NIGHT BEAT RECORDS / ポップコーン、エキゾチカ、オリエンタル、ジャンプ系等、ヴィンテージ音楽DJの方にオススメなロックンロール特集。(2017.6.30)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はロックンロールの7インチを24点アップしました!
ポップコーン、エキゾチカ、オリエンタル、ジャンプ系等、DJの方にオススメな内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
引き続き、CDプレゼント・キャンペーン(~7/08迄延長)も行っておりますので、ご注文お待ちいたしております!


http://www.nightbeatrecords.com/

本日アップした商品はこちらです

THE CHARLIE BOP TRIO ■ MR. BIG FEET / TOKYO QUEEN (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=65913957


1958年。“大足さん”というオリジナルのノヴェルティーソングを、サックス+ピアノが入るジャジーなロックンロール・サウンドと賑やかなコーラスで仕上げた個性派ロックンロール・ナンバー!V.Aコンピ『Capitol Rockabilly Vol.1』、『Rockabilly Bash Vol.9』他に収録されています。裏面は“東京クイーン”という日本モチーフのノヴェルティー&オリエンタル・ポップ・ナンバーとなる珍曲2サイダーです。プロモ盤。CS付き。レーベルにリングウェアあり。盤質は綺麗です。

THE HIGHLIGHTS ■ AH, SO / STUDIO BLUES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24795098


1958年。「アー、ソウ」というタイトルからも怪しい香りを放つノヴェルティーソングで、ロカビリーなギター・ソロが、中国~東洋文化圏を空想したオリエンタルなサウンドを奏でるチャイニーズ・ロックンロール・チューン!THE 5,6,7,6’sがカバーしており、V.Aコンピレーション・アルバム『Big Deal!』や、『Jungle Exotica』、『Las Vegas Grind Vol.2』等に収録されています。レーベルにリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

SUZANNE with THE BAND-AIDS ■ YOU MAY NEVER KNOW / UNCHAINED BUT UNFORGOTTEN (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=47988352


1961年にUS LIBERTYレーベルからリリースしたシングルです。スザンヌ自作によるマイナーキーでロカビリーな楽曲を、オリエンタルっぽさもあるエキゾチックなサウンドで仕上げた60’sフィメール・ロッカー!ピアノやフルートを従えたヘタウマなバンドの演奏に、か細くも、真の通ったヴォーカルが絶妙にマッチした珍盤奇盤でオススメです。裏面曲はティーン・ポップ・バラードです。プロモ盤。CS付き。盤質は良好です。

DEANE HAWLEY ■ BOSSMAN / LOOK FOR A STAR
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=40918184


1960年。ドーシー・バーネットが提供したマイナーキーのロックンロールを、ロカビリー風の演奏に乗せてティーンヴォーカルで歌うポップコーン・タイプのティーン・ロッカー!最近、UK JAZZMAN/POPCORNレーベルからもリイシューされています。裏面はチャート作品で、ティーン・ポップの名作です。1959年にイギリスで公開された映画『Follow a Star』の挿入曲がオリジナル・バージョンとなります。盤質はニアミント美品です。

CHUCK MILLER ■ LOOKOUT MOUNTAIN / BOOGIE BLUES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=20863707


1956年にUS MERCURYレーベルからリリースしたシングルです。ジャジーなホーン・セクションをバックに、怪しげなマイナーキーをダンディーなボーカルで歌うポップコーン派ロックンロール・ナンバー!日本盤のV.Aコンピレーション・アルバム『ルーツ・オブ・エルヴィス 第2集』に収録されていました。裏面曲はビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ調でご機嫌&痛快無比なジャンピン・ロックンロール!CS付き。盤質は良好です。

DANNY ZELLA & HIS ZELL ROCKS ■ WICKED RUBY / BLASK SAXS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=5542301


1959年。R&Bスタイルのダンサブルなリズムに、キャッチーな楽曲が乗った50’sロックンロール・パーティーチューン!デトロイトのDJでロックンローラーのカブ・コーダ(Cub Koda)のフェイバリット曲としても知らるれる他、一部のロックンロール・ファンからは“50年代のMC5、もしくはザ・ストゥージーズだ”とも称される隠れた名作です。裏面はダーティーなツイン・サックスがブロウするロッキン・インストルメンタルとなる2サイダー盤!レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

FREDDIE BELL & THE BELL BOYS ■ DING DONG / I SAID IT AND I’M GLAD
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=25400706


1956年。彼らも出演した映画『Rock Around the Clock』でもパフォーマンスして話題となった作品です。ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツや、マイク・ペディシン・スタイルのロックンロール・ナンバーで、サックスがスウィングするリズムをバックに、ハイテンションのボーカル+コーラスでノセる50’sパーティー・チューン!裏面はラテン・リズムを盛り込んだパーティーチューン・2サイダーです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。

MIKE PEDICIN QUINTET ■ SHAKE A HAND / DISC JOCKEY’S BOOGIE (20th Century Label,1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119758955


