NIGHT BEAT RECORDS|7インチはブラック・ロックンロール系を中心に、渋めのR&B等、グッド・セレクションでご用意いたしております。(2017.10.20.Fri)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

[メールマガジン 第255号 2017年10月20日 発行]

本日はR&Bの7インチ20点と、ブルースのLPを4点アップいたしました!
7インチはブラック・ロックンロール系を中心に、渋めのR&B等、グッド・セレクションでご用意いたしております。
ぜひご検討くださいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本日アップした商品はこちらです

V.A ■ AMERICAN FOLK BLUES FESTIVAL [Exodus/EX-302] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124024422


1966年。具体的なレコーディング・データ等の詳細は不明ながら、1962-1966年にかけてにヨーロッパで開催された“アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティヴァル”の模様を収録したと推測されるライブ・アルバムです。当時ヨーロッパ各地で人気を博した音楽フェスティバルで、アメリカ以上に人気のあったブルース音楽を、本人がツアーしてパフォーマンスするという好企画で、錚々たるメンバーによる名演を12曲曲収録した60’sブルース実演盤!モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好です。

V.A ■ AMERICAN FESTIVAL FOLK BLUES [Disques Festival/100.062] France Mono 2LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124023813


1970年代。1962-1966年にかけてにヨーロッパで開催された“アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティヴァル”の模様を収録したと推測されるライブ・アルバムです。アメリカ以上に人気のあったブルース音楽を、本人がツアーしてパフォーマンスするという好企画で、錚々たるメンバーによる名演を良い音でLP2枚組にたっぷり23曲収録した60’sブルース実演盤!モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/見開き&コーティング・カヴァー。綺麗です。

V.A ■ MONTREUX FESTIVAL [Stax/STX-4132] US Stereo LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124022997


1974年。1967年から開催され世界最大級の音楽イベントとしても知られる、スイス・レマン湖畔の町モントルーで開催されたブルース&ジャズ・フェスティバルでのライブを収録したライブ・アルバム!STAXレーベルを代表するアルバート・キング、リトル・ミルトン、チコ・ハミルトンの三者による白熱したパフォーマンスを余す事無く後世に伝えるブルース・アルバム好盤です。ステレオ盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好です。

V.A ■ AMERICAN FOLK BLUES FESTIVAL ’66 [Fontana/885.431] France Mono Re-Issue LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124022557


1966年。1966年9月にイギリス・マンチェスターのフリー・トレード・ホール(Free Trade Hall)で開催された、“アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル”と題されたコンサートの模様を収録したライブ・アルバムです。バリバリの現役だったオーティス・ラッシュ、ジュニア・ウェルズ、再発見された戦前ブルース・マンや、ベテランらによる円熟味を増した演奏をたっぷりと収録したブルース名盤!モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/コーティングに艶あり綺麗です。

BOBBY PARKER ■ WATCH YOUR STEP / STEAL YOUR HEART AWAY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=17440291


1961年。全米ポップチャート51位。レイ・チャールズの「ホワッド・アイ・セイ?」をロッキン・ブルース調にアレンジし、豪快なラテン・ビートと、ヒステリックなゴスペル・シャウトでワイルドに仕上げた60’s R&B・クラシックス!イギリスのスペンサー・デイヴィス・グループ他がカバーした他、ザ・ビートルズの「アイ・フィール・ファイン」にもリズムの流用され、ロックにも強く影響を与えている事が伺える名作です。盤質はニアミント美品です。

BIG AL DOWNING ■ YES I’M LOVING YOU / PLEASE COME HOME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24469841


1960年。アル自作によるキャッチーな楽曲を、ロカビリー風のタイトなバンド・サウンドに乗せ、味のあるヴォーカルで歌いあげる60’sブラック・ロックンロールの名作!1964年にはUK SUE [WI-341]レーベルからシングル・リリースされていた事でも知られるモッズ愛聴R&Bとしても知られるクロスオーバー作品です。裏面はポップ・タイプのR&Bで、こちらもメロディアスな好フリップ・サイドです。盤質はニアミント美品です。

BO DIDDLEY ■ YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER / I CAN TELL
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=46161056


1962年。全米ポップチャート48位/R&Bチャート21位。太いギターの音を無骨に轟かせるジャングル・リズムに、豪快なゴスペル・ヴォーカルが乗った60’s R&B・ロッカー!ブリティッシュ・ビート勢や、ガレージ・ロック勢によるカバーも多い名作です。裏面はブルージーなミッドテンポのR&B・ロッカーとなる、奇跡的なカップリングです。ジョニー・キッド&ザ・パイレーツや、ザ・サーチャーズによるカバー等、約30種類のカバーバージョンが確認されています。盤質はニアミント美品です。

BO DIDDLEY ■ YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER / I CAN TELL
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=37194853


