強調したシャッフルリズムに、サックスを前面に押し出した編曲等が聴きもののグレート・レア音源です。裏面も同じく未発表作品です。新品。

ELMORE JAMES ■ ROLLIN & TUMBLIN / STRANGER BLUES (JukeBox Jam Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984249


1960年。プロデューサーでもあるボビー・ロビンソンが作詞作曲をしたマディー・ウォーターズ風の楽曲を、ラテン・スタイルの豪快にうねる演奏のグルーヴで仕上げた60’sブルース・ダンス・チューン!重く響くギターと、腹底から絞り出すゴスペル・ボーカルも強烈なキラーR&Bです。裏面はレイ・チャールズの「ホワッド・アイ・セイ?」のリズムを盛り込んだアップテンポに乗せ、ゴスペルボーカルで豪快にシャウトする60’s ブルース・ロッカー!新品。

DAVE KIPP ■ YEA! MY BABY LOVES ME / I REALLY LOVE YOU by JEANIE ALLEN (Popcorn Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984272


1957年。リトル・ウィリー・ジョンの名作「Fever」を改良したと思われるブルージーなマイナーキーを、ジャジーなスモールコンボ・バンドがクールに奏でる、ジャズ・ボーカル・バージョン!ハードボイルド映画のテーマ曲にでもなりそうな、洒落た哀愁感のある絶妙さが魅力となるクロスオーバー作品です。裏面はザ・コースターズの「Riot Cell Block Number Nine」風のブルージーなメロディー展開を、繊細なボーカルでブルージーに歌い上げるフィメール・ポップ・ナンバー!新品。

McKINLEY MITCHELL ■ NO LOVE (Like My Love) / TREMBLIN by BIRDIE GREEN (Popcorn Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984290


1962年。リトル・ウィリー・ジョンの名作「Fever」を改良したと思われるブルージーなマイナーキーを、ホーンセクション+ハモンドオルガンが入るリズムセクションのダークなサウンドに乗せて、情感を込めた激烈なボーカルで歌い上げる60’s R&B・ナンバー!本来はヒットシングル曲「The Town I Live In」の裏面作品でありましたが、編曲も歌も楽曲も素晴らしい本作は、21世紀に入ってから再評価される様になった正に隠れた名作です。裏面はバーディー・グリーンのカップリングです。新品。

B.B.KING ■ 16 TONS / 16 TONS by Unknown Artist (Popcorn Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984311


1956年。「16トンズ」のカバーで、マックスウェル・ディヴィスのバンドがバッキングを演奏したグレート・R&B・バージョン!ジャジーに跳ねたリズムで、軽快なアップテンポへと昇華させたキラーR&Bです。B.B.キングのギターの出番もなく、演奏は全てマックスウェル・ディビスに委ねており、歌手に徹したパフォーマンスでクールに迫る名演が渋い。裏面はアーティスト名不明の「19トンズ」で、ジャジーなホーンセクションが主体となった、ポップ・インストゥルメンタル・バージョンです。新品。

FRANCES FAYE ■ SUMMERTIME / NIGHT & DAY (Popcorn Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984324


1954年。ジョージ・ガーシュウィンが発表した名作「サマータイム」のカバーで、ディヴ・キャヴァナフ楽団が演奏したジャジーなスモールコンボのラテン・サウンドで、ワイルドなアップテンポにアレンジされたグレート・バージョン。ボンゴのパーカッションが入るラテン・ジャズのリズムに、各管楽器のパートがダークなトーンを添えており、そこに力強いボーカルが乗ったフィメールR&B・ジャンプ!新品。

CORA WOODS ■ ROCKS IN YOUR HEAD / I DON’T WANT TO CRY (Bio Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984180


1955年。ラテン・ビートのワイルドな演奏と、男性コーラスに乗せて、ジャジーな繊細さもあるボーカルでワイルドに歌い上げるR&B・ルンバ・チューン!リズム的には、ロイ・モントレルの「That Mellow Saxophone」的な豪快さのあるキラーチューンです。裏面は伸びのあるボーカルが素晴らしく、じっくりと聴かせてくれるバラードです。レア!プロモ盤。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

VERNON DILWORTH ■ SHORTY / WHO SAID SHORTY WASN’T COMING BACK by LUCKY MILLINDER (JukeBox Jam Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127984036


