大阪のNIGHT BEAT RECORDSです|RED BIRD/BLUE CAT, LAURIE, CAMEOレーベルの名作を中心にしたガールズ・ポップの7インチ20点と、ロックンロールのLPを4点アップいたしました!(2017.11.13.Mon)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

[メールマガジン 第270号 2017年11月13日 発行]

本日はガールズ・ポップの7インチ20点と、ロックンロールのLPを4点アップいたしました!
RED BIRD/BLUE CAT, LAURIE, CAMEOレーベルの名作を中心にした内容で、久々の入荷となる人気盤が多数ございます。
ウェブサイトへのリンクは下記でございます。ご検討よろしくお願いいたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

GENE VINCENT ■ GREATEST [Fame/FA-3017] UK Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125089271


1980年代(?)。ロックンロール黄金期と言える1956-1959年の活動期間中にCAPITOLレーベルに残されたヒット曲&重要曲全15作品を、高音質リマスターで厳選収録したパーフェクト・ベスト・アルバム!パーフェクトと豪語したのは、選曲が絶妙で素晴らしく、ヒット曲はもちろん、ファンとしては外す事の出来ない作品も漏れなく収録しており、まさに痒い所にも手の届くセレクションとなった大推薦アルバムです。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/綺麗な保存状態です。

JERRY LEE LEWIS ■ MILESTONES [Rhino/RNDA-1499] US Mono 2LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=6328662


1985年。1956-1977年の活動期間中に残されたヒット曲&重要曲全24作品を、RHINOレーベル独自の超高音質リマスターで厳選収録したコンプリート・ベスト・アルバム!黄金期のSUNレーベル時代の名作/名演を中心に、60~70年代のSMASH, MERCURYレーベルまでを絶妙にコンパイルしたロックンロール名盤!ジェリー・リー・ルイスという大物による作品を、RHINOレーベルのフィルターを通して仕上げた推奨アルバムです。モノラル盤。盤質/2枚共ニアミント美品です。カヴァー/見開き。綺麗な保存状態です。

BILL HALEY & HIS COMETS ■ ROCK AROUND THE CLOCK [MCA/P-6208] Japan Mono Re-Issue LP (w/OBI)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125087622


1956年US DECCAレーベル編集によるアルバムの、1985年日本MCAレーベル・リイシューです。オリジナル・ロックンロール時代を象徴する名作「Rock Around The Clock」を中心に、同時期にリリースされたシングル作品を全12曲集めており、内容としてはベスト盤さながらの選曲となったロックンロール・アルバムの名盤!キャッチーなデザインのアルバム・カヴァーも秀逸です。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/綺麗な保存状態です。帯付き。

BILL HALEY & HIS COMETS ■ ROCK AROUND THE CLOCK [Decca/DL-8225] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=21893989


1956年。オリジナル・ロックンロール時代を象徴する名作「Rock Around The Clock」を中心に、同時期にリリースされたシングル作品を全12曲集めており、内容としてはベスト盤さながらの選曲となったロックンロール・アルバムの名盤!キャッチーなデザインのアルバム・カヴァーも秀逸です。モノラル盤。盤質/盤面全体に浅い擦れ傷ありますが、大きなノイズや針飛びなく、VG+並みの印象の音質で聴く事が出来ました。カヴァー/上下にテープ補正あり。右上に書き込みあり。少々擦れあり。

RODDIE JOY ■ COME BACK BABY / LOVE HIT ME WITH A WALLOP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=8799533


1965年。マイク・ルイス&スチュワート・ウィーナー・プロデュースによる作品です。ロッカ・バラード調のメロディアスな楽曲を、バーバラ・ルイス風のスムースなソウル・ヴォーカルで歌い上げる、ポップR&B~アーリー・ソウル・ナンバー!ニューヨーク録音による都会的なサウンドが上質で、シンプルな演奏ながらに心地良いグルーヴ感も漂う名作です。裏面も見逃せないポップR&B~ガールズ・ポップとなる2サイダーです。レーベルにドリルホールと書き込み。盤質は良好です。

