NIGHT BEAT RECORDS|60’s ガールズ・ポップの7インチを25点、ミドルクラスのレア盤等をウェブにアップいたしました!(2018.2.08.Thu)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はガールズ・ポップの7インチを25点ウェブにアップいたしました!
ミドルクラスのレア盤が多数ございますので、ぜひチェックよろしくお願いいたします。
またご好評をいただいておりますCDプレゼント・キャンペーンも引き続き実施しておりますので、この機会にぜひご検討下さいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

THE RONETTES ■ I’M ON THE WAGON / I’M GONNA QUIT WHILE I’M AHEAD
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127954431


1962年。バート・キーズのアレンジメントによるツイスティン(Twistin’)なリズムに乗せて、ロニー嬢のリード+コーラスでハモる60’s ガールズ・ポップ・ナンバー!ロックンロール感覚もあり、PHILLESレーベル以前の初期ティーンポップ作品としては上質な一曲だと思います。裏面はストリングスが入るアップテンポ・ナンバーとなる、ティーンポップ・2サイダーです。レア!レーベルに小さく破れあり。盤質は概ね良好です。

THE DAISIES ■ I WANNA SWIM WITH HIM / YOU JUST SAID YOU LOVE ME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=12404727


1964年。ボビー・フリーマンがヒットさせた「C’mon & Swim」をベースに改良したダンスナンバーで、ボビーの原作同様に、重厚なホーンのリズム・セクションをバックに、力強いコーラスでハモる60’s R&B~ガールズ・ポップ・ナンバー!ヒューゴ・ペレッチ&ルイージ・クリエートアのコンビと言えば、サム・クック等の大物も手掛けた名人だけあり、サウンドの上質さはすでに折り紙付きです。盤質はニアミント美品です。

CAROLE KING ■ IT MIGHT AS WELL RAIN UNTIL SEPTEMBER / NOBODY’S PERFECT (Companion Label,Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127954476


1962年。全米ポップチャート22位。ジェリー・ゴフィンとの共作により、この前にボビー・ヴィーに提供しヒットした「Take Good Care of My Baby」をフォローアップした作品であったが、ボビー側が難色を示し却下されたが、元々アルドン・ミュージックのドン・カーシュナーはキャロルのデモ音源を大変気に入っていた為、彼女のバージョンをそのままリリースしたという逸話のある一曲です。レア!!レーベルにリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

CAROLE KING ■ IT MIGHT AS WELL RAIN UNTIL SEPTEMBER / NOBODY’S PERFECT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24720361


1962年。全米ポップチャート22位。ジェリー・ゴフィンとの共作により、この前にボビー・ヴィーに提供しヒットした「Take Good Care of My Baby」をフォローアップした作品であったが、ボビー側が難色を示し却下されたが、元々アルドン・ミュージックのドン・カーシュナーはキャロルのデモ音源を大変気に入っていた為、彼女のバージョンをそのままリリースしたという逸話のある一曲です。レーベルにリングウェアあり。音質は概ね良好です。

CAROLE KING ■ I FEEL THE EARTH MOVE / IT’S TOO LATE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127954509


1971年。全米ポップチャート1位。SSWのアルバム名盤と誉れ高い『Tapestry』からのシングルカットで、<Songs of the Century~世紀の歌>では365曲のうち213番に選定されている名作。キャロル・キングによる自作曲で、ODEレーベルは本来のA面作品としてプッシュした程に、軽快なグルーヴのアップテンポ・ナンバーです。裏面も全米ポップチャートで最高1位を記録した完全2サイダー盤で、こちらは失恋をモチーフとした悲しげなバラード・ナンバーです。盤質はニアミント美品です。

CORINNA CORD ■ DON’T LEAN ON ME / I CAN’T GO ON (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127954528


1966年。フルオーケストラの演奏に乗せたロッカ・バラード調のメロディアスな楽曲を、ブルージーさのあるボーカルで伸びやかに歌う都会派60’s ガールズ・ポップ・ナンバー!V.Aコンピレーションアルバム『Laurie Records Story Vol.3 Girls & Girl Groups』に収録された他、ブルーアイド・ソウル系がお好きな方にもおすすめです(むしろ黒人歌手である可能性もありますが)。裏面も上質なポップス・2サイダーです。プロモ盤。盤質はニアミント美品です。

