NIGHT BEAT RECORDS / バディー・ホリーと、ジ・エヴァリー・ブラザーズ特集で7インチを24点アップしました!(2017.6.28.水)

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はオールディーズ・ポップスの7インチを24点アップしました!
バディー・ホリーと、ジ・エヴァリー・ブラザーズの特集で、長らく欠品していたタイトル等が再入荷いたしました。
引き続き、CDプレゼント・キャンペーンも行っておりますので、ご注文お待ちいたしております!


http://www.nightbeatrecords.com/

本日アップした商品はこちらです

バディー・ホリー

アーティスト【バディー・ホリー】
Charles Hardin Holley (September 7, 1936 Lubbock, Texas, U.S. – February 3, 1959 Clear Lake, Iowa, U.S.) ロカビリー/ロックンロール・シンガー、ソングライター、ギター、ピアノ、フィドル、バイオリン演奏。最初期には中学校の時に友人ボブ・モントゴメリーとのコンビ、バディー&ボブ(Buddy & Bob)を結成し、カントリー&ブルーグラスを演奏して活動。地元のラジオ局KDAVにも出演し、地元ではトップの人気を誇るアーティストとなる。その後1955年に、エルヴィス・プレスリーに影響をうけてロカビリーに音楽スタイルを変更。1956年にDECCAレーベルと契約しザ・クリケッツ名義で数枚のレコードをリリースしたが、ヒットは生まれなかった。その後スタジオオーナーでもあったノーマン・ペティーをマネージャーに採用し、ニューメキシコ州クローヴィスにある彼のスタジオで録音した「That’ll Be The Day」がBRUNSWICKレーベルよりリリースされてナショナル・ヒットを記録する。以降は「Oh Boy!」のヒットや、CORALレーベルに移ってからも「Peggy Sue」等、多数のヒットを連発し、50年代を代表するロックンロールスターとなりました。メガネをかけた親しみやすいヴィジュアルや、ポップでキャッチーなロックンロール感覚は、ザ・ビートルズはじめ、多くの後続アーティストに影響を与えた伝説のロッカーです。1959年1月23日にリッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーらと共に飛行機事故で他界した。

BUDDY HOLLY ■ IT DOESN’T MATTER ANYMORE / RAINING IN MY HEART
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119657538


1959年2月3日の飛行機事故直後にUS CORALレーベルからリリースされた遺作となるシングルで、全米ポップチャートで最高13位を記録。ポール・アンカが楽曲を提供したオリジナル・ナンバーで、ポール・アンカのペンらしいキャッチーなメロディーと、ディック・ジェイコブス室内管弦楽団のポップサウンドで新境地を開拓したティーン派ポップ・ナンバーです。裏面もポップチャートで最高88位を記録したポップバラードです。CS付き。レーベルにかるいリングウェアあり。盤質は良好です。

BUDDY HOLLY ■ IT DOESN’T MATTER ANYMORE / RAINING IN MY HEART
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=102489113


1959年2月3日の飛行機事故直後にUS CORALレーベルからリリースされた遺作となるシングルで、全米ポップチャートで最高13位を記録した。ポール・アンカが楽曲を提供したオリジナル・ナンバーで、ポール・アンカのペンらしいキャッチーなメロディーと、ディック・ジェイコブス室内管弦楽団のポップサウンドで新境地を開拓したティーン派ポップ・ナンバーです。裏面もポップチャートで最高88位を記録したポップバラードです。レーベルにリングウェアあり。音質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY ■ EARLY IN THE MORNING / NOW WE’RE ONE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119657287


1958年。全米ポップチャート32位。同年にボビー・ダーリンがザ・ディング・ドングス(The Ding Dongs)名義でBRUNSWICKレーベルと、ザ・リンキー・ディンクス(The Rinky-Dinks)名義でATCOレーベルからリリースした同名作品のカバーで、原作同様に軽快なアップテンポに女性コーラスが入るポップ・ロッカー!裏面もボビー・ダーリン作品のカバーで、こちらもドゥーワップ調のアップテンポとなる2サイダーです。レーベルにリングウェアあり。盤質は良好です。

BUDDY HOLLY ■ RAVE ON / TAKE YOUR TIME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119656890