THE SHANGRI-LAS ■ GIVE HIM A GREAT BIG KISS / TWIST AND SHOUT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=56601958


1964年。全米ポップチャート18位。明るい調子の楽曲を、ラテン調の軽快なアップテンポに乗せて、メアリー・ウェイスのリードを中心にした明るいコーラスでハモる60’sガールズ・ポップ・ナンバー!サッド&ネガティヴな作風を売りにしたグループなので、本作の様なストレートなガールズ・ポップ作品は貴重とも言える名作です。後にジョニー・サンダース他がカバーしており、パンク・ロックの血となり肉となっている事にも注目したい一曲であります。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

THE SHANGRI-LAS ■ GIVE US YOUR BLESSINGS / HEAVEN ONLY KNOWS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=12979781


1965年。全米ポップチャート29位。ジェフ・バリー&エリー・グリニッチが作詞作曲をしたメランコリックな楽曲を、指パッチンとピアノのリズムに乗せて、語りの入るコーラスでハモる60’sガールズ・ポップ・ナンバー。しっとりとしたメロディーからサビの部分にかけて、コーラスで一気に盛り上がり、曲の随所にドラマチックなSEを折り重ねたアレンジが秀逸なポップス名作です。裏面曲もバリー&グリニッチ作品となる良好ポップスです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE SHANGRI-LAS ■ SOPHISTICATED BOOM BOOM / LONG LIVE OUR LOVE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=111341133


1966年。デイブ・ブルーベックのジャズ的なシンコペーション・リズムに乗せたキャッチーな楽曲を、明るいコーラスでハモる60’sガール・ポップ・ナンバー!WFMU局の人気DJシーラ・Bさんの番組タイトル名の元にもなっている作品です。US RHINOレーベル編集による究極のガール・ポップの宝箱V.Aコンピレーション・アルバム『One Kiss Can Lead To Another』にも収録された隠れた名作です。レーベルに擦れと書き込みとドリルホールあり。盤質は綺麗です。

THE DIXIE CUPS ■ IKO IKO / GEE BABY GEE (2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=19628531


1964年。全米ポップチャート20位。ジェイムズ・“シュガー・ボーイ”・クロフォードが1953年にヒットさせたニューオーリンズR&B「Jock-A-Mo」のカヴァーで、アフロキューバン・ビート的な性急なリズムを醸す打楽器のリズムと、ベースのリズムのみをバックに、アカペラ風のコーラスでハモる60’sガール・ポップ・ナンバー!裏面はこの2nd.プレスのみにカップリングされた隠れた名作となるパーフェクトな2サイダーです。盤質は良好です。

THE DIXIE CUPS ■ GEE THE MOON IS SHINING BRIGHT / I’M GONNA GET YOU YET (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22125240


1965年。ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー・プロデュースによる作品です。ジェフ・バリー&エリー・グリニッチ&フィル・スペクター共作をし、1963年にザ・ロネッツが吹き込んだ「Why Don’t They Let Us Fall In Love」のリメイクで、メロディアスな楽曲をしっとりしたコーラスでハモる60’sガール・ポップ・ナンバー!裏面は一転して、アール・キングが作曲したアップテンポのポップ・ナンバーです。プロモ盤。レーベルに水染みあり。音質は概ね良好です。

THE JUNIOR FIVE ■ ON MY BIRTHDAY / I CAN’T WAIT ‘TILL TOMORROW (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13227752


1964年。ケニー・ヤングが作詞作曲を手がけた作品で、「自分の誕生日の日に、恋人と喧嘩をして別れて泣いた」というサッド・ソングを、逆に明るく楽しい調子で仕上げたのがユニークな、レスリー・ゴーアの「イッツ・マイ・パーティー」方式の60’sガールズ・ポップ・ナンバー!フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドにも通じる、煌びやかなサウンドも素晴らしいマイナー良好作品でオススメです。珍しいプロモ盤です。CS付き。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE CHIFFONS ■ HE’S SO FINE / OH MY LOVER
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125082634