THE BLOSSOMS ■ WRITE ME A LETTER / HARD TO GET
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127954354


1961年。ジェリー・フラー&ロン・ドブローが共作をしたドゥーワップ・スタイルのバラードを、ダーレン・ラヴのリードが力強く歌い上げるメランコリックな60’s ガールズ・ポップ・バラードです。ピッツバーグ・オールディーズ的な要素も濃く、ピッツバーグ系のバラード曲がお好きな方には大推薦の隠れた名作だと思います。裏面はヒット曲「Son-In-Law」をフォローアップしたダンサブルなR&B・ナンバーです。レア!レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

CONNIE FRANCIS ■ PRETTY LITTLE BABY (かわいいベイビー) / TOO MANY RULES (大人になりたい) (Japan Orig.)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127953990


1962年。アメリカではアルバム『Connie Francis sings “Second Hand Love”』に収録されていた英語詩ポップスを、漣健児氏が日本語の歌詞にアレンジし、コニー自身が日本語のボーカルで歌った作品です。本作をフォローアップし、日本では中尾ミエによるカバーも話題となっています。裏面は1961年に全米ポップチャートで最高72位を記録した作品で、こちらもコニーが日本語の歌詞を歌った日本語バージョンです。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

THE BIRDIES ■ THE HUCKLE-BUCK-65 / PITTER PATTER (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127953647


1965年にUS C.R.C.というレーベルからリリースした唯一のシングルです。古いダンス曲“ザ・ハックルバック”を1965年式にアレンジし直したブランニュー・ダンスナンバーで、ザ・レッキング・クルーと思われる演奏をバックに、ダーレン・ラヴ&ザ・ブロッサムズではないかと思われるコーラスが明るくハモる60’s ガールズ・ロック・ナンバー!裏面はダークなトーンのバラードです。レア!ホワイト・レーベル・プロモ盤。盤質は綺麗です。

THE MADISONS ■ BAD BABOON / BECAUSE I GOT YOU (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127953277


1964年にUS LIMELIGHTレーベルからリリースした唯一のシングルです。ザ・リヴィングトンズのR&Bヒット「Papa Oow Mow Mow」を改良したノヴェルティーナンバーで、R&Bリズムにワイルドなコーラスが乗った60’s フラット・ロッカー!ピッツバーグのDJマッド・マイク系がお好きな方におすすめの一曲でもあります。裏面は哀愁のあるロッカ・バラード曲です。プロモ盤。レーベルにかるい擦れあり。盤面に浅い擦れありますがSide-A.の音質は概ね良好です。

THE DELL-COEDS ■ HEY MR. BANJO / (I Want A Little) LOVE IN RETURN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127952905


1962年。スティーヴ・ヴェネットが指揮にたずさわっており、西海岸~ロサンジェルスあたりのプロジェクトだと推測されます。ディキシーランド・ジャズの軽快な演奏をバックに、50年代のジ・マクグアイア・シスターズ~ザ・シェパード・シスターズ等を彷彿とさせる姉妹グループ・スタイルのコーラスで明るくハモる60’s ガールズ・ポップ・ナンバー!裏面も同様に軽快なアップテンポの良好2サイダー盤です。CS付き。盤質はニアミント美品です。

DUSTY SPRINGFIELD ■ SON-OF-A PREACHER MAN / JUST A LITTLE LOVIN’ (Early In The Morning) (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127952444


1968年。名盤として誉れ高いアルバム『Dusty in Memphis』の中でもハイライトと言える一曲で、ジェリー・ウェクスラー&アリフ・マーディン&ジェフ・バリー&トム・ダウド共同制作という最強布陣で作り上げた名作です。テネシー州メンフィスにあるアメリカン・スタジオで録音されたR&Bサウンドをバックに、ニューヨークでダスティーがヴォーカルを吹き込み完成したという大作。PS付き(開口部分に痛みあり)。盤質は綺麗です。

