大阪のNIGHT BEAT RECORDSです|フィル・スペクター他のガールズ特集で、ウォール・オブ・サウンドや、DIMENSIONレーベル作品等をピックアップいたしました。(2017.11.07.Tue)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日は7インチ20点と、ポップスのLPを4点アップいたしました!
フィル・スペクター他のガールズ特集で、ウォール・オブ・サウンドや、DIMENSIONレーベル作品等をピックアップいたしました。
ぜひご検討くださいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

THE ESSEX ■ EASIER SAID THAN DONE [Roulette/R-25234] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=7378540


1963年にUS ROULETTEレーベルからリリースしたオリジナル・アルバムです。タイトルになった「Easier Said Than Done」を中心に、本アルバム・オンリーの未シングル作品をたっぷりと収録した内容の一枚です。ヒット曲以外にも、試聴で取り上げたガールズ・ポップ等が素晴らしく、決して侮る事の出来ないグループです。モノラル盤。盤質/良好です。カヴァー/右下にドリルホールあり。少々擦れありますが、全体的に概ね良好な保存状態です。

DODIE STEVENS ■ PINK SHOELACES [Dot/DLP-3371] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=21440923


1961年。タイトルになった1959年のCRYSTALETTEレーベルでのヒット曲「Pink Shoelaces」と、DOTレーベルでのヒット「Are You Lonesome Tonight?」を中心にした内容で、本アルバム・オンリーとなる作品等を全12作品収録した一枚です。ボビー・デイの「Rockin’ Robin」、ザ・テディー・ベアーズの「To Know Him Is To Love Him」他。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/少々擦れありますが、全体的に概ね良好な保存状態です。

THE ANGELS ■ AND THE ANGELS SING [Caprice/SLP-1001] US Stereo LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124820845


1980年代頃。CAPRICE+SMASHレーベルでのヒット曲を盛り込み、全20作品のフルボリュームとなったオールタイム・ベストアルバム。コーラスが素晴らしいグループなので、時代やプロデューサーが違えど、アルバムの内容はコーラスで一貫しており違和感は感じません。かつトゥルー・ステレオ・バージョンの高音質なので、7インチ・シングルとはまた違った印象を受ける繊細なサウンドが魅力。ステレオ盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/綺麗です。

THE CARAVELLES ■ YOU DON’T HAVE TO BE A BABY TO CRY [Smash/MGS-27044] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=46763495


1963年。英米で大ヒットを記録した表題曲の「You Don’t Have To Be A Baby To Cry」を中心に、同路線の軽やかなハーモニーを聴かせてくれる良好ポップ・ナンバーを全12作品収録したアルバムです。しっとりとした二人のハーモニーは絶妙で、針を落とした瞬間から柔らかな空気感が漂う芸風は彼女達の独断場。表題曲以外にも、試聴で取り上げた作品等は特にオススメで、アルバム全体を通してお聴きいただきたい一枚です。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好な保存状態です。

THE BLOSSOMS ■ GOOD, GOOD LOVIN’ / DEEP INTO MY HEART
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=52381725


1965年。ジミー・ボウエン・プロデュースによる作品です。バリー・マン&シンシア・ワイルが作詞作曲をしたドゥーワップ・スタイルのバラードを、ダーレン・ラヴのリードが熱っぽく歌い上げる60’sガールズ・ポップ・ナンバー!本作でのアレンジャーはアーニー・フリーマンで、シンプルなバンドの演奏による絶妙な味付けで、ヴォーカル+コーラスが前面に出ており大変に素晴らしい塩梅でございます。CS付き。レーベルにドリルホールあり。盤質は良好です。

THE JEWELS ■ OPPORTUNITY / GOTTA FIND A WAY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=18805005


