NIGHT BEAT RECORDS|GoogleにもYouTubeにも情報がない新発掘曲を中心に、オブスキュアなJazz・7インチの総力特集です。(2018.1.26.Fri)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はJazzの7インチを20点と、60’sロックのLPを4点アップいたしました!
GoogleにもYouTubeにも情報がない新発掘曲を中心に、オブスキュアなJazz・7インチの総力特集です。
全曲試聴していただけます。ご検討よろしくお願いいたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

AL GOODMAN ■ THE MIKADO [RCA Victor/EKB-1001] US 45rpm 7inch EP (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127570815


1950年にUS RCA VICTORレーベルからリリースされた45回転7インチ・4曲入り2E.Pシングルです。1885年に初演されたウィリアム・S・ギルバート脚本、アーサー・サリヴァン作曲による二幕物のコミック・オペラ『ザ・ミカド』をモチーフにしたサントラ風の内容です。オリエンタル・エキゾチカ風のオーケストラ・サウンドで幕を開け、オペラらしい歌が次々と登場してくるストーリー仕立てです。PS付き。発色鮮やかで飾るのにも向いています。盤質は2枚共概ね良好です。

FATS WALLER ■ YOUR FEET’S TOO BIG [RCA Victor/EPA-5140] US 45rpm 7inch EP (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127570788


1950年代US RCA VICTORレーベル編集による45回転7インチ・4曲入りE.P.シングルです。1930年代にBLUEBIRDレーベルに残された4作品を集めたコンパクト盤で、ボーカル入りのジャズを、アップテンポ2曲+ミッドテンポ2曲収録したノリの良い内容です。PS付き(前後に書き込みあり。上部半分割れ。5cm程底割れ)。レーベルに書き込みあり。盤質はニアミント美品です。

EARTHA KITT ■ BIG BAD EARTHA [RCA Victor/EPB-3187] US 45rpm 7inch EP (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127570765


1954年にUS RCA VICTORレーベルからリリースした45回転7インチ・4曲入り2 E.P.シングルです。同年にリリースされた同アルバムから8曲を選出したコンパクト盤で、このアルバム自体が素晴らしい内容ですが、主要曲をしっかりと押さえている内容です。名作「Under The Bridges Of Paris」等、試聴で取り上げたエキゾチックなポップ・ボーカルの名唱を7インチ・サウンドでお楽しみいただける名盤!PS付き。盤質は2枚共概ね良好です。

SHORTY ROGERS ■ SHORTY ROGERS & HIS GIANTS [RCA Victor/EPA-609] US 45rpm 7inch EP (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127570735


1955年。シェリー・マン(Drums)、ジミー・ジウフレ(Clarinet, Tenor Saxophone, Baritone Saxophone)、カーティス・カウンス(Bass)、ピート・ジョリー(Piano)らによるスモールコンボをバックに、ショーティー・ロジャース自身のトランペットを前面に押し出したウェストコースト・ジャズ・アルバム!イラストレーター/ジェリー・ガーズトン書き下ろしによるピクチャーカヴァーも素晴らしい名盤です。PS付き。盤質はニアミント美品です。

GERRI MITCHUM ■ SOMEBODY LOVES ME / I GOT IT BAD AND THAT AIN’T GOOD
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=45281031


1950年代にUS AMRというレーベルに残したシングルです。ジョージ・ガーシュウィンが1924年に発表したポピュラー・ソング「Somebody Loves Me」のカバーで、ピアノとトランペット+バリトンサックスを擁するスモールコンボでジャジーに仕上げたフィメール・ボーカル・ジャズ・ナンバー!リトル・エスター・フィリップスにも通じる、愛嬌のあるブルージーなボーカルも親しみやすい一曲です。レア!盤質はニアミント美品です。

THE BLACKBURN TWINS & JERRY COLLINS ■ THAT TICKLES / LULU’S BACK IN TOWN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127570643


