NIGHT BEAT RECORDS / 60’s R&B特集で、グッド&レア盤が多めの充実した内容となっております!(2017.7.14.Sat)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

一週間ぶりの更新となります!本日はR&Bの7インチを24点アップしました!
60’s R&B特集で、グッド&レア盤が多めの充実した内容となっております!
あのレア盤も、VG-で音質は全然OK!等、バーゲン・プライスの商品もございます。
ご注文お待ちいたしております!
http://www.nightbeatrecords.com/

本日アップした商品はこちらです

JACKIE SHANE ■ COMIN’ DOWN / IN MY TENEMENT (Canada Sue Label Orig.)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=120308997


1963年。ボビー・ダーリンとルディー・クラークが共作をした哀愁のあるマイナーキーを、ダンサブルなアップテンポに乗せて、情感豊かなヴォーカルで歌い上げる60’s R&B・ナンバー!裏面はボビー・スコットらが作曲をしたメロウなロッカ・バラードを、天才的なヴォーカルで歌うアーリーソウル・ナンバーです。A面はニューブリードR&B+B面はR&Bポップコーンという強力な2サイダー盤です。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

ETTA JAMES ■ SOMETHING’S GOT A HOLD ON ME / CHARLIE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26030651


1962年。全米ポップチャート37位/R&Bチャート4位。ゴスペル風のアップテンポを、ライリー・ハンプトン楽団の演奏と女性コーラスに乗せて、力強いヴォーカルで歌い上げる60’sフィメールR&B・ナンバー!イギリスのビート・グループ、ザ・ホリーズもカバーしており、ロック・ファンの方にもオススメの一曲です。冒頭の語り部分から、演奏が始まる前に約1秒の空白があるので、語りを省いたDJプレイ時の頭だしは容易です。盤質は綺麗です。

ETTA JAMES ■ WHAT I SAY / BABY WHAT YOU WANT ME TO DO
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=15989272


1964年にUS ARGOレーベルからリリースしたシングルで、同年にリリースされたアルバム『エッタ・ジェームス・ロックス・ザ・ハウス』からのシングル・カットです。レイ・チャールズのカバーで、ライヴ・アルバム中のハイライトといえる程に強烈な閃光を放つグレート・バージョン!後にMOTOWN関連のギタリストとしても知られる、デイヴィッド・T・ウォーカーが参加したバンドの演奏も強力なキラーR&B・チューンです。レーベルにリングウェアあり。音質は概ね良好です。

DU-ETTES ■ PLEASE FORGIVE ME / LONELY DAYS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24718718


1965年。マーサ&ザ・ヴァンデラスの「ヒート・ウェーブ」に感化されたと推測されるR&Bで、ハンドクラッピンでダンサブルかつ、ファスト&ハードなリズムに、ソウルフルな女性ヴォーカル+コーラスが乗った60’sフィメールR&B・ストンパー!60年代からフィラデルフィアで活躍するDJジェリー・ブラヴァットのフェイバリット・チューンとしても知られるティーネイジ週末ダンス・パーティー・チューンです。レーベルにドリルホールあり。盤質は良好です。

IKE & TINA TURNER ■ STAGGER LEE & BILLY / CAN’T CHANCE A BREAK UP
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=39601587


1964年。ニューオーリンズR&Bで有名になった“スタッガ・リー”をモチーフにした、アイク・ターナー作によるブルージーなアップテンポ・ナンバーを、ザ・キングス・オブ・リズムが奏でる無骨なグルーヴに乗せた60’s R&B・ストンパー!バックビートを効かせたファットでファンキーなグルーヴも、どこかニューオーリンズ的なアプローチ。裏面はモッドR&Bな感じのあるアップテンポ・ソウルとなるグッド・2サイダーです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

IKE & TINA TURNER ■ YOU SHOULD’ A TREATED ME RIGHT / SLEEPLESS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24581786