1964年にUS DIMENSIONレーベルからリリースしたシングルで、ジーン・レッド・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高64位を記録した彼女達の代表作品です。メロディアスなロッカ・バラード調のバラード曲を、ハンドクラップとゴスペル風のコーラスに乗せて、繊細なヴォーカルがメロウ&スムースに歌い上げる60’sガールズ・ポップ×R&B・クロスオーバー・チューン!裏面曲はアップテンポのモータウン風ポップR&Bです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

LITTLE EVA ■ THE LOCO-MOTION / HE IS THE BOY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22148404


1962年。全米ポップ/R&B両チャートで1位。「ザ・ロコ・モーション」という電車風の動きで踊れる新R&Bダンスで、ガールズ・ポップとしてもクラシック的な定番名作!ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では350位に選定。裏面はビッグ・ディー・アーウィンが作曲に参加した、注目作品となるR&Bポップコーン2サイダー!レーベルにかるい擦れあり。盤質はニアミント美品です。

LITTLE EVA ■ OLD SMOKEY LOCOMOTION / JUST A LITTLE GIRL
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124816031


1963年。ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高48位を記録したベストソングのひとつです。1962年のヒット曲「ザ・ロコ・モーション」と、トラディッショナルなフォークソング「オン・トップ・オブ・オールド・スモーキー」を融合させたオリジナル・ダンス・クレイズ・チューン!スパニッシュ・ギターのアレンジや、メロディアスに展開する楽曲も秀逸な、60’sガール・ポップ・クラシックス!僅かな盤反りあり。盤質は概ね良好です。

THE COOKIES ■ DON’T SAY NOTHIN’ BAD / SOFTLY IN THE NIGHT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=64846357


1963年。全米ポップチャート7位/R&Bチャート3位。前ヒット作「チェインズ」をフォローアップしたジェリー・ゴフィン&キャロル・キングによる作詞作曲作品で、エセル・マクレーのリードを追随するゴスペル風のコーラスでハモる60’sガールズ・ポップ・クラシックス!裏面曲がこれまた極上のポップナンバーで、メロウな楽曲をリフレインさせるコーラスが美しく織り成す芸術的なポップ・ナンバーです。イギリスのガール・グループ=ザ・スリー・ベルズがカバーしています。盤質はほぼ良好です。

THE COOKIES ■ DON’T SAY NOTHIN’ BAD / SOFTLY IN THE NIGHT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=37872235


1963年。全米ポップチャート7位/R&Bチャート3位。前ヒット作「チェインズ」をフォローアップしたジェリー・ゴフィン&キャロル・キングによる作詞作曲作品で、エセル・マクレーのリードを追随するゴスペル風のコーラスでハモる60’sガールズ・ポップ・クラシックス!裏面曲がこれまた極上のポップナンバーで、メロウな楽曲をリフレインさせるコーラスが美しく織り成す芸術的なポップ・ナンバーです。イギリスのガール・グループ=ザ・スリー・ベルズがカバーしています。盤質は概ね良好です。

THE COOKIES ■ CHAINS / STRANGER IN MY ARMS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124815522


1962年。全米ポップチャート17位/R&Bチャート6位。ゴスペルのスタイルを持ち込んだポップ・ナンバーで、キャッチーな楽曲をハンドクラップに乗せて歌った60’sガールズ・ポップ・クラシックス!イギリスのシングルチャートでも最高50位を記録しており、ザ・ビートルズがジョージ・ハリソンのリードで取り上げていた作品です。レーベルに擦れとシールあり。盤面に擦れ傷ありますが、Side-A.の音質は全体的に良好でしっかりと鳴る印象です。

ALPHA ZOE ■ DA DOO RON RON / FOOLISH LITTLE GIRL by CLARA WILSON & THE CLEFTONES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124815448


1963年。ザ・クリスタルズによる大ヒット・ナンバー「ダ・ドゥー・ロン・ロン」のカバーで、原作と比較するとパンチ力にかけるものの、なかなかずっしりとしたベースが効いており、大音量でプレイするとそれなりの音圧で迫る印象のある良好バージョン。渋みのあるR&Bヴォーカルと、フィル・スペクター・サウンドの再現を試みた似非ウォール・オブ・サウンドも一興といった感じの60’sガールズ・ポップ・ナンバー!レーベルに擦れあり。盤面に擦れありますが、音質は概ね良好です。