1950年代と推測されるUS CROSLEYというレーベルに残したシングルです。サブタイトル“骸骨の歌”と題された怪しげなマイナーキーの楽曲を、ジャジーなスモールコンボの演奏に乗せて、軽やかなコーラスでハモるホラー系ポップ・ボーカル・ナンバー!ダークな雰囲気もあるので、アップテンポのポップコーン系がお好きな方にもおすすめの一曲です。裏面は1935年に発表されたポピュラーソングのカバーです。レア!盤質はニアミント美品です。

COATESVILLE HARRIS & THE ALL STARS ■ COATES-VILLE / LET’S DO THE CAMELS WALK
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127570513


1950年代と推測されるUS RHYTHMというレーベルに残したシングルです。フィル・アップチャーチ・コンボのR&B「You Can’t Sit Down」を改良したと思われるアップテンポ・ナンバーを、サックス主体のロッキン・インストゥルメンタルとして仕上げたR&Bジャズ・パーティーチューン!裏面は“キャメル・ウォーク”をモチーフにしたミッドテンポのダンスナンバーで、こちらはハモンドオルガンが入るR&Bです。プロモ盤。盤質はニアミント美品です。

PETE BENNETT ■ DARK EYES / SWINGIN’ (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127570302


1960年。「黒い瞳」として知られるロシアの歌。エキゾチックさのあるメロディーを、スモールコンボ・ジャズの演奏と女性コーラスでダンサブルに仕上げたホンカー・インストゥルメンタル・チューン!ダークな雰囲気もあり、アップテンポのポップコーン系がお好きな方にもおすすめの一曲です。裏面はミッドテンポのR&B・ナンバーで、こちらもダンサブルかつ、女性コーラスが入るグッド・パーティーチューン。プロモ盤。レーベルにシールと書き込みあり。音質は良好です。

BIG BEN ■ NAGASAKI / MOONLIGHT ON THE BANGES (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127569805


1955年。1928年に発表されたジャズ=日本の“長崎”をモチーフにしたアップテンポ・ナンバーを、ピアノ+ベースの伴奏に乗せて、軽快なバンジョーの音色で奏でるポップ・インストゥルメンタル・ナンバー!アジアン・エキゾチカ~オリエンタル系がお好きな方にもおすすめの珍盤!裏面もA面と同編成のバンジョー主体のトリオ・スタイルによる、アップテンポのポップ・インストゥルメンタル・ナンバーです。プロモ盤。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

LARRY CLINTON ■ MANHUNT / ORGAN GRINDER’S SWING (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127569172


1959年。“犯人”をモチーフにしたサスペンス映画を彷彿とさせるスリリングな楽曲を、自身のビッグバンドの演奏でスウィンギンに奏でるポップ・インストゥルメンタル・ナンバー!「ピーターガンのテーマ」的なダークなトーンもあり、ポップコーン的な要素もある中間派ジャズ推奨作品です。裏面は1936年に発表されたジャズのスタンダード曲のカバーとなるアップテンポ・ナンバーです。プロモ盤。盤質は良好です。

ELENA FAITH ■ JEALOUS OF YOU / THE WORLD’S BIGGEST FOOL
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127568239


マイナーな女性ポップ・シンガー/エレーナ・フェイスが、1950年代にUS CRUISEというレーベルに残したシングルです。男性コーラスが入る軽快なバンドの演奏をバックに、メロディアスな楽曲を力強いボーカルで歌うフィメール・ポップボーカル・ナンバー!ボーカルには愛くるしさもあり、親しみやすいシンガーです。裏面はポップ・バラードです。レア!盤質は良好です。

THE PROPHETS ■ COME BACK, BABY, COME BACK / SUGAR LUMP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127568016


1955年にUS GO-LISHというレーベルに残したシングルです。ザ・ファイヴ・ロイヤルズのAPOLLO録音「What’s That?」を改良したと思われるR&Bスタイルのアップテンポ・ナンバーを、ピアノ・ジャズの演奏に乗せて、軽快なコーラスでハモるポップ・ボーカル・ナンバー!ATCOレーベルでも同作品を残していますが、こちらの方が録音が古く、クラシカルな佇まいです。裏面はザ・フォー・チューンズのヒット作品「シュガー・ランプ」のカバーです。レア!盤質は綺麗です。

