NIGHT BEAT RECORDS|ブルース、ブルース&ソウル、モッド・ジャズ系等、ヴィンテージR&B DJの方にお勧め品が多数入荷いたしております。(2017.10.18.Wed)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はR&Bの7インチ20点と、LPを4点アップいたしました!
ブルース、ブルース&ソウル、モッド・ジャズ系等、ヴィンテージR&B DJの方にお勧め品が多数入荷いたしております。
ぜひご検討くださいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

↓↓↓本日アップした商品はこちらです↓↓↓

V.A ■ FORT WORTH SHUFFLE [Krazy Kat/7426] UK Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123940364


1984年。1958-1964年の間にテキサスで録音されたR&Bを、全14作品集めたコンピレーション・アルバムです。“ヒューストン・ジャンプ”と呼ばれる程に独自のスタイルで、ソリッドでスウィンギンかつ泥臭いサウンドでワイルドに迫る作風が特徴です。レイ・シャーピらメジャーどころ以外にも、マイナーどころの作品にも出色なものが多く、勢いも抜群なので全体的にオススメな一枚です。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好です。

V.A ■ HOUSTON JUMP [Krazy Kat/7407] UK Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123940252


1982年。1946-1951年の間にテキサス州ヒューストンで録音されたジャンプ・ブルースを、全16作品集めたコンピレーション・アルバムです。“ヒューストン・ジャンプ”と呼ばれる程に独自のスタイルで、ソリッドでスウィンギンかつ泥臭いサウンドでワイルドに迫る作風が特徴です。クラレンス・ガーロウらメジャーどころ以外に、マイナーどころの作品にも出色なものが多く、勢いも抜群なので全体的にオススメな一枚です。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好です。

V.A ■ BATON ROUGE HARMONICA [Flyright/614] UK Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123940094


1988年。「伝説のジェイ・ミラー・セッション特集」の第49弾で、1950~1960年代にルイジアナ州バトンルージュで録音された“ハープ・ブルース”に焦点を当てたコンピレーション・アルバム。EXCELLOレーベルの、レイジー・レスター、スリム・ハーポの他、ジミー・アンダーソンや、ジミー・ドットソンといったブルースマンによる高水準なルイジアナ・ブルースを満載しており、うち5曲が未発表作品という濃厚さです。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好です。

V.A ■ PACKIN’ UP MY BLUES [Muskadine/M-102] US Mono LP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123939898


1971年。1950-1961年の間にアメリカ南部の州で録音された、無名のブルース・マンによるマイナーな16作品を収録したコンピレーション・アルバムです。JOB, GOTHAM, BLUES BOY KINGDOM, RPM, ELECTRO等のレーベルに残された、無名ながらに高水準のカントリー・ブルースと、モダン・ブルースを良い音でお楽しみいただけるヴィンテージ・ブルース・アルバムです。モノラル盤。盤質/ニアミント美品です。カヴァー/良好です。

HOWLIN’ WOLF ■ SPOONFUL / HOWLIN’ FOR MY DARLING (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=17161205


1960年。ヒューバート・サムリンの攻撃的なギターに乗せて、ドスを効かせたボーカルで歌うシカゴ・ブルースを象徴するゴールデン・クラシックス!イギリスのロック・バンド=クリームによるカバーの他、ロック、ブルース系アーティストが多く取り上げる名曲中の名曲です。「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では219位。プロモ盤。盤質は良好です。

HOWLIN’ WOLF ■ HIDDEN CHARMS / TAIL DRAGGER (Chess Black Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=103763779


1964年。シカゴ・ブルースの名人=ウィリー・ディクソンが作曲し、1958年にチャールズ・クラークがARTISTICレーベルに吹き込んだ作品「ヒドゥン・チャームス」のカバーです。ミディアムスロウだった原作を、ファンキーなアップテンポで仕上げたロッキン・ブルース・チューン!V.Aコンピレーション・アルバム『Stompin’ Vol. 2』に収録されていました。盤面に浅い擦れありますが、音質は概ね良好です。