2010年。データがない為詳細が不明ですが、曲自体はラッキー・ミリンダー楽団による同名作品のカバーで、音の質感的に録音は1940年代後半あたりと推測されるレア音源です。元々の楽曲がダークでクールなものではあるが、本作で聴けるジャジーなスモールコンボの演奏に、ハンドクラップを交えたコーラスによる編曲が実に渋くてカッコいい極上バージョン!初期のJUKEBOX JAMタイトルでレア!盤質はニアミント美品です。

IVORY JOE HUNTER ■ I GOT TO LEARN TO DO THE MAMBO / IT MAY SOUND SILLY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=50793141


1954年にUS ATLANTICレーベルからリリースしたシングルです。ラテンの“マンボ”をモチーフにしたブルージーな楽曲を、ボンゴのパーカッションとコーラスが入る土臭いサウンドで仕上げたR&Bルンバ・チューン!楽曲はマイナーキーで、リズムはラテンという絶妙な中間派で、イギリスのJUKEBOX JAMや、R&Bポップコーンがお好きな方におすすめの一曲です。裏面はバラードです。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質は綺麗です。

LYNN HOPE ■ TOO YOUNG / FREE & EASY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127983364


1951年。同年にナット・キング・コールが吹き込んだ同名のポピュラーソングのカバーで、ラテンのルンバのリズムに乗せて、洒落たサックス・プレイでメロディーを噴き上げるR&B・ジャンプ・ナンバー。原作がジャズ~ポピュラーソングだけあり、メロディーが親しみやすく、それを支えるリズム・セクションが泥臭くワイルドな名演です。裏面はタイニー・グライムス作によるメロウなR&B・インストゥルメンタル・ナンバーとなる2サイダーです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

LARRY LIGGETT ■ JUNIOR’S MAMBO / JUMPING AT THE WOODSIDE MAMBO
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=8462449


マイナーなR&B・サックス奏者/ラリー・リゲットが、1954年にUS CHESSレーベルからリリースしたシングルです。ペレス・プラード他で流行した“マンボ”のリズムを盛り込んだラテン・スタイルのR&B・ナンバーで、ザ・チャンプスの「テキーラ」調のリズムに乗せて、力強くサックス・ソロを吹き上げるR&B・インストゥルメンタル・ジャンプ!イギリスのJUKEBOX MAMBO系がお好きな方には特におすすめの、ロウファイなキラーチューンです。盤質は綺麗です。

TINY BRADSHAW ■ STACK OF DOLLARS / CAT FRUIT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=34546240


1954年。“マンボ”のリズムをラテン・スタイルのR&Bナンバーで、軽快なピアノと踊る様なホーンセクションが、共にトロピカルなメロディーを明るく奏でるR&B・インストルメンタル・パーティーチューン!同レーベルからリリースされたコージー・コールの「Cozy’s Mambo」や、イギリスのイベントJUKEBOX JAM系がお好きな方に特にオススメです。裏面はスウィング調のインストルメンタル・ナンバーです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

EARL BOSTIC ■ MAMBOLINO / BLUE SKIES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=27388577


1954年。“マンボ”のリズムを取り入れたラテン・スタイルのR&Bインストゥルメンタル・ナンバーで、ハードなラテンリズムに乗せたトロピカルなメロディーを、熱っぽいサックス・ブロウが吹き上げるR&Bサックス・インストゥルメンタル・チューン!ジャズやブルース、ラテンをやっても安定感抜群の、アール・ボスティック・バンドの凄腕ぶりが発揮された快作です。JUKEBOX MAMBO系がお好きな方におすすめ!レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

JIMMY RICKS & THE RAVENS ■ WALKIN’ MY BLUES AWAY / WITHOUT A SONG
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=20888593


1953年。ワークソング・ブルースを改良したマイナーキーのブルースを、泥臭いラテンのリズムに乗せて、名歌手ジミー・リックスのリード+コーラスでハモるルンバ・ドゥーワップ・ナンバー!JUKEBOX JAMや、R&Bポップコーン系がお好きな方にはおすすめのクロスオーバーな一曲です。裏面はザ・ドミノスのノリに近いジャンプ・ナンバーです。レーベルに擦れあり。盤質は概ね良好です。

DEE WILLIAMS SEXTETTE ■ BONGO BLUES / LATER FOR YOU BABY (Acetate)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127981675