MICKEY CALIN ■ COOL (From West Side Story) / CUDDLIN’
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127567096


ブロードウェイの『ウェスト・サイド・ストーリー』のリフ、コロンビア・ピクチャーズの映画監督、特にハリウッド、インターン、キャット・バローの映画監督として有名になった俳優/マイケル・カランが、1957年にUS TEENERAMAというレーベルに残したシングルです。リフ役で出演した大ヒット映画『ウエストサイド物語』に挿入された作品で、「早死にしたくなければ、頭を冷やせ!」という映画の名シーンと共に蘇る、クールなジャズ・ボーカル・ナンバー!レア!盤質は概ね良好です。

FRANK STUTO ■ HIGHER THAN HIGH / YOU LIED
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127566203


1950年代。オリジナルと思われるメロディアスなアップテンポ・ナンバーを、シンプルなバンドの演奏と、ザ・フォー・チックスというグループのコーラスに乗せて、渋みのあるボーカルで歌い上げるポップ・ボーカル・ナンバー!テナーサックス・ソロも豪快で聴き応えがあります。裏面はドゥーワップ風の美しいバラードです。個人制作レベルの弱小レーベルながら、BLUENOTEレーベル等と同じRVGプレッシングを採用している驚きの一枚です。盤質はニアミント美品です。

FRED ASTAIRE ■ THE AFTERBEAT / I’LL WALK ALONE (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127565785


1959年にUS KAPPレーベルからリリースしたシングルです。“ジ・アフタービート”というダンスナンバーで、ピート・キングというスモールコンボのジャズバンドが演奏する軽快なリズムに乗せたポップ・ボーカル・ナンバー!ダンサーとして名を馳せた名人ですが、そんなダンサー本人によるダンスレコードという意義深さもある一曲です。裏面はポピュラーバラードです。プロモ盤。レーベルにシールとかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

PEGGY TAYLOR ■ SO SIMILAR / (Don’t You Come Home) BILL BAILEY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127564584


1960年。全くの無名作品ながら、後に名を馳せるジミー・ハスケルが演奏/指揮を担当したジャズ作品で、彼のスモールコンボの演奏に乗せて、カリプソ風の軽快なアップテンポをハスキーボイスが歌い上げるフィメール・ポップボーカル・ナンバー!裏面はポピュラーソングへのアンサーソングで、「ビル・ベイリー、おうちへ帰って来ないで」と返答したノヴェルティーソングです。レーベルにかるい擦れあり。盤質はニアミント美品です。

SALMAS BROS. ■ SPARK OF LOVE / NEVER A DAY GOES BY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127564177


1955年にUS IMPERIALレーベルからリリースしたシングルです。バディー・ブレッグマンというバンドが演奏するスモールコンボ・サウンドに乗せて、(おそらく)兄弟らしい息の合ったコーラスで軽快にハモるポップ・ボーカル・ナンバー!IMPERIALレーベルにしては異色にも思える(レーベルのデザインや色もオブスキュア)、初期作品です。裏面はミッドテンポのジャズ・ボーカル作品です。レーベルにかるい擦れあり。盤面に浅い擦れありますが、音質は概ね良好です。

BOBBY CHRISTIAN ■ PLAYBOY THEME / SKYWAY (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127563787


1962年。サイ・コールマンによる「プレイボーイのテーマ」のカバーで、ボビー自身の演奏/指揮によるフルバンドによるイージーリスニング・ジャズでアレンジされたポップ・インストゥルメンタル・ナンバーです。カクテルパーティー向けの、ラウンジ・ミュージック的な高級感漂う作品です。裏面はオリジナルのアップテンポ・ナンバーで、ボンゴのパーカッションを用いたスペイスエイジ・ポップとなる2サイダーです。プロモ盤。盤質はニアミント美品です。