WILLIE COBBS ■ YOU DON’T LOVE ME / YOU’RE SO HARD TO PLEASE (Home of the Blues Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=17142638


1960年。ブルースとしては名作中の名作だと思いますが、実はボ・ディドリーが1955年に発表した「She’s Fine, She’s Mine」の改作で、アップテンポのルンバ・ブルースだった原作を、正調ブルース~R&Bとしてアレンジし直し完成した作品です。ジュニア・ウェルズや、ドーン・ペンほか、カバーも多いブルースのスタンダードナンバーです。サックスが入る重厚なリズムに、瑞々しいヴォーカルがマッチし、哀愁のあるブルースを聴かせてくれる名演。盤質はニアミント美品です。

JOHNNIE MORISETTE ■ SHO’ MISS YOU BABY / WILDEST GIRL IN TOWN (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=4688992


1962年。サム・クックが作詞作曲をし、ルネ・ホールがアレンジメントを担当した作品で、ロッキン・ブルースかつ、ソウリッシュな雰囲気は、プリミティヴなブルース&ソウルとも言える注目作品です。翌年のリトル・ジョニー・テイラーの「Somewhere Down The Line」の元ネタにも聞こえる、ニューブリード・タイプの60’s R&B・ナンバー!裏面曲もレイ・チャールズ・マナーのアップテンポ・ナンバーです。プロモ盤。レーベルにかるい擦れあり。盤質はほぼ良好です。

LITTLE JOHNNY TAYLOR ■ SOMEWHERE DOWN THE LINE / PART TIME LOVE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=18606029


1964年。スウィンギンなホーンやハープの入るジャジーで洒落た編曲をバックに、ジョニー・“ギター”・ワトソン・スタイルのボーカルで豪快に歌う60’s R&B・ナンバー!2013年にUK KENTレーベルよりリリースされたV.Aコンピレーション・アルバム『New Breed Blues With Black Popcorn』に収録され、公式に(?)ニューブリードR&Bとして認定された注目作品です。レーベルにかるい擦れあり。盤質は綺麗です。

LITTLE JOHNNY TAYLOR ■ LOOKING AT THE FUTURE / ONE MORE CHANCE (Galaxy Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123938937


1965年にUS GALAXYレーベルからリリースしたマイナー・シングルです。レイ・チャールズ・マナーのジャジーなリズムセクションが、スウィンギンなグルーヴを醸す、モッド・ジャズ×アーリー・ブルース&ソウル・チューン!センス良い選曲でまとめられた、UK ACEレーベル編集によるV.Aコンピレーション・アルバム『Diggin’ Gold』に収録されています。裏面はバラードです。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質はほぼ良好です。

NANCY WILSON ■ (You Got) THE POWER OF LOVE / RAIN SOMETIMES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=25229415


1966年にUS CAPITOLレーベルからリリースしたシングルです。ジ・エヴァリー・ブラザーズが同年に吹き込んでいた作品のカバーで、オリヴァー・ネルソン楽団の演奏によりアグレッシヴなソウル・ジャズに仕上がった60’sソウル・ジャズ・ダンサー!演奏は洒落てもおり、ヴォーカルはソウルフルで、総合点でモッド・ジャズとしてもオススメの一曲です。裏面はポップ・バラードです。盤質は概ね良好です。

SLIM HARPO ■ DON’T START CRYIN’ NOW / RAININ’ IN MY HEART
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24303907


1961年。ジミー・リードを豪快にした様なギターのリズムと、絡みつくようなホーン・セクションに乗せ、ロックンロール調のブギーでワイルド&クールにキメるルイジアナ産ロッキン・ブルース!スワンプ・ブルースらしいダウンホームな感じと、ベッタリした湿気たっぷりのビートがクセになる一曲です。裏面は、哀愁漂うルイジアナ・スワンプ・ブルースの名作。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