1962年。全米ポップチャート48位/R&Bチャート21位。太いギターの音を無骨に轟かせるジャングル・リズムに、豪快なゴスペル・ヴォーカルが乗った60’s R&B・ロッカー!ブリティッシュ・ビート勢や、ガレージ・ロック勢によるカバーも多い名作です。裏面はブルージーなミッドテンポのR&B・ロッカーとなる、奇跡的なカップリングです。約30種類のカバーバージョンが確認されています。レーベルにシールあり。9時の方向の盤端に小さくカケがあり。その他の盤質は概ね良好です。

BO DIDDLEY ■ BO DIDDLEY / I’M A MAN (Checker Vertical Logo,2nd.Press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=33160722


1955年。R&Bチャート2週連続1位。プランテーションに従事する黒人奴隷により踊られた“ザ・ジューバ・ダンス/ハンボーン”と呼ばれるリズムを改良し、新たに“ボ・ディドリー・リズム”と呼ばれる様になった作品です。「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第62位に選定。珍しいバーチカル(縦)・ロゴの2nd.プレスで、こちらは音圧が高いので迫力のある強い音で楽しみたい方にはオススメです。レーベルにシールあり。盤質は良好です。

JAMES BROWN & THE FAMOUS FLAMES ■ IT HURTS TO TELL YOU / I’VE GOT TO CHANGE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=42609343


1959年にUS FEDERALレーベルからリリースしたシングルです。 前作「I Want You So Bad」をフォローアップした作品で、メロディアスな三連バラードをコーラスと共に熱っぽく歌い上げるアーリーソウル・ナンバー!同時期のザ・ファルコンズ「You’re So Fine」等と並び、初期ソウルとしては上質はマイナー良好作品で、J.Bがいかにソウル・ミュージックに先鞭を付けていたのかが分かる一曲。裏面はブルージーなスローR&Bです。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

JAMES BROWN & THE FAMOUS FLAMES ■ GOOD GOOD LOVIN’ / DON’T LET IT HAPPEN TO ME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=709144


1958年にUS FEDERALレーベルからリリースしたシングルです。それまでのバラディアー路線からの転換期となる一曲で、ギターやホーンセクションのリズムを前面に押し出したアップテンポのR&B・ナンバー!チャビー・チェッカーがダンス曲として取り上げたり、イギリスのザ・マージービーツ他がカバーしたり、ロックンロール・ファンからも支持されるJ.B流のロッキン・ナンバーです。裏面はゆったりしたシャッフルR&Bです。レーベルにかるい擦れとシールあり。盤質はほぼ良好です。

BARRETT STRONG ■ MONEY / OH I APOLOGIZE (Tamla Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124019732


1960年。全米ポップチャート23位/R&Bチャート6週連続2位。レイ・チャールズの「What’d I Say?」のリズム・パターンを応用した荒削りなR&Bリズムに、ソウルフルなボーカルが乗ったデトロイトR&B~最初期のモータウン・クラシックス!ザ・ビートルズはじめ、カヴァーが多く存在するR&Bのスタンダードと言える名曲です。裏面はアーリー・ソウル・バラードとなる2サイダーです。激レアTAMLA 1st.プレス。レーベルに擦れと書き込みあり。音質は程度で概ね良好です。

HANK BALLARD & THE MIDNIGHTERS ■ LOOK AT LITTLE SISTER / I SAID I WOULDN’T BEG YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124019589


1959年。ロックンロールを発展させたダンスナンバーで独自のR&Bスタイル形成を狙う初期作品で(シングルで言うと「Finger Poppin’ Time」より2作前)、ミッドテンポの重厚なグルーヴに豪快なヴォーカルと強烈なギターソロが乗った50’s R&B・ロッカー!翌年のジェームス・ブラウンの「I’ll Go Crazy」にも影響を与えたのではないかと思える程に、上質なマイナー良好作品です。裏面がA面作品だった可能性があります。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質は概ね良好です。

JIMMY McCRACKLIN ■ THE WALK / I’M TO BLAME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=109855830


1958年。全米ポップチャートで最高7位/R&Bチャートで最高5位を記録した彼の代表作品です。“ザ・ウォーク”というダンス・ナンバーで、スモールコンボ・バンドが奏でるジャジーなシンコペーション・リズムに、豪快なブルース・ヴォーカルが乗った50’s R&B・ナンバー!1960~1962年頃に流行する“ツイスト”、“シミー”、“マッシュ・ポテト”といったダンスブームを先駆けた一曲としても重要視したい一曲です。レーベルにシールあり。盤質は綺麗です。

THE JOHNNY OTIS SHOW ■ WILLIE & THE HAND JIVE / RING-A-LING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124019088


1955年。全米ポップチャート9位/R&Bチャート5位。ジョニー・オーティスが1940年代に演奏していた「Shave and a haircut, six bits」というシンコペーション・リズムの再演で、手の振り付けで踊る“ハンド・ジャイヴ”というスタイルで流行したR&Bダンス・ナンバー!裏面はリトル・リチャードをオマージュしたロックンロールで、強烈なパンピン・ピアノとハイテンションなボーカルは、本家にも引けを取らないワイルド&フランティックさ!CS付き。盤質はほぼ良好です。