1958年。全米ポップチャート37位。サニー・ウェストのカバーです。3コードが繰り出すストレートなロックンロール・ナンバーを、ホリーの特徴的なしゃっくり唱法「A-weh-uh-heh-uh -ell …」で様式化した50’sロックンロールのマスターピース!2004年にローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では154位に選定される名作です。レーベルに破れあり(リペアされています)。盤質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY ■ RAVE ON / TAKE YOUR TIME
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=15646585


1958年。全米ポップチャート37位。サニー・ウェストのカバーです。3コードが繰り出すストレートなロックンロール・ナンバーを、ホリーの特徴的なしゃっくり唱法「A-weh-uh-heh-uh -ell …」で様式化した50’sロックンロールのマスターピース!2004年にローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では154位に選定される名作です。レーベルにシールとリングウェアあり。音質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY ■ EVERYDAY / PEGGY SUE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119656265


1958年。全米ポップチャート3位。シンプルに繰り返されるキャッチーなメロディーを、甘目のヴォーカルで歌い上げる50’sロックンロールのマスターピース!1986年の映画『スタンド・バイ・ミー』にも挿入。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では238位に選定。裏面はジェリー・アリソンが作曲した、ロックンロール・ラヴ・ソングの2サイダー盤!レーベルにリングウェアあり。音質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY ■ EVERYDAY / PEGGY SUE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119656031


1958年。全米ポップチャート3位。シンプルに繰り返されるキャッチーなメロディーを、甘目のヴォーカルで歌い上げる50’sロックンロールのマスターピース!1986年の映画『スタンド・バイ・ミー』にも挿入。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では238位に選定。裏面はジェリー・アリソンが作曲した、ロックンロール・ラヴ・ソングの2サイダー盤!レーベルに書き込みとリングウェアあり。音質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY ■ EVERYDAY / PEGGY SUE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=108698544


1958年。全米ポップチャート3位。シンプルに繰り返されるキャッチーなメロディーを、甘目のヴォーカルで歌い上げる50’sロックンロールのマスターピース!1986年の映画『スタンド・バイ・ミー』にも挿入。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では238位に選定。裏面はジェリー・アリソンが作曲した、ロックンロール・ラヴ・ソングの2サイダー盤!CS付き。レーベル片面に書き込みあり。盤質は良好です。

BUDDY HOLLY ■ PEGGY SUE / EVERYDAY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=40746108


1958年。全米ポップチャート3位。シンプルに繰り返されるキャッチーなメロディーを、甘目のヴォーカルで歌い上げる50’sロックンロールのマスターピース!1986年の映画『スタンド・バイ・ミー』にも挿入。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では238位に選定。裏面はジェリー・アリソンが作曲した、ロックンロール・ラヴ・ソングの2サイダー盤!CS付き。レーベルにリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY / THE CRICKETS ■ OH, BOY! / NOT FADE AWAY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119654192


1957年。全米ポップチャート10位。翌年には「レイヴ・オン」を作曲するソニー・ウェストらとの共作で、疾走感のあるファストなリズムにコーラスが乗る50’sロックンロールのマスターピース!裏面も見逃せない、ボ・ディドリー風のジャングル・ロックンロール・ナンバー!1964年にイギリスのザ・ローリング・ストーンズがカバーしている2サイダー盤です。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

BUDDY HOLLY / THE CRICKETS ■ OH, BOY! / NOT FADE AWAY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=49626891


1957年。全米ポップチャート10位。翌年には「レイヴ・オン」を作曲するソニー・ウェストらとの共作で、疾走感のあるファストなリズムにコーラスが乗る50’sロックンロールのマスターピース!裏面も見逃せない、ボ・ディドリー風のジャングル・ロックンロール・ナンバー!1964年にイギリスのザ・ローリング・ストーンズがカバーしている2サイダー盤です。レーベルにシールとかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY / THE CRICKETS ■ OH, BOY! / NOT FADE AWAY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=108697845


1957年。全米ポップチャート10位。翌年には「レイヴ・オン」を作曲するソニー・ウェストらとの共作で、疾走感のあるファストなリズムにコーラスが乗る50’sロックンロールのマスターピース!裏面も見逃せない、ボ・ディドリー風のジャングル・ロックンロール・ナンバー!1964年にイギリスのザ・ローリング・ストーンズがカバーしている2サイダー盤です。レーベルにシールとかるいリングウェアあり。盤質はほぼ良好です。