1962年にUS SUEレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高89位を記録したマイナーヒット曲です。アイク・ターナーが作詞作曲した楽曲を、レイ・チャールズ風のジャジーなサウンドと、ジ・アイケッツ紛するザ・レイレッツ風のコーラスで仕上げ、ティナのシャウトが迫力満点に迫る60’s R&B・ナンバー!裏面もアイク・ターナー作による、レイ・チャールズ風のブルージーなバラードです。レーベルに擦れあり。盤質はほぼ良好です。

PRINCE LA LA ■ SHE PUT THE HURT ON ME / DON’T YOU KNOW LITTLE GIRL
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=40589916


1962年にUS A.F.O.レーベルからリリースしたシングルで、全米R&Bチャートで最高14位を記録した彼の代表作品です。A.F.O.スタジオ・ミュージシャンによるレイドバックした演奏に乗せた、ジェッシー・ヒル的なノヴェルティーナンバーを、苦味のあるヴォーカルで豪快に歌うニューオーリンズR&B~アーリーソウル・ナンバー!イギリスのスペンサー・デイヴィス・グループもカバーしており、ロック・ファンの方にもオススメの一曲です。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

PANCHO VILLA ■ AIN’T THAT BAD / PROGRESS (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=105226356


1964年にUS SYMBOLレーベルからリリースしたシングルです。ラテン・ソウル風のファンキーなグルーヴに乗せて、泥臭いヴォーカルで豪快に歌い散らかす60’s R&B・パーティートラック!CANDYレーベル編集のV.Aコンピレーション・アルバム『Shakin’ Fit!』に収録されていました。裏面はR&Bインストゥルメンタル・ナンバーです。ホワイト・レーベル・プロモ盤。盤質はニアミント美品です。

JESSIE MAE ■ DON’T FREEZE ON ME / IT MIGHT AS WELL SPRING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=31847252


1962年にUS DRAレーベルからリリースしたシングルです。50年代にはMODERN/RPMレーベルで多くの演奏を担当した、マックスウェル・デイヴィスのバンドが演奏を手掛けた作品で、ジャジーなスモールコンボによるリズムが迫力満点に畳みかけるキラーR&B・チューン!幼さが残る声質ながらに、力強いシャウトを聞かせてくれるヴォーカルも痛快な60’sフィメールR&Bです。レーベルにかるい擦れあり。盤面に擦れありますが、音質は全体的に概ね良好です。

HOAGY LANDS ■ BABY LET ME HOLD YOUR HANDS / BABY COME ON HOME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23788128


1964年バート・バーンズ・プロデュースによる作品です。プロフェッサー・ロングヘアの同名作品をベースにしたと思われるキャッチーなアップテンポ・ナンバーを、サム・クック・スタイルのヴォーカルで熱っぽく歌う60’s R&B・ナンバー!さらに、本作をお手本にイギリスのジ・アニマルズが、「Baby Let Me Take You Home」と改作し大ヒットさせた他、デトロイト・コブラスが本作品をカバーしており、ロック・ファンにもオススメの一曲です。CS付き。盤質は良好です。

GOOGIE RENE ■ SMOKEY JOE’S LA LA / NEEDING YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=16841323


1966年。全米ポップチャート77位/R&Bチャート35位。ラムゼイ・ルイスの「ジ・イン・クラウド」にインスパイアされたインストルメンタル・ナンバーで、シカゴ・ソウル・ジャズへのロサンジェルスからの回答作となったR&Bジャズ・ナンバー!ファンキーでダンサブルなリズムに乗せて、軽快なピアノ・ソロがメロディーを奏でる60’S R&B・ストンパー!UK KENTレーベル編集によるV.Aコンピ『Mo’ Mod Jazz』にも収録。レーベルにドリルホールと薄い擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE RAELETS ■ ONE ROOM PARADISE / ONE HURT DESERVES ANOTHER
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13955074