1958年。全米ポップチャートで最高71位を記録した彼の代表作品です。フェイ・アダムスが1953年にヒットさせたR&B「シェイク・ア・ハンド」カバーで、スローブルースだった原曲を、ビル・ヘイリー・スタイルの賑やかなロックンロール・サウンドでアレンジした50’sロッキン・パーティーチューンの名作!裏面はインストゥルメンタル・ジャンプ・ナンバーです。レア!レーベルにシールあり。盤質は良好かつ、鳴りの良い当たりプレスです。

THE FOUR TOPHATTERS ■ ONE ARABIAN NIGHT / I’LL NEVER STAND IN YOUR WAY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=16521747


1956年にUS CADENCEレーベルからリリースしたシングルです。「アラビアの夜」をモチーフにした怪しげなマイナーキーを、中東系のエキゾチックなサウンドで仕上げた、TittyShakers系オブスキュア・ロックンロール・ナンバー!裏面はポップ・バラードです。レーベルにかるい擦れあり。盤質はほぼ良好です。

RALPH MARTERIE ■ CARAVAN TWIST / DRY MARTERIE WITH A TWIST (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=11849803


1962年。1952年のヒット曲「キャラヴァン」(原曲はデューク・エリントン)を“ツイスト”ダンス・チューンとしてアレンジしており、辺境系のエキゾチックなメロディーを、力強いサックスとギターが奏でるロックン・インストゥルメンタル・ナンバー!裏面はオリジナルのツイスト・チューンで、こちらもマイナーキーでマッドなスウィング感が痛快なパーフェクト・2サイダー!Scarce!プロモ盤。盤質は良好です。

PEANUTS WILSON ■ CAST IRON ARM / YOU’VE GOT LOVE (70’s Repro)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=52702963


1957年。ノーマン・ペティー、ロイ・オービソンらが共作をした「Ooby Dooby」風のキャッチーなロックンロール・ナンバーを、サックスが入る軽快なサウンドで仕上げた50’sロカビリー・クラシックス!ザ・ティーン・キングス解散後に、ウェスト・テキサスに戻ったザ・ティーン・キングスのメンバー数人によるセッションで、ロイ・オービソンがリードギターを演奏していると言われています。裏面はカントリー風のポップ・バラードです。盤質はニアミント美品です。

THE JORDANAIRES ■ ROCK’N ROLL RELIGION / DO UNTO OTHERS (Promo)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=47954290


1956年にUS CAPITOLレーベルからリリースしたシングルです。“ロックンロール教”をモチーフにしたノヴェルティーソングを、ザ・トレニアーズ・スタイルのコミカルなR&Bサウンド+コーラスで仕上げた50’sロックンロール・ナンバー!裏面はゴスペル風のアップテンポ・ナンバーです。ホワイト・レーベル・プロモ盤。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。

BOYD BENNETT & HIS ROCKETS ■ SEVENTEEN / LITTLE OLE YOU ALL
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=12527034


1955年。全米ポップチャート5位。ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ・スタイルのジャンピン&ジャイヴ・サウンドに乗せて、17歳の不良少女の生態をコミカルに歌った50’sロックンロール・クラシックス!ジェームス・ミュージーという歌手がボーカルを担当しています。ザ・フォンテイン・シスターズや、ラスティー・ドレイパーによる、カバーバージョンもヒットしていますが、本作が元祖オリジナル・バージョンです。レーベルにかるいリングウェアと破れあり。盤質は綺麗です。

PAUL PEEK ■ SHORT SHORTIN’ / IF
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=35606700


1959年にUS NRCレーベルからリリースしたシングルです。ザ・ローヤル・ティーンズの「Short Shorts」に対抗したと思われるノヴェルティーソングを、サックスとコーラスが入るダンサブルなリズムで仕上げた、悪乗りロックンロール・ナンバー!裏面は一転してセンチメンタルなバラードです。レーベルにリングウェアあり。盤面に擦れ傷ありますがSide-A.の音質は概ね良好で、Side-B.は若干チリノイズが出ます。

ROCKIN ROBIN ROBERTS ■ LOUIE LOUIE / MARYANN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22354519


1961年。1957年にリチャード・ベリーが放ったヒット曲「ルイ・ルイ」のカバーで、R&B色の強い肉厚な演奏に、エナジェティックなヴォーカルが乗った60’sロックンロール・ナンバー!同エリア出身のザ・キングスメンが、2年後に「ルイ・ルイ」を取り上げてナショナルヒットさせている事実が、ザ・ウェイラーズ、及びロッキン・ロビン・ロバーツの影響下にあった事を物語っています。レーベルに擦れとシールと書き込みあり。音質は全体的に概ね良好です。

SAM BUTERA ■ COME ON & DO THE TWIST / CHANTILLY LACE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119745814


1961年にUS CAPITOLレーベルからリリースしたシングルで、映画『ザ・コンチネンタル・ツイスト』挿入曲です。ルイ・プリマが作詞作曲をしたロックンロール・ナンバーで、ジャジーなフルオーケストラとコーラスをバックに、豪快なヴォーカルで歌う60’sツイスト・ダンス・パーティーチュー!裏面はビッグ・ボッパーの名作「シャンティリー・レイス」のカバーで、こちらもアッパーなロックンロールとなる2サイダー盤です。レーベルに書き込みあり。盤質はニアミント美品です。