BUDDY HOLLY / THE CRICKETS ■ MAYBE BABY / TELL ME HOW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=108698879


1958年。全米ポップチャート17位/R&Bチャート8位/UKシングルチャート4位。ノーマン・ペティーと共作した明るい調子のアップテンポ・ナンバーを、ロカビリー風のパーカッシヴな演奏とドゥーワップ風のコーラスに乗せた50’sロックンロールのマスターピース!1973年の映画『アメリカン・グラフィティ』にも挿入されていた一曲でもあります。裏面もキャッチーなロックンロールです。レーベルにシールとかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY / THE CRICKETS ■ MAYBE BABY / TELL ME HOW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24792493


1958年。全米ポップチャート17位/R&Bチャート8位/UKシングルチャート4位。ノーマン・ペティーと共作した明るい調子のアップテンポ・ナンバーを、ロカビリー風のパーカッシヴな演奏とドゥーワップ風のコーラスに乗せた50’sロックンロールのマスターピース!1973年の映画『アメリカン・グラフィティ』にも挿入されていた一曲でもあります。裏面もキャッチーなロックンロールです。レーベルに書き込みとかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

BUDDY HOLLY / THE CRICKETS ■ THAT’LL BE THE DAY / I’M LOOKIN’ FOR SOMEONE TO LOVE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119652756


1957年。全米ポップチャート1位/R&Bチャート2位。少人数編成のバンド・スタイルで奏でるキャッチーな3コードは、ザ・ビートルズ他のバンド・スタイルのロックンロールに強い影響を与えており、キャッチーなロックンロール・サウンドで新境地を開いた名作とも言えます。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第39位に選定されています。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

BUDDY HOLLY / THE CRICKETS ■ THAT’LL BE THE DAY / I’M LOOKIN’ FOR SOMEONE TO LOVE
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=20146815


1957年。全米ポップチャート1位/R&Bチャート2位。少人数編成のバンド・スタイルで奏でるキャッチーな3コードは、ザ・ビートルズ他のバンド・スタイルのロックンロールに強い影響を与えており、キャッチーなロックンロール・サウンドで新境地を開いた名作とも言えます。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第39位に選定。レーベルにシールと書き込みとリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

ジ・エヴァリー・ブラザーズ

アーティスト【ジ・エヴァリー・ブラザーズ】
ロックンロール・ボーカル/ギター・デュオ。アイオワ州シェナンドア出身の兄弟 Isaac Donald Everly(1937年生まれ)と、Phillip Everly(1939年生まれで、2014年に死去)によるデュオ。1956年にチェット・アトキンスのアレンジメントで録音した作品が<Columbia>レーベルからリリースされる。そして間もなく Archie Bleyer の<Cadence>レーベルと契約し、そこではカントリー・ミュージックをルーツに、ツイン・アコースティック・ギターによるフォーキーなロックンロールと、フォーク・ミュージックのクロース・ハーモニーを融合させたスタイルで、”Bye Bye Love”, “Wake Up Little Susie”, “All I Have to Do Is Dream”, “Bird Dog”, “Problems”などのヒット曲を連発。優れたメロディーとハーモニーの調和から成るロックンロールは、ザ・ビートルズや、ザ・ビーチ・ボーイズ、サイモン&ガーファンクル、ザ・ビー・ジーズ、ザ・ホリーズといった、のちのロック・ミュージシャンにに多大な影響を与えていると言われています。1960年には<Warner Bros.>レーベルに移籍し、兄弟自作による”Cathy’s Clown”や、ブリルビルディングの名ポップ作曲家陣が書き下ろした”Walk Right Back”, “Crying In The Rain”といったポップ・ナンバーで珠玉の名作を引き続き発表。1973-1983年の間はそれぞれがソロ活動をし、1983-2006年の間には再結成して活動しています。

THE EVERLY BROTHERS ■ LET IT BE ME / SINCE YOU BROKE MY HEART
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=15682080