THE RAG DOLLS ■ DUSTY / HEY, HOAGY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=19633893


1964年。全米ポップ55位。同プロダクションのザ・フォー・シーズンズをイミテートした作品で、“ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド”で構成されたシンプルな楽曲を、繊細なハーモニーが織り成す60’sガールズ・ポップ・クラシックス!フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドのアレンジにも匹敵する、煌びやかかつ重厚なバッキングも極上の名作です。CS付。レーベルにシールあり。盤質は綺麗です。

THE RAG DOLLS ■ DUSTY / HEY, HOAGY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=3031247


1964年。全米ポップチャート55位。ザ・フォー・シーズンズをイミテートした作品で、“ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド”で構成されたシンプルな楽曲を、繊細なハーモニーが織り成す60’sガールズ・ポップ・クラシックス!フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドのアレンジにも匹敵する、煌びやかかつ重厚なバッキングも極上の名作です。CS付。レーベルにかるい擦れとシールあり。盤質は概ね良好です。

BOB B. SOXX & THE BLUE JEANS ■ WHY DO LOVERS BREAK EACH OTHERS HEART? / DR.KAPLAN’S OFFICE (Yellow)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=103091066


1963年。フィル・スペクター・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高38位を記録したこのプロジェクトの代表作品です。エリー・グリニッチ&トニー・パワーズが作詞作曲をしたメロディアスな楽曲を、ドゥーワップ・コーラスでアレンジし、ダーレン・ラヴのリードボーカルが力強く歌う60’sガール・ポップ・ナンバー!逆にあまり見ない、イエローレーベルの2nd.プレスです。盤質は綺麗です。

BOB B. SOXX & THE BLUE JEANS ■ NOT TOO YOUNG TO GET MARRIED / ANNETTE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124815141


1963年。全米ポップチャートで最高63位を記録したこのプロジェクトの代表作品のひとつです。エリー・グリニッチ&ジェフ・バリーが作詞作曲をしたキャッチーなメロディーを、S.P.Q.R./LEGRANDレーベル風のR&Bサウンドで仕上げた60’sガール・ポップ・クラシックス!リードシンガーはザ・ブロッサムズのダーレン・ラヴで、実質的にダーレン・ラヴのリーダー作品と位置づけしても良さそうです。レーベルにシールあり。盤質は概ね良好です。

DARLENE LOVE ■ (Today I Met) THE BOY I’M GONNA MARRY / PLAYING FOR KEEPS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26552185


1963年。フィル・スペクター・プロデュースによる記念すべきソロ第一弾シングルで、全米ポップチャートで最高39位を記録した彼女の代表作品です。エリー・グリーンウィッチ&トニー・パワーズが作曲したメロウなバラードを、力強く歌うフィル・スペクターズ・クラシックス!色んな音を重ねてオーバーダビングして作られた、目映いばかりに煌びやかなサウンドにも注目(耳)したい名作です。レーベルに擦れあり。盤質は概ね良好です。

DARLENE LOVE ■ WAIT TIL’ MY BOBBY GETS HOME / TAKE IT FROM ME (Light Blue Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=27109342


1963年。全米ポップチャートで最高26位を記録し、自己名義でのシングルとしては最高のチャートポジションをマークした。エリー・グリーンウィッチ&ジェフ・バリーが作曲したキャッチーな楽曲を、力強いボーカルで歌う60’sガールズ・ポップ・クラシックス!同年末に発表されるクリスマス・アルバム『A Christmas Gift for You from Phil Spector』に直結する、完成された音壁サウンドにも注目したい名作です。レーベルにシールとリングウェアあり。音質は全体的に概ね良好です。