SAM BUTERA ■ EQUATOR / I KISS YOUR HAND, MADAME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=19245360


1957年にUS PREPレーベルからリリースしたシングルです。“赤道”をモチーフにしたノヴェルティーソングを、ジャジーなスモールコンボの演奏に乗せた50’sロッキン&ジャンピン・ナンバー!ラテンのルンバのリズムを奏でる、トロンボーンとサックスによる2管ホーンによるアレンジも最高にクールです。裏面曲はアップテンポのインストゥルメンタル・ジャンプです。レーベルにシールあり。盤質は良好です。

JERRY DALLMAN ■ THE BUG / HONEY BEE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23814782


1959年。“虫”をモチーフにしたノヴェルティーナンバーで、ラテン調のリズムが転調するロカビリー・サウンドをバックにした50’sロックンロール・ナンバー!1988年に公開されたジョン・ウォーターズ監督による映画『ヘア・スプレー』の劇中でも使用され、ゲーム感覚の強いダンス・ナンバーとして踊られていたのが印象的でした。裏面は女性コーラス入りのロックンロールです。レーベル片面に破れあり。盤質は良好です。

THE CREW-CUTS ■ SUSIE-Q / SUCH A SHAME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=13678127


1957年にUS MERCURYレーベルからリリースしたシングルです。デイル・ホウキンスのヒット曲「スージー・Q」のカバーで、ハル・ムーニー楽団のバンドが演奏したスウィンギンなリズムに、軽快なコーラスが乗ったポピュラー・バージョン!といえど、気合の入ったギターが鋭く切り込む、ロックンロール・ナンバーとしての馬力もあって大変オススメの良好クロスオーバー作品です。裏面はアップテンポのポップ・ナンバーです。音質は概ね良好です。

“TENNESSEE” ERNIE FORD ■ SIXTEEN TONS / YOU DON’T HAVE TO BE A BABY TO CRY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119743157


1955年。全米ポップチャートで8週連続1位を記録した彼最大のヒット曲です。カントリー・シンガー、ソングライター=マール・トラヴィスのカバーで、ジャジーな編曲に乗せたマイナーキーを、ゴスペルを経験したディープ・ボイスで歌う50’sポップ・ナンバー!ユージーン・チャーチのR&B等、本作をお手本にしたカバーも多く、ベルギー・ポップコーンの雛形と言っても過言ではない重要作品です。CS付き。盤質は綺麗で、当たりプレスでオススメです。

“TENNESSEE” ERNIE FORD ■ SIXTEEN TONS / YOU DON’T HAVE TO BE A BABY TO CRY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=35539402


1955年。全米ポップチャートで8週連続1位を記録した彼最大のヒット曲です。カントリー・シンガー、ソングライター=マール・トラヴィスのカバーで、ジャジーな編曲に乗せたマイナーキーを、ゴスペルを経験したディープ・ボイスで歌う50’sポップ・ナンバー!ユージーン・チャーチのR&B等、本作をお手本にしたカバーも多く、ベルギー・ポップコーンの雛形と言っても過言ではない重要作品です。盤質は良好かつ、当たりプレスでオススメです。

KENNY OTTEY ■ SICK, SICK, SICK / MAIN DRAG SATURDAY NIGHT
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119742633


1958年。“冗談音楽の王様”=スパイク・ジョーンズが書き下ろしたノヴェルティーソングを、サックスが入る重厚な演奏に乗せた50’sロックンロール・ナンバー!ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツのスタイルに近いですが、よりR&B寄りで、ルイ・ジョーダンの雰囲気に近いかもしれません。裏面はアップテンポのロックンロール・ナンバーで、こちらもワイルドなヴォーカルが印象的です。盤質は良好です。

DENNIS BELL ■ BEI MIR BIST DU SCHOEN / YOU DON’T NEED ME ANYMORE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=6376125


マイナーなポップ・シンガー=デニス・ベルが、1962年にUS RCA VICTORレーベルに残したシングルです。邦題「素敵なあなた」としても知られるジャズのスタンダード曲のカバーで、ストリングスや女性コーラスが入るフルオーケストラでアレンジし、若々しいヤング・ヴォーカルで歌い上げるティーン・ポップ・サウンド!ポール・アンカにも通じるエキゾチックな哀愁が魅力です。裏面曲はポップ・バラードです。盤質はニアミント美品です。

TEDDY RANDAZZO ■ BE MY KITTEN LITTLE CHICKEN / LITTLE SERENADE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=32798662


1958年にUS VIKレーベルからリリースしたマイナーシングルです。リンカーン・チェイスが作詞作曲をしたノヴェルティーな楽曲を、ミッキー・ベイカーと思われる鋭角なギターや女性コーラスに乗せたR&Bタイプのロックンロール・ナンバー!V.Aコンピレーション・アルバム『Dancing Shoes Vol.4』に収録されています。裏面はラテン調のリズムを盛り込んだポップ・ナンバーです。盤質は良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。