NIGHT BEAT RECORDS / オールディーズ・ポップスの7インチを24点アップしました。

大阪のNIGHT BEAT RECORDSです。

本日はオールディーズ・ポップスの7インチを24点アップしました!
ロイ・オービソン、エヴァリー・ブラザーズ、フェビアン、フランキー・アヴァロンの特集です。
7/01迄、絶賛CDプレゼント・キャンペーンも行っておりますので、ご注文お待ちいたしております。
http://www.nightbeatrecords.com/

 

本日アップした商品はこちらです

フランキー・アヴァロン

アーティスト【フランキー・アヴァロン
ポップ・シンガー/ティーン・アイドル、俳優、トランッペット奏者。1940年フィラデルフィア生まれ。12歳でテレビ・デビューし、ティーン期にはボビー・ライデルと共にロッコ&ザ・セインツ(Rocco & the Saints)というバンドを結成して活動。1954年にトランペッッターとしてXレーベルからレコード・デビュー。1958年からはティーン・ポップ歌手に転向してCHANCELLORレーベルと契約し、主にプロデューサー、ボブ・マークッチが手がけた「Venus」や「Why」といったポップ・ナンバーを多数ヒットさせています。また女優で歌手のアネット・ファニセロと競演した映画『ビーチ・シリーズ』のコメディー映画でも主役を務め、ティーン・アイドルとして人気を博しました。

FRANKIE AVALON ■ VENUS / I’M BROKE (Pink Label,w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119616222


1959年。全米ポップチャート5週連続1位。上質なポップサウンドに包まれたメロウな楽曲を、甘口ボーカルで歌うティーンポップ/オールディーズ・ナンバー!COLUMBIA系列の大手COLPIXレーベルの、ストュ・フィリップス関連作品(シェリー・フェブレー等)と比較しても遜色ない完成度の名作です。裏面曲はアップテンポのティーン・ロッカーです。PS付き。ピンクレーベルの1st.プレス。レーベルにリングウェアあり。音質は概ね良好です。

FRANKIE AVALON ■ VENUS / I’M BROKE (Pink Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119616125


1959年。全米ポップチャート5週連続1位。上質なポップサウンドに包まれたメロウな楽曲を、甘口ボーカルで歌うティーンポップ/オールディーズ・ナンバー!COLUMBIA系列の大手COLPIXレーベルの、ストュ・フィリップス関連作品(シェリー・フェブレー等)と比較しても遜色ない完成度の名作です。裏面曲はアップテンポのティーン・ロッカーです。ピンクレーベルの1st.プレス。レーベルにシールとリングウェアあり。音質は概ね良好です。

FRANKIE AVALON ■ VENUS / I’M BROKE (Black Label)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22980845


1959年。全米ポップチャート5週連続1位。上質なポップサウンドに包まれたメロウな楽曲を、甘口ボーカルで歌うティーンポップ/オールディーズ・ナンバー!COLUMBIA系列の大手COLPIXレーベルの、ストュ・フィリップス関連作品(シェリー・フェブレー等)と比較しても遜色ない完成度の名作です。裏面曲はアップテンポのティーン・ロッカーです。黒レーベルの2nd.プレス。レーベルにかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

ファビアン

アーティスト【ファビアン
Fabiano Anthony Forte (born February 6, 1943 Philadelphia, Pennsylvania, U.S.) ポップ・シンガー、ティーン・アイドル。1957年にプロデューサー、ボブ・マークッチ&ピーター・デ・アンジェリスに見出され、CHANCELLORレーベルと契約。端整なルックスでアイドル歌手として瞬く間に人気を得て、「Tiger」、「I’m a Man」、「Hound Dog Man」、「Turn Me Loose」等のロックンロール・ナンバーをヒットさせました。フランキー・アヴァロン、リッキー・ネルソン、ポール・アンカらと並び、アイドル・ポップス黄金期を代表するアーティストです。

FABIAN ■ HOUND DOG MAN / THIS FRIENDLY WORLD (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119615943


1959年にUS CHANCELLORレーベルからリリースしたシングルで、ピーター・デ・アンジェルス・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高3位を記録し、同名映画のタイトルにもなった作品です。ドク・ポーマス&モート・シューマンが作曲を担当した、エルヴィス・プレスリー風のロックンロール・ナンバーで、ロカビリー風のバッキングもワイルドな50’sティーン・ロッカー!裏面も全米チャートで最高12位を記録した両面ヒット盤です。PS付き。盤質はニアミント美品です。

FABIAN ■ GOT THE FEELING / COME ON & GET ME (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=40840276

 


1959年。前ヒット作「タイガー」をフォローアップした作品で、ロカビリー・スタイルのアップテンポに乗せて、勢いのあるヴォーカルでワイルドに迫る50’sロックンロール・ナンバー!リズム+間奏のギターブレイクも豪快で痛快なマイナー注目作品でオススメです。裏面は前ヒット作「ターン・ミー・ルース」をフォローアップした、ブルージーなミッドテンポのティーン・ロッカーとなる2サイダーです。PS付き。レーベルにかるい擦れと書き込みあり。盤質は良好です。