LOU RAWLS ■ DEAD END STREET MONOLOGUE – DEAD END STREET / YES IT HURTS- DOESN’T IT (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123938703


1967年。全米ポップチャート29位。序章となる語り中心のモノローグから幕を開け、サビとなる本編へと展開する二部構成のブルージーなソウル・ナンバー!DUKE/PEAOCKレーベルへのCAPITOLレーベルからの回答作にも思える、3:30に及ぶブルース&ソウル歌謡曲の最高傑作!!R&Bノーザンとしても評価されています。CS付き。プロモ盤。レーベルに擦れあり。盤面に浅い擦れあり、かるくチリノイズが出ます。DJプレイは問題ないレベルかと思うのでオススメです。

THE TAMS ■ UNTIE ME / DISILLUSIONED (Arlen Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123938351


1962年。全米ポップチャート60位/R&Bチャート12位。ジョー・サウスが作詞作曲したメロディアスな楽曲を、アラバマ・マッスルショールズのFAMEレコーディング・スタジオ録音による広がりのあるサウンドと、リフレインさせる初期コーラスで仕上げた60’s R&B・ナンバー!1964年にはイギリスのマンフレッド・マンがカバーしており、ロック・ファンの方にもオススメのルーツ曲です。裏面はR&Bポップコーン系良好2サイダー盤です。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質は概ね良好です。

BILLY PRESTON ■ GREEZEE Part 1 / GREEZEE Part 2 (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23682296


1963年にサム・クックが所有したUS DERBYレーベルからリリースしたシングルです。ロサンジェルスのビリー・ラーキン&ザ・デリゲイツを彷彿とさせるウェストコースト・スタイルのR&Bジャズで、ワルツのリズムにソウルフルなハモンド・オルガンが乗ったモッドでクールなインストゥルメンタル・ナンバー!裏面は後半部分のパート2で、さらに白熱したプレイを聴く事が出来ます。プロモ盤。レーベルにシールあり。盤質はニアミント美品です。

SYL JOHNSON ■ LITTLE SALLY WALKER / I RESIGN FROM YOUR LOVE (70’s Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123937498


1962年にUS FEDERALレーベルからリリースしたシングルです。ソニー・トンプソンとの共作で、R&B・デュオ/ドン&デューイがSPECIALTYレーベルに残した同名曲をベースにしたと思われるR&Bです。KING/FEDERALレーベルらしいダンサブルで肉厚なサウンドと、ロッキン・ブルースのノリの良さが調和した60’s R&B・ロッカー!V.Aコンピレーション・アルバム『Welcome To The Club』『Grab This and Dance Vol 5』に収録されていました。盤質は良好です。

THE KING PINS ■ THE HOP SCOTCH / WONDERFUL ONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123937324


1963年にUS FEDERALレーベルからリリースしたシングルです。“ザ・ホップ・スコッチ”というブランニューダンス・ナンバーで、「テキーラ」調の陽気なリズムに、ゴスペル風のコーラスが乗った明るい調子のダンス・ナンバーです。KING/FEDERALレーベルのR&Bだけあり、ダンス・ナンバーとしてのノリの良さは折り紙付きです。裏面はディープ派アーリーソウル・バラードです。デッドストック品/盤質はニアミント美品です。

JIMMY HUGHES ■ NEIGHBOR, NEIGHBOR / IT’S A GOOD THING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123937077


1966年。全米ポップチャート65位/R&Bチャート4位。ヒューイ・P・モー・プロデュースによる作品で、ジミー・リード調のブルースをマッスル・ショールズの極太サウンドで仕上げたサザンR&B・ロッカー!イギリスのスペンサー・デイヴィス・グループがカバーしており、名実ともに、モッドR&B・クラシックスとしても知られる一曲。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

JAMES BROWN& THE FAMOUS FLAMES ■ JUST YOU & ME, DARLING / I LOVE YOU, YES I DO
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=39609269