1963年。全米ポップ4週連続1位。ロナルド・マックが作曲したキャッチーなメロディーを、「デューラン、デューラン♪」コーラスで明るくハモる60’sガールズ・ポップ・クラシックス!ジョージ・ハリソン「My Sweet Lord」の原曲ともいわれており、ジョージはブライト・チューンズ事務所に盗作として訴えられ、ジョージ側が敗訴したという事件もありました。盤質は良好です。

THE CHIFFONS ■ I HAVE A BOYFRIEND / I’M GONNA DRY MY EYES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22149542


1963年。全米ポップチャート36位。ジェフ・バリー&エリー・グリニッチ&ザ・トーケンズの錚々たるメンバーが共同作曲したメロディアスな楽曲を、(ザ・ロネッツの)「ビー・マイ・ベイビー」風のリズムに乗せて、明朗快活なコーラスでハモる60’sガールズ・ポップ・ナンバー!ザ・シフォンズの諸作品の中でも、トップに入る名作ではないでしょうか。裏面曲もキャッチーなアップテンポとなる2サイダーです。盤質はニアミント美品です。

THE CHIFFONS ■ I HAVE A BOYFRIEND / I’M GONNA DRY MY EYES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=47648198


1963年。全米ポップチャート36位。ジェフ・バリー&エリー・グリニッチ&ザ・トーケンズの錚々たるメンバーが共同作曲したメロディアスな楽曲を、(ザ・ロネッツの)「ビー・マイ・ベイビー」風のリズムに乗せて、明朗快活なコーラスでハモる60’sガールズ・ポップ・ナンバー!ザ・シフォンズの諸作品の中でも、トップに入る名作ではないでしょうか。裏面曲もキャッチーなアップテンポとなる2サイダーです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

THE CHIFFONS ■ A LOVE SO FINE / ONLY MY FRIEND
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23193270


1963年にUS LAURIEレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高40位を記録したベストソングのひとつです。ディオン&ザ・ベルモンツの「アイ・ワンダー・ホワイ」風のキャッチーな楽曲を、技巧的なドゥーワップ・コーラスでハモる60’sガール・ポップ・ナンバー!ガールズ・ポップとしても最高ですが、ドゥーワップとしても上質でオススメな一曲です。裏面曲はバラードです。Scarce!レーベルにかるい擦れあり。盤質は綺麗です。

THE CHIFFONS ■ NEVER NEVER / NO MORE TOMORROWS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125081412


1962年。ルディー・クラークの妻という説もあるトニー・ハッチという作曲家が提供したアップテンポ・ナンバーを、迫力のあるコーラスでハモる60’s R&B・ガールズ・ポップ・ナンバー。全体的にヴァージニアのLEGRAND/S.P.Q.R.レーベル風のファットなR&B~初期ソウル感のある作品ですが、曲の途中でコール&レスポンスも登場してキャッチーに盛り上がるアーリーソウルとしてもお楽しみいただける一曲です。裏面は美しくコーラスが響くメランコリックなバラードです。レア!盤質は概ね良好です。

THE ORLONS ■ SHIMMY SHIMMY / EVERYTHING NICE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=30864880


1964年。全米ポップチャート66位/R&Bチャート17位。ボビー・フリーマンのカバーで、原作よりもファットなリズムにタフなボーカル&コーラスで攻める60’s R&B・ストンパー!CAMEO/PARKWAYレーベルの有名グループによる作品と決して侮るなかれ、と言いたい作品で、パンキッシュさもある痛快なリズムに、パンチのあるヴォーカルでワイルドに攻めるグレート60’sフィメールR&Bで、オブスキュアR&Bがお好きな方にも大変にオススメの一曲だ。レーベルにかるいリングウェア。盤質は概ね良好です。

DEE DEE SHARP ■ NEVER PICK A PRETTY BOY / HE’S NO ORDINARY GUY (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=41196679