1967年にUS TANGERINEレーベルからリリースしたヒットシングルです。レイ・チャールズ風の楽曲を、ジャジーなスモールコンボの演奏に乗せて、力強いヴォーカル+コーラスで迫力満点に掛け合う60’sフィメールR&B・ストンパー!モッド・ジャズ的な要素もあり、ハードかつクールな一曲です。裏面はチャート作品となるゴスペル調のバラードです。盤質は良好です。

RAY CHARLES ■ HIT THE ROAD JACK / THE DANGER ZONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=5389253


1960年。日本では邦題「旅立てジャック」として知られる作品で、R&Bシンガーとしても有名なパーシー・メイフィールドが作詞作曲を担当したオリジナル・ナンバーです。哀愁のあるマイナーキーを、スウィンギンなフルバンドと、ザ・レイレッツのコーラスで豪快に仕上げた60’s R&B・ジャンプ・ナンバー!ローリング・ストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では377位に選定されています。CS付き。盤質はほぼ良好です。

RAY CHARLES ■ HIT THE ROAD JACK / THE DANGER ZONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13547140


1960年。日本では邦題「旅立てジャック」として知られる作品で、R&Bシンガーとしても有名なパーシー・メイフィールドが作詞作曲を担当したオリジナル・ナンバーです。哀愁のあるマイナーキーを、スウィンギンなフルバンドと、ザ・レイレッツのコーラスで豪快に仕上げた60’s R&B・ジャンプ・ナンバー!ローリング・ストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では377位に選定されています。CS付き。盤質は良好です。

RAY CHARLES ■ BABY DON’T YOU CRY (The New Swingova Rhythm) / MY HEART CRIES FOR YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26493733


1964年。全米ポップチャート39位。バディー・ジョンソン楽団が1943年に発表したジャンプ・ブルース曲のカバーでしたが、レイがブラジル・ツアーの後、現地の音楽=ボサノヴァに影響を受けて自身のジャズと融合して作られた、オリジナルのブランニュー・スウィンゴヴァ(Swingova)・リズム・バージョン!モッド・ジャズ的な、洒落た雰囲気を持ち合わせた60’s R&B・ジャズです。裏面はバラードです。CS付き。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

RAY CHARLES ■ WHAT’D I SAY Part 1 / WHAT’D I SAY Part 2
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=120303157


1959年。全米ポップチャート6位/R&Bチャート1位。1954年のヒット「アイヴ・ゴット・ア・ウーマン」のリズムを追求し、それにマンボ・ジャズやゴスペル、ブルース等の要素をブレンドさせたグレートR&B・ナンバー!ソウル誕生の瞬間として重要視されている他、R&Bやロック系のカバーや、この曲のリズム・パターンを応用した作品も多く、影響力を持った画期的なサウンドだったといえ一曲だと思います。CS付き。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

RAY CHARLES ■ WHAT’D I SAY Part 1 / WHAT’D I SAY Part 2 (2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13064627


1959年。全米ポップチャート6位/R&Bチャート1位。1954年のヒット「アイヴ・ゴット・ア・ウーマン」のリズムを追求し、それにマンボ・ジャズやゴスペル、ブルース等の要素をブレンドさせたグレートR&B・ナンバー!ソウル誕生の瞬間として重要視されている他、R&Bやロック系のカバーや、この曲のリズム・パターンを応用した作品も多く、影響力を持った画期的なサウンドだったといえ一曲だと思います。CS付き。盤質はニアミント美品です。

RAY CHARLES ■ HALLELUJAH I LOVE HER SO / WHAT WOULD I DO WITHOUT YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=120302443


1956年にUS ATLANTICレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高5位を記録したベストソングです。R&Bにゴスペルを持ち込んだ晴れやかなメロディーを、スウィンギンなジャズのリズムと融合させた50’s R&B・クラシックス!ペギー・リー、エディー・コクラン、ザ・ビートルズ等がカバーしており、ポピュラーソングやロックのスタンダードといえる名曲の元祖オリジナル・バージョンです。レーベルにかるい擦れあり。Side-A.の音質は概ね良好です。