MARK MURPHY ■ FASCINATING RHYTHM / EXACTLY LIKE YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127563132


1956年にUS DECCAレーベルからリリースしたシングルです。ラルフ・バーンズ楽団によるフルバンドの演奏に乗せて、リズミカルに繰り出されるキング・プレジャー風のボーカルで歌うジャズ・ボーカル・ナンバー!GRPレーベル編集による彼のベストアルバム『Crazy Rhythm』の一曲目を飾った、DECCA期の代表作品です。裏面はボンゴのパーカッションが入るブルージーなスローナンバーです。CS付き。盤質ニアミント美品です。

KING PLEASURE ■ ALL OF ME / GOLDEN DAYS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127562540


1960年。1931年に発表されたポピュラーソング「オール・オブ・ミー」のカバーで、ピアノ+サックス+ベース+ドラムスのスモールコンボによる演奏をバックに、ブルージーなボーカルを軽快に操るジャズ・ボーカル・ナンバー!曲が後半になるにつれて、徐々にエキサイト度を増すボーカルも聴きものです。裏面はプレジャー自作によるオリジナル作品で、こちらもスモールコンボ編成によるミッドテンポのブルージー・ジャズとなる2サイダーです。盤質はニアミント美品です。

DAVE CARLSON ■ THE LADY IS A TRAMP / DAVE’S BLUES (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127562202


1960年。1937年に発表されたポピュラーソングのカバーで、ピアノとウッドベースとドラムスによるトリオ編成で軽快なインストゥルメンタルにアレンジされたピアノ・ジャズ・ナンバー。無名アーティストながら、激しさと平静が混ざるピアノのプレイに特徴がある素晴らしいプレイヤーです。裏面は「デイヴのブルース」と題されたオリジナルのブギウギで、こちらも軽快なアップテンポのピアノ・ジャズとなる2サイダー盤!プロモ盤。盤質はニアミント美品です。

COUNT BASIE ■ SMACK DAB IN THE MIDDLE / BIG RED
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127561810


1956年。バンドお抱えのトップシンガー/ジョー・ウィリアムスがリードボーカルを担当しており、楽曲自体は、1955年にチャールズ・カルホウン(Charlie Calhoun)が吹き込んだ作品のカバーです。カウント・ベイシー楽団のフルバンドの演奏に乗せて、ディープな声質のボーカルでブルージーに歌い上げるミッドテンポのジャズ・ボーカル・ナンバー!サミー・ディヴィスJr.系がお好きな方にもおすすめの一曲です。盤質は概ね良好です。

BEN VENTURA & THE GUYS & DOLL ■ HEAD & SHOULDERS / I KNOW YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127561226


1950年代。マイナーなポップ・グループ。ザ・ドミノスのR&B風のミッドテンポのシャッフルリズムを用いた楽曲を、スモールコンボのジャズ・バンドとコーラスで仕上げたポップ・ボーカル・ナンバー!野太いサックスソロや、軽快なギターも技巧的で聴き応えのある一曲です。裏面は女性歌手がリードのジャズ・ボーカル作品で、こちらの女性ボーカルは歌が上手いです。レア。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

BILLY WILLIAMS ■ SHAME, SHAME, SHAME! / DON’T CRY ON MY SHOULDER (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=7363806


1957年。1956年に劇場公開された映画『ベイビー・ドール』に挿入された当時の話題作品で、スマイリー・ルイスのカバーです。ジャッキー・ウィルソンらを演奏した事でも有名な、ディック・ジェイコブス楽団の演奏によるスウィンギンなサウンドをバックに、軽やかなボーカルで歌い上げるポップ・ボーカル・ナンバー!原作よりも軽快なジャズ感覚が強いので、R&Bとジャズを繋ぐ中間的な一曲としてもおすすめです。プロモ盤。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。