NIGHT BEAT RECORDS|アーリー60’sのティーンポップスやダンスものなど、オールディーズ・ポップスの7インチを20点アップしました!(2017.12.14.Thu)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はマンスリー税務の為アップ点数少な目ですが、オールディーズ・ポップスの7インチを20点アップしました!
アーリー60’sのティーンポップスやダンスものなど、賑やかな内容となっております。全曲試聴もしていただけます。ご検討よろしくお願いいたします。

また店頭には新アメリカ買い付け盤約900枚が並びました!平日も皆様の絶賛ご来店をお待ちいたしております!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

BOBBY PARIS ■ WHO NEEDS YOU / LITTLE MISS DREAMER
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=126480256


1963年にUS CHATTAHOOCHEEレーベルに残したシングルです。自作によるメランコリックな楽曲を、フィル・スペクター風の煌びやかなサウンドで仕上げた極上のティーンポップナンバー!60’s ガールズ・ポップがお好きな方にも大スイセンとなる一曲です。裏面はバラードです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

BOBBY SHAFTO ■ SHE’S MY GIRL / WONDERFUL YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=126480025


1964年。全米ポップチャート99位。フィル・スペクターとは無関係な「スペクトリアス」プロダクション制作による作品で、ブリティッシュ・ビートらしいロックンロール・サウンドにキャッチーな楽曲がマッチした60’sポップ&ロール・ナンバー!アメリカのガールズ・ポップや、ジョー・ミーク・サウンドがお好きな方にもオススメかつ、バッキングの演奏にはジミー・ペイジが参加している事も見逃せない隠れた名作です。盤質はほぼ良好です。

ARMANDO SCIASCIA ■ TIGER TWIST / BI-A-BI CHUCA
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=2081742


1962年にUS KCレーベルからリリースしたシングルです。1961年のイタリア映画『Tropico di Notte』に収録されていた作品で、フルバンドのオーケストラでコンサートホールを大いに賑わせるイタリアン・タイガー・ツイスト・チューン!スウィング・ジャズとロックンロールの中間にあるクロスオーバー作品でオススメです。裏面もアップテンポのスウィング・ジャズです。盤質はニアミント美品です。

ROD McKUEN ■ OLIVER TWIST / CELEBRITY TWIST
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=18013231


1961年。全米ポップチャート76位。企画アルバム『Mr. Oliver Twist』からのシングルカットとなる、ツイストダンスをモチーフにしたティーネイジ週末パーティーソング!マイナーなツイスト系7インチをお探しの方にオススメです。裏面はCAMEO/PARKWAYレーベル系サウンドが印象的なツイストチューンとなる完全2サイダーです。盤質はニアミント美品です。

FRED DARIAN ■ STRONG MAN / JOHNNY WILLOW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=126479456


1961年にUS JAFというレーベルからリリースした自己名義によるシングルです。前述の「Mr. Custer」をノリ良くした様なノヴェルティーソングで、怪しげなマイナーキーを、これまた怪しげな演奏やコーラスでダークなトーンで仕上げたポップ・ナンバー!ベルジアン・ポップコーンがお好きな方にもオススメのクロスオーバー作品です。裏面もノヴェルティータイプのカウボーイソングとなる2サイダーです。盤質はほぼ良好です。

MARK VALENTINO ■ JIVIN’ AT THE DRIVE-IN / PART TIME JOB
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=20989979


1963年。「パーティー・ライツ」のヒットでも知られる女性R&Bシンガー/クラウディン・クラークが書き下ろした作品で、勢いのあるアップテンポのロックンロール・ナンバーを、ダンサブルなリズムとドゥーワップ・コーラスで仕上げた週末ティーネイジ・ダンスパーティーチューン!50年代のロックンロールを総括した様な楽曲も洒落ており、ダンスもののメッカだったフィラデルフィアらしい迫力ある演奏も痛快な隠れ名作と言える一曲です。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