1961年。全米R&Bチャート17位。FEDERALレーベル期の「I’ll Go Crazy」を応用したR&Bで、ミッドテンポのリズムに乗せて、豪快なシャウトで歌い続けるアーリーソウル・ナンバー!イギリスのザ・フーが、BBCセッションでカバーした一曲でもあります。裏面曲はレーベルの先輩でもある、ジャンプ・ブルースのブル・ムース・ジャクスンが1947年に放った名曲のカバーです。原曲とはまた違った魅力のある、実に素晴らしいラヴソングです。レーベルに書き込みとかるい擦れあり。盤質は良好です。

GROVER MITCHELL ■ TAKE A LOOK / WHAT HAPPENED TO YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123936288


1964年にUS TCFレーベルからリリースしたシングルです。レイ・チャールズをポップにした様なジャジーなサウンドに、ゴスペル・ヴォーカルでソウルフルに歌う60’sフィメールR&B・ナンバー。DJプレイでは、レイ・チャールズのABC PARAMOUNT音源や、同じくレイ関連のTANGERINEレーベル音源のジャジーなR&B等と愛称が良さそうでオススメです。裏面はブルージーなバラードで、こちらでも味わい深いヴォーカルがお聴きいただけます。盤質は良好です。

EARL GAINS ■ IT’S WORTH ANYTHING / THE BEST OF LUCK TO YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=31713284


1966年にHBRレーベルからリリースしたシングルです。アラバマ州マッスルショールズのソウルに影響を受けた様な、重厚なR&Bサウンドをバックに、ボビー・ブランドにそっくりなヴォーカルで熱く歌い上げる60’sブルース&ソウル・ナンバー!裏面はアルバム・タイトルにもなった代表作品で、こちたもボビー・ブランドをイミテートした(特にシャウトの部分)上質なブルース&ソウルのバラードす。盤質はニアミント美品です。

ETTA JAMES ■ SEVEN DAY FOOL / IT’S TOO SOON TO KNOW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26030918


1961年。全米ポップチャート95位。屈強かつ、しなやかなグルーヴに乗せたメランコリックな楽曲を、哀愁たっぷりのヴォーカルで力強く歌う60’s R&B・ストンパー!古くからモッズ+R&B~ソウルDJに人気のあ一曲でしたが、近年はUK OUTTA SIGHTレーベルからもリイシューされたオールタイム・クラシックスです。ちなみにイギリスのノーザンソウル・シーンでも古くからプレイされた記録が残っており、カナダでも当時チャート9位を記録。レーベルに擦れあり。音質は概ね良好です。

ELMORE JAMES ■ THE SKY IS CRYING / STANDING AT THE CROSSROADS (60’s Flashback Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=10823200


1960年にUS FIREレーベル作品の60’s正規リイシューで、ボビー・ロビンソン・プロデュースによる作品です。「It Hurts Me Too」をフォローアップしたスロー・ブルースで、むせび泣くギターに、情熱的なヴォーカルが乗ったシカゴ・ブルース。CHESSレーベルで「The Sun Is Shining」という名作を残していますが、本作はそれと並ぶ名作です。裏面は1954年のFLAIRレーベル録音作品のセフルカバーで、7インチで聴けるのはこの盤のみです。CS付き。盤質はニアミント美品です。

ETTA & HARVEY ■ IF I CAN’T HAVE YOU / MY HEART CRIES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=123931890


1960年。全米ポップチャート52位/R&Bチャート6位。二人で競作したメロウな三連バラードを、実際に恋人関係でもあった二人が、感情のこもったツイン・ボーカルで歌う60’s R&B/アーリーソウル・バラード・ナンバー。裏面も見逃せない初期シカゴ・ソウル・バラード曲で、こちらはピッツバーグでローカルヒットとなったピッツバーグ・オールディーズ・クラシックス。レーベルにかるい擦れ。盤質は概ね良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
———————————-

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nightbeatrecords.com/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。