DUSTY SPRINGFIELD ■ SON-OF-A PREACHER MAN / JUST A LITTLE LOVIN’ (Early In The Morning)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124617389


1968年。名盤として誉れ高いアルバム『Dusty in Memphis』の中でもハイライトと言える一曲で、ジェリー・ウェクスラー&アリフ・マーディン&ジェフ・バリー&トム・ダウド共同制作という最強布陣で作り上げた名作です。テネシー州メンフィスにあるアメリカン・スタジオで録音されたR&Bサウンドをバックに、ニューヨークでダスティーがヴォーカルを吹き込み完成したという大作。レーベルにかるい擦れとドリルホールあり。盤質は良好です。

DUSTY SPRINGFIELD ■ I ONLY WANT TO BE WITH YOU / ONCE UPON A TIME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=101867483


1964年。全米ポップチャート5位/UKシングルチャート4位。フォーク・ミュージックをベースにした軽快な楽曲を、アメリカのTAMLA/MOTOWNレーベルに倣ったリズミカルなR&Bサウンドを、洗練されたオーケストレーションで仕上げたブリティッシュ・ガールズ・ポップ・ナンバー!1976年にザ・ベイシティー・ローラーズによるカバーバージョンも再度大ヒットしている作品の元祖オリジナル・バージョンです。レーベルにかるい擦れとドリルホールあり。盤質は良好です。

DUSTY SPRINGFIELD ■ WISHIN’ & HOPIN’ / DO RE MI
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26658579


1964年。全米ポップチャート6位。ディオンヌ・ワーウィックのカバーで、ロンドンにあるオリンピック・スタジオで録音されたブリティッシュ・ガールズ・ポップ・ナンバーです。ボビー・グラハム(drums)、ビッグ・ジム・サリヴァン(guitar)、ザ・ブレークアウェイズ(The Breakaways)らがセッションに参加しており、トータルのアレンジでニューヨークのサウンドにも引けを取らない素晴らしい完成度となった名作です。レーベルにかるい擦れあり。音質は全体的に良好です。

PATTI LaBELLE & THE BLUE BELLES ■ A GROOVY KIND OF LOVE / OVER THE RAINBOW (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127950743


1966年。アーティー・バトラーの演奏/指揮による豪奢なオーケストレーションに、ソウルフルなボーカル+コーラスを重ねたポップ・ソウル・バラードです。テディー・ランダッツォが手掛けた、都会派アップタウン・ポップスがお好きな方におすすめの注目作品です。裏面はチャート作品で(US R&B #20-)、1939年にジュディ・ガーランドが歌ったディズニー作品「星に願いを」のカバーです。プロモ盤。CS付き。レーベルにシールと書き込みあり。盤質はニアミント美品です。

BONNIE SISTERS ■ SHUGA-GA DUG-GA / CONFESS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=75707622


1956年にUS RAINBOWレーベルからリリースしたノーヒットのマイナーシングル作品です。R&Bスタイルのキャッチーなアップテンポ・ナンバーを、レイ・エリス楽団によるフルバンドの演奏に乗せて、勢いのあるコーラスで歌う50’s ガールズ・ジャンプ!スウィンギンな演奏も力強く、全体的にロックンロール感覚に満ちた一曲としてもおすすめです。裏面はドリーミーなバラードです。レーベルにシールとかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

ANN-MARGRET ■ GIMME LOVE / IT DO ME SO GOOD
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13903412


1964年。チェット・アトキンス&ディック・ピアース・プロデュースによるノーヒットのマイナーシングルです。バリー・デヴォーゾン&ビリー・シャーマンが共作をした明るい調子のアップテンポ・ナンバーを、ナシュヴィル録音感の出た軽快のリズムセクションの演奏に乗せた60’s ガールズ・ポップ・ナンバー!ポップスと言えど、力強いボーカルも際立っており、全体的にロックンロールな雰囲気に満ちた注目作品です。盤質は綺麗です。

THE CHORDETTES ■ LOLLIPOP / BABY COME-A BACK-A
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24716105