RICKY NELSON ■ MILK COW BLUES / YOU ARE THE ONLY ONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=1131584


1960年。全米ポップチャート79位。ココモ・アーノルドの同名ブルース曲のカバーで、やはり黒っぽい演奏のロカビリー・サウンドでワイルドに味付けされており、リッキー・ネルソンの本格ロッカーとしては高得点の一曲だと思います。エルヴィス・プレスリーも本作を取り上げていますが、エルヴィスのバージョン以上の完成度ではないでしょうか。裏面は全米ポップチャートで最高25位を記録したポップ・バラードです。盤質は綺麗です。

RICK NELSON ■ SUMMERTIME / YOUNG WORLD
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119657964


1963年。全米ポップチャート89位。ジョージ・ガーシュウィンが1935年に作曲した、オペラ『ポーギーとベス』挿入曲として知られる名曲「サマータイム」のカバーで、ロッキン・ブルース・スタイルのダークなロックンロール・サウンドでアレンジされたティーン・ロッカー!裏面は全米チャートで最高5位を記録した2サイダー盤です。こちらはジェリー・フラー作による、明るい雰囲気のカントリー風ポップバラードとなるオールディーズ・ナンバーです。盤質は概ね良好です。

RICK NELSON ■ A LONG VACATION / MAD MAD WORLD
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=1283008


1963年にIMPERIALレーベルに残したシングルで、全米ポップチャートで最高120位のマイナーヒットを記録し、アルバム・タイトルになったベスト・ソングのひとつです。ドーシー・バーネットが作曲した作品で、バディー・ホリーの「ノット・フェイド・アウェイ」を彷彿とさせる、ボ・ディドリー・ビートが軽快なロックンロール・ナンバー!大瀧詠一さんのアルバム名盤『ロング・バケーション』にも由来したという逸話も感慨深い一曲です。盤質はニアミント美品です。

RICK NELSON ■ FOR YOU / THAT’S ALL SHE WROTE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=126478392


1963年にUS DECCAレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高6位を記録した代表作品のひとつです。元々は1930年に発表されたポピュラーソングで、それをシンプルながらに都会的なサウンドの演奏で仕上げたティーンポップ・ナンバー。カントリー風味のある落ち着いたボーカルも素晴らしいオールディーズ名作です。1964年には全米ミドルロードチャート(後のアダルトコンテンポラリーチャート)で最高1位を記録しています。CS付き。盤質はニアミント美品です。

CHRIS MONTEZ & KATHY YOUNG ■ YOU’RE THE ONE / ALL YOU HAD TO DO (Was Tell Me)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=126478132


1964年にUS MONOGRAMレーベルからリリースしたシングルです。ドゥーワップ調のバラードで、元々はクリスが1962年のヒットシングル「Let’s Dance」のB面で録音していた作品。中性的なクリスのボーカルと、透き通る様なカッシーのボーカルが、ストリングスの音色に交じって絶妙な加減で溶け合うティーン・ポップスの隠れた名作!裏面はバリー・デヴォーゾンとの共作によるポップ・ナンバーです。レーベルに書き込みあり。盤面に浅い擦れありますが、音質は概ね良好です。

CHRIS MONTEZ ■ SOME KINDA FUN / TELL ME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=25430077


1962年。全米ポップチャートで最高43位を記録したベストソングのひとつです。前ヒット作となる「レッツ・ダンス」のフォローアップで、サーフっぽさもあるロックンロール・サウンドに乗せて明るく歌うティーネイジ週末ダンス・パーティー・チューン!裏面曲は甘めのティーン・バラードです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

CHRIS MONTEZ ■ LET’S DANCE / YOU’RE THE ONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=43692252


1962年。全米ポップチャートで最高4位を記録した彼の代表作品です。レイ・チャールズの「ホワッド・アイ・セイ?」のリズムを応用したダンス・ナンバーで、ズンドコ・ドラムスとピコポコ・オルガンのサウンドに乗せて明るく歌うティーネイジ週末ダンス・パーティー・チューン!最初期のザ・ビートルズや、ラモーンズ他、カバーも多いロックンロールのスタンダードとしてもおなじみです。レーベルに書き込みあり。盤質は概ね良好です。

CHRIS MONTEZ ■ LET’S DANCE / YOU’RE THE ONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=102384966