1949年。全体に強烈なニューオーリンズ臭を放つシンコペーションと、プロフェッサー・ロングヘアの影響を受けたピアノ+口笛に、ホーンセクションが明るく響くジャンプブルース・インストゥルメンタル・ナンバー!サウンドは古くとも、フェスの「Big Chief」にも通じるファンキーさがあり、ニューオーリンズR&Bの伝統が、ソウル・ミュージックの発展に大きく貢献した事を物語る貴重な一曲であります。オリジナル盤はSP盤のみです。盤質はSide-A.良好です。Side-B.は聴けません。

DEE WILLIAMS SEXTETTE ■ BONGO BLUES / DEE’S BOOGIE (70’s Repro)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127981240


1949年。全体に強烈なニューオーリンズ臭を放つシンコペーションと、プロフェッサー・ロングヘアの影響を受けたピアノ+口笛に、ホーンセクションが明るく響くジャンプブルース・インストゥルメンタル・ナンバー!サウンドは古くとも、フェスの「Big Chief」にも通じるファンキーさがあり、ニューオーリンズR&Bの伝統が、ソウル・ミュージックの発展に大きく貢献した事を物語る貴重な一曲であります。オリジナル盤はSP盤のみです。盤質はニアミント美品です。

GENE TERRY ■ FINE – FINE / THIS SHOULD GO ON FOREVER by RONNIE DEE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24174271


1959年。ザ・ダウンビーツというスモールコンボ・グループの演奏をバックに、泥臭いボーカル+鋭角なギターで豪快に迫るスワンプR&B・ロッカー!軽快なシャッフルリズムに、いなたいホーンセクションが響くアレンジで、編曲の点でジャマイカのSKAのルーツとしても注目したい作風だ。UK ACEレーベル編集によるV.Aコンピレーションアルバム『Boppin’ By The Bayou Again』に収録され認知度も上がった一曲。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE CROWS ■ MAMBO SHEVITZ / MAMBO NO.5 (70’s Repro,Red Vinyl)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=8874341


1955年にUS TICOレーベルからリリースした作品の70’sリプロ盤です。TICOレーベルと言えばニューヨークのメジャー・ラテン・レーベルなので、おそらくそこに所属したメリーノというラテン・バンドの演奏をバックに、ザ・クロウズのコーラスを融合させた一曲です。キャッチーな楽曲も良く、本格的なマンボ・ジャズ・サウンドも魅力となるルンバ・ドゥーワップ・チューン!V.Aコンピ『Rumba Doo-Wop』、『Ai! Si! Si!』に収録。赤バイナル盤!盤質は良好です。

ELMORE JAMES ■ DUST MY BLUES / HAPPY HOME (1964 Kent Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127978598


1955年にUS FLAIRレーベルからリリースした作品の、1964年正規KENTレーベル・リリース盤です。ロバート・ジョンソンの同名戦前ブルース曲のカバーで、エルモア自身は1951年のTRUMPETでも本作を吹き込んでいますが、このFLAIRバージョンが、おそらく戦後ブルースでは一番知られる様になったバージョンだと思います。重厚かつリズミカルなバンドの演奏をバックに、ゴスペル・ボーカルで豪快に歌った戦後ブルースの名作!レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

ELMORE JAMES ■ THE SKY IS CRYING / STANDING AT THE CROSSROADS (60’s Flashback Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=10823200


1960年。「It Hurts Me Too」をフォローアップしたスローブルースで、むせび泣くギターに、情熱的なボーカルが乗ったシカゴ・ブルースの名演。CHESSレーベルで「The Sun Is Shining」という名作を残していますが、本作はそれと並びたつ程の名作です。裏面は1954年のFLAIRレーベル録音作品のセフルカバーで、7インチで聴けるのはこの盤のみです。50年代の録音よりも厚みを増したリズムに、豪快なヴォーカルが響くブルース名作!CS付き。レーベルにドリルホールあり。盤質は良好です。

FREDDY KING ■ HIDE AWAY / I LOVE THE WOMAN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=12981040


1961年。全米ポップチャート29位/R&Bチャート5位。重厚かつダンサブルなリズムに乗せて、ぶっといスクィーズド・ギターでメロディーを奏でる、迫力満点の60’s ロッキン・ブルース・ナンバー!ジミー・マクラックリンの「ザ・ウォーク」や、ヘンリー・マンシーニの「ザ・ピーターガン・テーマ」等のリフを織り交ぜ、ロックンロール・リスナーへのアプローチも意図した展開が最高の名作です。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。