DARLENE LOVE ■ WAIT TIL’ MY BOBBY GETS HOME / TAKE IT FROM ME (Light Blue Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=57356916


1963年。全米ポップチャートで最高26位を記録し、自己名義でのシングルとしては最高のチャートポジションをマークした。エリー・グリーンウィッチ&ジェフ・バリーが作曲したキャッチーな楽曲を、力強いボーカルで歌う60’sガールズ・ポップ・クラシックス!同年末に発表されるクリスマス・アルバム『A Christmas Gift for You from Phil Spector』に直結する、完成された音壁サウンドにも注目したい名作です。盤質はニアミント美品です。

THE CRYSTALS ■ ALL GROWN UP / IRVING (Jaggererd Sixteenths)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124814918


1964年にUS PHILLESレーベルからリリースしたシングルで、フィル・スペクターのプロデュースにより、全米ポップチャートで最高98位を記録したマイナーヒット作品です。重厚なウォール・オブ・サウンドに、軽快なサーフっぽいギターをフィーチャーした、ロックンロール・スタイルのアップテンポ・ガールズ・ポップ・ナンバー!グループにとってのPHILLESレーベル最終シングル作品としても知られています。レーベルにリングウェアあり。盤質は綺麗です。

THE CRYSTALS ■ OH YEAH,MAYBE BABY / THERE’S NO OTHER (Orange Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=118843127


1961年。フィル・スペクターとハンク・ハンターが共作したメロディアスなロッカ・バラードを、エキゾチックかつストリングスが跳ねる都会的なサウンドに乗せたティーン・ポップ・ナンバー!ニューヨーク録音なので、ウォール・オブ・サウンドにはまだまだ遠い作品ながら、ガール・ポップスとしてはかなり上質な一曲です。裏面はチャート作品となるティーン・バラードとなる、パーフェクトな2サイダー!!レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE CRYSTALS ■ HE’S A REBEL / I LOVE YOU EDDIE (Light Blue Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23187037


1962年。全米ポップチャート2週連続1位/R&Bチャート2位。ジーン・ピットニーが作曲し、同年にヴィッキ・カーが吹き込んでいた同名作品のカバーで、「自分にだけは優しい不良の彼氏」をモチーフにしたティーン女子の恋愛事情を、ダーレン・ラヴのリードが力強く歌いあげる胸キュン系60’sガール・ポップ・クラシックス!ヴィッキ・カーの原作にはない、煌びやかなサウンドと全体の力強さが魅力のフィル・スペクターによる名作です。レーベルに小さく書き込みあり。盤質はニアミント美品です。

THE CRYSTALS ■ DA DOO RON RON / GIT’ IT (Light Blue Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=15732894


1963年。フィル・スペクターのプロデュースにより、全米ポップチャートで最高3位を記録。重量感のあるR&Bサウンドをバックに、キャッチーな楽曲をララ・ブルックスのリードが力強く歌う、トゥルー・ウォール・オブ・サウンド・クラシックス!邦題「ハイ・ロン・ロン」としても知られるオールディーズ・ナンバーでもあり、1977年のショーン・キャシディはじめ、カヴァーも多いポップスの名曲としても知られています。盤質はニアミント美品です。

THE CRYSTALS ■ DA DOO RON RON / ALL GROWN UP (Collectables Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=25197722


1963年。全米ポップチャート3位。重量感のあるR&Bサウンドをバックに、キャッチーな楽曲をララ・ブルックスのリードが力強く歌う、トゥルー・ウォール・オブ・サウンド・クラシックス!邦題「ハイ・ロン・ロン」としても知られるオールディーズ・ナンバーでもあり、1977年のショーン・キャシディはじめ、カヴァーも多いポップスの名曲としても知られています。裏面は1964年に全米ポップチャートで最高98位を記録したマイナーヒット曲です。CS付き。盤質はニアミント美品です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。