1962年。全米ポップチャートで最高4位を記録した彼の代表作品です。レイ・チャールズの「ホワッド・アイ・セイ?」のリズムを応用したダンス・ナンバーで、ズンドコ・ドラムスとピコポコ・オルガンのサウンドに乗せて明るく歌うティーネイジ週末ダンス・パーティー・チューン!最初期のザ・ビートルズや、ラモーンズ他、カバーも多いロックンロールのスタンダードとしてもおなじみです。盤質は概ね良好です。

DUANE EDDY & THE REBELETTES ■ DANCE WITH THE GUITAR MAN / STRETCHIN’ OUT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=820761


1962年。リー・ヘイズルウッド・プロデュースにより、全米ポップ・チャートで最高12位を記録したRCA VICTOR期の代表作品です。「ギターマンと踊る」というノヴェルティーなダンスナンバーで、デュアンのトワンギー・ギターに乗せて、ザ・レベレッツ((The Rebelettes)=ザ・ブロッサムズ=ダーレン・ラヴが参加!)のガール・コーラス隊がリードをとる、サーフ系ガールズ・ポップとしても楽しめる60’sポップスの名作!盤質は良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ WALK RIGHT BACK / EBONY EYES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=126477236


1961年。全米ポップチャート7位。ザ・クリケッツのソニー・カーティスが提供した作品で、R&Bスタイルのリズムに乗せたメランコリックな楽曲を、ツイン・ヴォーカルでしっとりハモる60’sポップ・バラード・ナンバー。後年、ハリー・ニルソンや、アン・マーレイ等がカバーした作品です。裏面はジョン・D.・ラウンダーミルクが提供したフォーク・バラードで、こちらも全米チャートで最高8位となった両面ヒットです。レーベルにかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ DON’T ASK ME TO BE FRIENDS / NO ONE CAN MAKE MY SUNSHINE SMILE (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=56058021


1962年。全米ポップチャート48位。ジェリー・ゴフィン&ジャック・ケラーが共作をしたメランコリックなバラードを、しっとりと歌い上げる60’sポップスです。1970年にはクリフ・リチャードがアルバム『Tracks ‘n Grooves』でカバーした作品のオリジナル・バージョンです。裏面もジェリー・ゴフィン&ジャック・ケラーが共作をし、UKシングルチャートで最高11位を記録したポップスです。PS付き(開口部分に痛みと前面にリングウェアあり)。盤質は概ね良好です。

BOBBY DARIN ■ MULTIPLICATION / IRRESISTIBLE YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=121703581


1961年。全米ポップチャート30位。レイ・チャールズ風のジャジーなR&Bサウンドを盛り込んだ作品で、ツイスト・ブームにも便乗したダンサブルさもある60’sポップロッカー!アルバム『Twist With Bobby Darin』にも収録され、同年に公開された映画「カム・セプテンバー」にも挿入された作品です。裏面はボビー・ピーターソンのR&Bカバーで、こちらもジャジーでダンサブルなグッド・バージョン!盤質は概ね良好です。

BOBBY DARIN ■ SPLISH SPLASH / JUDY,DON’T BE MOODY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=126476856


1958年。全米ポップチャートで最高3位/R&Bチャートでは最高1位を記録した初期の代表作品です。ロックンロールを語るうえで重要となってくる伝説のラジオDJ=マーレイ・ザ・Kとの競作で、ジェリー・リー・ルイスを意識したと思われる、ストレートでワイルドなロックンロール・ナンバー!50年代のオリジナル・ロックンロール時代を代表する一曲としてもオススメの、エヴァーグリーンなマスターピースです。レーベルに書き込みあり。盤質は概ね良好です。

BOBBY DARIN ■ SPLISH SPLASH / JUDY,DON’T BE MOODY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=19720985


1958年。全米ポップチャートで最高3位/R&Bチャートでは最高1位を記録した初期の代表作品です。ロックンロールを語るうえで重要となってくる伝説のラジオDJ=マーレイ・ザ・Kとの競作で、ジェリー・リー・ルイスを意識したと思われる、ストレートでワイルドなロックンロール・ナンバー!50年代のオリジナル・ロックンロール時代を代表する一曲としてもオススメの、エヴァーグリーンなマスターピースです。盤質はニアミント美品です。


最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。