1964年。デトロイトのMOTOWNレーベルの影響を感じさせる作風で、マーサ&ザ・ヴァンデラスの「ヒート・ウェーヴ」のリズムを、フィリー流に洗練させて仕上げた60’s R&B・ガールズ・ポップ・ナンバー!ダンス名をタイトルにした分かりやすいダンス・ナンバーではないが、ハンドクラップやコーラスが入るダンス曲仕立ての一曲としてもオススメです。裏面はラテン調のポップ・ナンバーです。プロモ盤。盤面に擦れ傷ありますが、音質は全体的に概ね良好です。

DEE DEE SHARP ■ DO THE BIRD / LOVER BOY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=15764306


1963年。カル・マン&デイヴ・アップル・プロデュースにより、全米ポップ・チャートで最高10位/R&Bチャートで最高8位を記録した彼女の代表作品のひとつです。前ヒット作「ライド!」をフォローアップしたロックンロール・ビートのダンス・ナンバーで、“バード”系のリズムで踊れるティーネイジ・ダンス・パーティー・チューン!裏面曲もA面並に上質なダンス・ナンバーで、前作「グレイヴィー」風のリズムで踊れる2サイダー!レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

RUBY & THE ROMANTICS ■ OUR DAY WILL COME / MOONLIGHT AND MUSIC
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125078538


1963年。アレン・スタントンのプロデュースにより、全米ポップチャートで最高1位を記録したグループの代表作品です。ボブ・ヒリアード=モート・ガーソンが作曲したメロディアスな楽曲を、ブラジルのボサノヴァ・リズムに乗せて、ジャジーさもあるヴォーカルで艶っぽく歌う60’sガールズ・ポップ・クラシックス!ボビー・ダーリン、ブレンダ・リー他、カバーも多いポップスのスタンダードの元祖オリジナル・バージョンです。レーベルにシールと書き込みあり。盤質は良好です。

RUBY & THE ROMANTICS ■ MY SUMMER LOVE / SWEET LOVE AND SWEET FORIVENESS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=57325810


1963年にUS KAPPレーベルからリリースしたシングルで、一連のヒットを手がけるアレン・スタントン・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高16位を記録。夏をモチーフにしたメロウな楽曲を、スムースなバックとコーラスに乗せて歌う、イージーリスニング感が心地良いポップR&Bバラード・ナンバーです。UK Ace レーベル編集によるV.Aコンピレーション・アルバム『Golden Age Of American Popular Music Vol. 2』に収録されています。盤質は概ね良好です。

RUBY & THE ROMANTICS ■ WE CAN MAKE IT / REMEMBER ME  (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125078281


1966年。クライド・オーティス・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高120位を記録。ロッカ・バラード調のメロディアスな楽曲を、都会的な豪奢なサウンドと男性コーラスに乗せて、ルビー・ナッシュのヴォーカルがソウルフルに歌い上げる60’sフィメール・ポップ・ソウル・ナンバー。当時にはマイナーヒット曲ながら、ポップスとしての完成度は非常に高い(テディー・ランダッツオォの作品的とでもいうべきか)注目作品でオススメです。プロモ盤。CS付き。盤質は良好です。

THE CARAVELLES ■ YOU DON’T HAVE TO BE A BABY TO CRY / THE LAST ONE TO KNOW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125077281


1963年にUS SMASHレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高3位を記録した彼女達の代表作品です。1950年にムーン・マリカンが初録音した作品のカバーで、軽快なリズムに乗せた優しいメロディーを、吐息交じりのツインボーカルで絶妙にハモる60’sガールズ・ポップ・クラシックス!イギリス版のザ・マーメイズといった感じで、ドリーミーな雰囲気が魅力の名作です。裏面曲はポップ・バラードです。盤質はニアミント美品です。

THE JAYNETTS ■ SALLY GO ‘ROUND THE ROSES / Instrumental Version
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=125077112


1963年。全米ポップチャート2位。童謡の「Ring a Ring o’ Roses」をベースにした作品で、軽快なピアノの音色に乗せた、浮遊感のあるコーラスがハーモニーを奏でる60’sガール・ポップ・クラシックス!深いエコーのかかった音像空間の中で、前後左右の奥行を表現した、アーティー・バトラーのアレンジメントが冴える名作と言えます。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。