RAY CHARLES ■ STICKS & STONES / BORN TO LOSE (1970’s ABC Label Re-Issue)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=120302030


1962年。全米ポップチャート40位/R&Bチャート2位。名R&B作曲家=タイタス・ターナー作による作品で、前年にATLANTICレーベルから出されたヒット曲「ホワッド・アイ・セイ?」でも用いられていた、マンボ・ジャズのリズムを融合させて泥臭いリズムで仕上げたR&Bジャンプ・ナンバー!R&B歌手ジャッキー・シェーンや、イギリスのビートグループ=マンフレッド・マン、ザ・ゾンビーズらが取り上げています。レーベルにかるい擦れあり。盤質はニアミント美品です。

CHUCK JACKSON ■ HAND IT OVER / SINCE I DON’T HAVE YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=46431488


1964年。全米ポップチャート92位。コニー・フランシスや、ナット・キング・コール等に多くのメジャーアーティストに楽曲を提供するロバート・モスリーが作詞作曲をしたメロディアスな楽曲を、軽快なダンスビートに乗せて、熱唱に次ぐ熱唱ヴォーカルで歌い上げる60’s R&B・ストンパー!術的にも、激しく美しい名作ではないでしょうか。裏面は全米チャートで最高47位を記録した両面ヒットです。CS付き。レーベルに擦れとドリルホールあり。Side-A.の音質は概ね良好です。

CHUCK JACKSON ■ BEG ME / THIS BROKEN HEART
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=4050702


1964年にUS WANDレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高45位/R&Bチャートで最高5位を記録したベストソングのひとつです。R&B作曲家、ルディー・クラークが書き下ろしたオリジナルの楽曲を、ラテン・ビートのアップテンポに乗せて、徐々に高揚するヴォーカルで歌い上げる60’s R&B~アーリーソウル・ナンバー!裏面はアーリーソウル・バラードです。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質はニアミント美品です。

BOBBY LEE ■ MISSED IT BY THAT MUCH / I’M NOT AFRAID
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=120300127


1966年にUS SUEレーベルからリリースしたシングルです。前ヒット作「I Was Born A Loser」をフォローアップしたメロディアスな楽曲を、ダンサブルなリズムに乗せて、瑞々しいヴォーカルで歌い上げる60’sソウル・ナンバー!ボビー・ヘブの「サニー」にも似た爽快さを感じる一曲です。裏面はソウル・バラードです。盤質はニアミント美品です。

DON GARDNER & DEE DEE FORD ■ I NEED YOUR LOVING / TELL ME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=17662784


1962年。全米ポップチャート20位。黒人教会の熱気をダイレクトにR&B化した様な作品で、ゴスペルのコール&レスポンスのコーラスとの掛け合いで、「お前の愛が欲しい!」という内容の歌詞をシャウター・ヴォーカルで歌い上げる60’s R&B・クラシックス!UK STATESIDEレーベルからイギリス国内に流通しており、同国のジ・アンダーテイカーズが本作品をカバーしています。2001年にはUK Kent編集のV.Aコンピ『The Birth of Soul Vol 3』に収録。盤質はニアミント美品です。

CHUCK JOHNSON ■ COMPETITION / HERE WE GO ‘ROUND THE MULBERRY BUSH (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=120298860


1963年にUS SYMBOLレーベルに残したシングルです。チャーリーが作曲をしたキャッチーな楽曲を、妹のアイネズの掛け声に乗せて歌う60’s R&B・ナンバー!プロデュースはジャギー・マーレイで、アレンジャーにはバート・キーズを迎えた、充実の都会派モダンR&Bです。裏面はポップコーン・オールディーズ系のダンサブルなR&Bとなる2サイダーです。プロモ盤。レーベルに擦れとシールと書き込みあり。盤面に擦れ傷ありますが、演奏が鳴り始めたら音質は概ね良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。