1959年。全米ポップチャート7位。フランスのスタンダード・ソング「Je t’appartiens」の英語詩カバーで、エヴァリーズの本作が世界標準でスタンダードとなった名作です。本作をお手本に、ジェリー・バトラー&ベティー・エヴェレットによるカバー等も登場しています。アーチー・ブライアー室内管弦楽団の美しいオーケストラサウンドと、しっとりとしたハーモニーが絶妙にマッチしたポップ・バラードです。バブルノイズが出ます(針飛びはしません)。その他の盤質は良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ (‘Til) I KISSED YOU / OH, WHAT A FEELING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119651622


1959年にUS CADENCEレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高4位を記録したデュオの代表作品のひとつです。ドンが作曲したメロディアスなロッカ・バラードを、息の合ったハーモニーで歌う50’sポップ・ロックンロール・ナンバー!ザ・ビートルズや、ザ・サーチャーズ等のビート・グループが持つ、甘美なテイストのルーツとしても重要視したい作品です。裏面はバラードです。音質は概ね良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ POOR JENNY / TAKE A MESSAGE TO MARY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119651416


1959年。全米ポップチャートで最高22位。前ヒット作「Problems」をフォローアップした兄弟作によるアップテンポ・ナンバーで、若さを爆発させた様なアップテンポの楽曲を、疾走感のあるリズムに乗せた50’sロックンロール・ナンバー!楽曲的には、ポップ・パンクのルーツに聞こえなくもない痛快さのある一曲だと思います。1980年にニック・ロウとデイヴ・エドマンズがカバーしています。裏面も全米チャートで最高16位。レーベルに擦れあり。盤質は概ね良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ BIRD DOG / DEVOTED TO YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22264175


1958年。全米ポップチャート3位。フェリス&ブードロー・ブライアント・コンビが楽曲を提供したノヴェルティー感のある楽曲を、疾走感のあるリズムに乗せた50’sロックンロール・クラシックス!リフレインさせるドゥーワップ風のコーラスのアレンジもユニークです。裏面は全米チャートで最高10位を記録したグレート両面ヒット盤。美しいメロディーラインとハーモニーが交差するフォーク・バラードの名曲です。盤質は概ね良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ BIRD DOG / DEVOTED TO YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=102459173


1958年。全米ポップチャート3位。フェリス&ブードロー・ブライアント・コンビが楽曲を提供したノヴェルティー感のある楽曲を、疾走感のあるリズムに乗せた50’sロックンロール・クラシックス!リフレインさせるドゥーワップ風のコーラスのアレンジもユニークです。裏面は全米チャートで最高10位を記録したグレート両面ヒット盤。美しいメロディーラインとハーモニーが交差するフォーク・バラードの名曲です。盤質は良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ BYE BYE LOVE / I WONDER IF I CARE MUCH
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=15682342


1957年。全米ポップチャート2週連続で最高1位を記録したデュオの代表作品のひとつです。フェリス&ブードロー・ブライアント・コンビが楽曲を提供したカントリー調の楽曲を、軽快なフォークギターのリズムに乗せ、軽やかなハーモニーで歌う50’sロックンロールのマスターピース!レイ・チャールズほか、カバーも多いポピュラー・ミュージックのスタンダードといえる名曲です。レーベルにシールとかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ BYE BYE LOVE / I WONDER IF I CARE MUCH
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=102459055


1957年。全米ポップチャート2週連続で最高1位を記録したデュオの代表作品のひとつです。フェリス&ブードロー・ブライアント・コンビが楽曲を提供したカントリー調の楽曲を、軽快なフォークギターのリズムに乗せ、軽やかなハーモニーで歌う50’sロックンロールのマスターピース!レイ・チャールズほか、カバーも多いポピュラー・ミュージックのスタンダードといえる名曲です。レーベルにかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ WAKE UP LITTLE SUSIE / MAYBE TOMORROW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119649601


1957年にUS CADENCEレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで4週連続で最高1位を記録したデュオの代表作品のひとつです。フェリス&ブードロー・ブライアント・コンビが楽曲を提供した疾走感のある楽曲を、軽快なフォークギターのリズムに乗せた50’sロックンロール・クラシックス!裏面曲は兄弟自作によるオリジナルのバラードです。盤質は概ね良好です。

本日はさらに…

・トップページに掲載しきれない新入荷商品を「MORE NEW ARRIVALS」のページにアップいたしております!

・値下げ商品も日々追加いたしております!「値下げ商品」のページをご覧くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。