WADE FLEMONS ■ HERE I STAND / MY BABY LIKES TO ROCK
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124019011


1958年。全米ポップチャート80位/R&Bチャート19位。ゴスペルをベースにした自作によるキャッチーな楽曲を、ザ・ニューカマーズというR&Bグループのコーラスに乗せたポップR&B・ナンバー。V.Aコンピレーション・アルバム『Street Corner Symphonies: The Complete Story of Doo Wop, Vol. 10』にも収録され、ドゥーワップとしても再評価されるR&Bオールディーズです。レーベルに書き込みあり。盤質は概ね良好です。

BOBBY CHARLES ■ LATER ALLIGATOR / ON BENDED KNEE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124018310


1955年。ブギウギをベースにしたオリジナルのアプテンポ・ナンバーを、ポール・ゲイトゥンの演奏に乗せて、黒っぽいボーカルでワイルドに歌う50’sニューオーリンズ・ロッカー!ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツや、ミリー・スモールがカヴァーした作品の元祖オリジナル・バージョンとしても知られる名作です。レーベルに擦れと破れあり。盤面に浅い擦れあり、チリノイズが出ます。リスニング/DJプレイは問題ない印象です。試聴音源をお試しください。

CHUCK BERRY ■ MAYBELLENE / WEE WEE HOURS (Silver Top Chess Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=124017920


1955年。全米ポップチャート5位/R&Bチャート11週連続1位。1938年にボブ・ウィルズが発表したカントリー曲「アイダ・レッド(Ida Red)」の改作で、車と恋愛をモチーフにしたホット・ロッド&失恋ソングとして知られる一曲。カントリーをベースにしたチャック流の軽快なロッキン・ブルースで、勢い良く突き進む50’sロックンロールのマスターピース!裏面はブルースで、こちらはエリック・クラプトンもカバーした味わい深い作品です。レーベルにリングウェアあり。音質は概ね良好です。

CHUCK BERRY ■ OH BABY DOLL / LAJAUNDA
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23750119


1957年。全米ポップチャート57位/R&Bチャート12位を記録し、DJアラン・フリードの映画『ミスター・ロックンロール』にも挿入された代表作品。学校生活をモチーフにしたキャッチーな楽曲を、前ヒット作「メイベリン」をフォローアップした性急なリズムと、自身のギターに乗せて、コミカルかつウィットなヴォーカルで軽快に仕上げた50’sロックンロール・ナンバー!裏面はエキゾチックなラテン風味のルンバ・ブルースです。盤質はニアミント美品です。

CHUCK BERRY ■ TOO MUCH MONKEY BUSINESS / BROWN EYED HANDSOME MAN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=17178390


1956年にUS CHESSレーベルからリリースしたシングルで、全米R&Bチャートで最高4位を記録した両面ヒットとなるロックンロール・2サイダーです。ロッキン・ブルース調のアップテンポを軽快な口調のヴォーカルで歌う50’sロックンロールのマスターピース!裏面曲も全米R&Bチャート5位。茶色い目をした有色人種のハンサムマンの事をウィットに描いたロックンロール・ナンバーです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

CHUCK BERRY ■ ROLL OVER BEETHOVEN / DRIFTING HEART
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=48881945


1956年。全米ポップチャート29位/R&Bチャート2位。邦題「ベートーヴェンをぶっ飛ばせ」。ロックンロール黄金期を華やかに飾る、チャック・ベリーズ・ロックンロールの名作で、ザ・ビートルズ他、カバーも数多いマスターピースです。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第97位にノミネートされており、1989年にはグラミーの殿堂入りを果たしたロック史重要作品。レーベルにシールとかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

CHUCK BERRY ■ SCHOOL DAY / DEEP FEELING (Silver Top Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=110021758


1957年。全米ポップチャート3位/R&Bチャート1位。ノリの良いロッキン・ブルースをベースにしたブルージーな作品で、ティーネイジャーの学校生活~放課後の様子を描いた50’sロックンロールのマスターピース!裏面は自作によるエキゾチックなブルース・インストゥルメンタルです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

CHUCK BERRY ■ JAGUAR AND THUNDERBIRD / OUR LITTLE RENDEZVOUS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13002057


1960年。“ジャガー”と“サンダーバード・フォード”という車をモチーフにしたオリジナル・ナンバーで、「メイベリン」風のアップテンポにボーカル+コーラスが乗ったロックンロール・ナンバー!“ボ・ディドリー”の影響も感じさせるワイルドなR&B・ロッカー。当時はノーヒットでマイナーだった作品ながら、後年になってミルクシェイクス他、ビート、ガレージ勢のフェイバリットとなった事でも知られる一曲です。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

BUDDY LUCAS ■ DON’T BE CRUEL / HONKY TONK by STUDIO “B” SEVEN (s/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=12462638


1956年。エルヴィス・プレスリーのカバーで、ジャジーなギターとコーラスが入るシンプルなバンド・サウンドでアレンジされたブラック・ロックンロール・ナンバー!黒人アーティストによるエルヴィス・カバーという点でも珍しい一曲でオススメです。裏面はビル・ドゲットのカバーとなるインストゥルメンタル・ナンバーです。PS付き(少々シワあり)。盤質は良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。