1958年。全米ポップチャート2位。オールディーズ・ナンバーとして有名な作品ですが、実はローランド&ルビーというデュオが同年にRCA VICTORレーベルに吹き込んでいた作品のカバーです。アーチー・ブライヤー楽団が演奏したディキシーランド・ジャズ風のリズムに乗せて、正確なコーラスで明るくハモる50’s ポップ~オールディーズ・ナンバー。一聴するとシンプルな作品ながら、随所にアレンジの妙が利いており素晴らしい名作です。盤質はほぼ良好です。

JANIE GRANT ■ OH JOHNNY / OH MY LOVE (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13169668


1962年にUS CAPRICEレーベルからリリースしたノーヒットのマイナーシングル作品です。ハッチ・デイヴィー楽団演奏によるツイスティン(Twistin’)なリズムのアップテンポに乗せ、愛嬌たっぷりのキュート・ボーカルで歌い上げるティーンポップ・ナンバー!ヒット曲の「Triangle」とはまた違った印象ですが、屈託なく楽しませてくれる溌剌とした一曲です。裏面はルディー・クラーク作によるポップ・バラードです。プロモ盤。レーベルに擦れあり。盤質は良好です。

JOANIE SOMMERS ■ MEMORIES, MEMORIES / SINCE RANDY MOVED AWAY (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=3026326


1963年。ブルックス・アーサー&アラン・ローバーが共作をしたキャッチーなアップテンポ・ナンバーを、ディキシーランド・ジャズのサウンドと、ストリングス+コーラスで明るく仕上げた60’s ガールズ・ポップ・ナンバー!米国内ではマイナーな作品だと思いますが、日本では邦題「すてきなメモリー」としても知られており、彼女自身が日本語で歌うバージョンまでリリースされている一曲です。プロモ盤。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質は概ね良好です。

LULU ■ BOY / SAD MEMORIES (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=48328191


1968年。全米ポップチャート108位/UKシングルチャート15位。ボンゴが入るラテン・スタイルの明るいサウンドに、鋭角なロック・ギターの音色を重ねたポップ・ロック・ナンバー!サウンド全体にパーティー感があり、ルルの溌剌としたボーカルも冴える一曲です。裏面もアップテンポでノリが良いカントリー・ポップ・ナンバーです。アメリカでは100位圏外のマイナーヒットなのでUS盤は稀!プロモ盤。盤質はニアミント美品です。

LULU ■ TO SIR WITH LOVE / THE BOAT THAT I ROW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=41323800


1967年。全米ポップチャートで最高1位を記録(イギリス国内ではヒットシングル「Let’s Pretend」のB面曲としてノーヒットだった)。ルル自らが主役を努め、女優デビュー作となった、英米合作映画『いつも心に太陽を』の主題歌として話題となった出世作品です。メロウな楽曲を軽やかなボーカルで歌う、60’sポップス~オールディーズの名作!レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤面に浅い擦れありますが、音質は全体的に良好です。

LULU ■ FROM LULU WITH LOVE [M.T.R./MTR-280] Thailand 45rpm 7inch 4 Tracks EP (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127946512


1967年にタイCOLISEUMレーベルからリリースした45回転7インチ・4曲入りE.Pシングルです。アルバム『Love Loves To Love Lulu』から一曲と、『Lulu Sings To Sir With Love』から2曲、プラス・アルバム未収録となったUS EPICレーベルでシングル「Boy」を収録したコンパクト盤です。主にシングルでのヒット曲を収録しているので、内容的には充実しているユニークな一枚です。PS付き。盤質は良好です。

PETULA CLARK ■ HOMEWARD BOUND | SAN FRANCISCO / THIS IS MY SONG | GROOVIN (Thailand Orig..w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127946094


1967年にタイCOLISEUMレーベルからリリースしたE.Pシングルです。アルバム『These Are My Songs』と『I Couldn’t Live Without Your Love』に収録されていた作品から4曲を選出したコンパクト盤です。シングルでの世界的なヒット「This Is My Song」以外は、通常7インチ化されていない作品が目白押しで、音の輪郭もしっかりとしているのでオススメです。ザ・ヤング・ラスカルズの「Groovin」他。PS付き。盤質は良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。