FABIAN ■ ABOUT THIS THING CALLED LOVE / STRING ALONG (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=45121243


1960年。全米ポップチャート31位。R&Bスタイルのダンサブルなリズムに乗せたマイナーキーの楽曲を、低く抑えたヴォーカルで歌い上げるポップコーン派ティーン・ポップ・ロッカー!ギターやコーラスのアレンジも怪しげで秀逸な、R&Bファンの方にもオススメのマイナー注目作品です。裏面は全米チャートで最高39位を記録した両面ヒットで、こちらは明るい調子のロックンロール・ナンバーとなる2サイダーです。PS付き。盤質はニアミント美品です。

FABIAN ■ TIGER / MIGHTY COLD (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=798631


1959年。ピーター・デ・アンジェルス・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高3位を記録した代表作品です。日本での邦題は「タイガー・ロック」としても知られる作品で、“虎”に例えた美女を絶賛したコミカルな楽曲を、ダンサブルなアップテンポに乗せたティーン・ロックンロール・ナンバー!裏面もアップテンポのロックンロール・ナンバーです。PS付き。レーベルに書き込みあり。盤質は概ね良好です。

FABIAN ■ TURN ME LOOSE / STOP THIEF (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119614923


1959年。ピーター・デ・アンジェルス・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高9位を記録した代表作品のひとつです。ドク・ポーマス&モート・シューマンが作曲したブルージーな楽曲を、全体的にエルヴィス・プレスリー風のロックンロール・サウンドで仕上げたティーン・ロッカー!1973年にディヴィッド・エセックスがカバーし、1979年にマンハッタン・トランスファーがカバーしています。PS付き。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

ジ・エヴァリー・ブラザーズ

アーティスト【ジ・エヴァリー・ブラザーズ
ロックンロール・ボーカル/ギター・デュオ。アイオワ州シェナンドア出身の兄弟 Isaac Donald Everly(1937年生まれ)と、Phillip Everly(1939年生まれで、2014年に死去)によるデュオ。1956年にチェット・アトキンスのアレンジメントで録音した作品が<Columbia>レーベルからリリースされる。そして間もなく Archie Bleyer の<Cadence>レーベルと契約し、そこではカントリー・ミュージックをルーツに、ツイン・アコースティック・ギターによるフォーキーなロックンロールと、フォーク・ミュージックのクロース・ハーモニーを融合させたスタイルで、”Bye Bye Love”, “Wake Up Little Susie”, “All I Have to Do Is Dream”, “Bird Dog”, “Problems”などのヒット曲を連発。優れたメロディーとハーモニーの調和から成るロックンロールは、ザ・ビートルズや、ザ・ビーチ・ボーイズ、サイモン&ガーファンクル、ザ・ビー・ジーズ、ザ・ホリーズといった、のちのロック・ミュージシャンにに多大な影響を与えていると言われています。1960年には<Warner Bros.>レーベルに移籍し、兄弟自作による”Cathy’s Clown”や、ブリルビルディングの名ポップ作曲家陣が書き下ろした”Walk Right Back”, “Crying In The Rain”といったポップ・ナンバーで珠玉の名作を引き続き発表。1973-1983年の間はそれぞれがソロ活動をし、1983-2006年の間には再結成して活動しています。

THE EVERLY BROTHERS ■ WALK RIGHT BACK / EBONY EYES (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=23128779


1961年。全米ポップチャート7位。ザ・クリケッツのソニー・カーティスが提供した作品で、R&Bスタイルのリズムに乗せたメランコリックな楽曲を、ツイン・ヴォーカルでしっとりハモる60’sポップ・バラード・ナンバー。後年、ハリー・ニルソンや、アン・マーレイ等がカバーした作品です。裏面はジョン・D.・ラウンダーミルクが提供したフォーク・バラードで、こちらも全米チャートで最高8位となった両面ヒットです。PS付き。レーベルにシールあり。盤質は良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ CATHY’S CLOWN / ALWAYS IT’S YOU (Red Label,2nd.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119614016


1960年。全米ポップチャート5週連続1位。兄弟作によるキャッチーな楽曲を、軽快なミッドテンポに乗せた60’sポップスを代表する名曲です。ザ・ビートルズが本作からメロディーを拝借し、「Please, Please Me」が生まれたという逸話もある作品です。またローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では149位にノミネートされているロック史重要作品です。裏面も全米チャートで最高56位を記録。盤質は良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ TEMPTATION / STICK WITH ME BABY (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119613515


1961年。全米ポップチャート27位/UKシングルチャート1位。1933年に発表されたポピュラーソング「テンプテーション」のカバーで、ワイルドな演奏に乗せたアップテンポでアレンジされた60’sロックンロール・ナンバー!イギリスでのNo.1ヒットも頷ける作品で、ビートグループの血となり肉となったオリジナル・アメリカン・ロックンロールの名作です。裏面も全米チャートで最高41位を記録した両面ヒットです。PS付き。レーベルにリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ CRYING IN THE RAIN / I’M NOT ANGRY
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=25434374


1961年。全米ポップチャート6位/UKシングルチャート9位。ハワード・グリーンフィールドが作詞をし、キャロル・キングが作曲をした、唯一の共作として知られる作品で、キャロル・キング作品らしい哀愁を帯びたメロディーを、情感たっぷりのハーモニーで歌うポップ・バラード・ナンバー。ハワード・グリーンフィールドのメランコリックで詩的な歌詞も素晴らしい名作です。裏面はアップテンポのロックンロールです。レーベルに書き込みあり。盤質は良好です。

THE EVERLY BROTHERS ■ CRYING IN THE RAIN / I’M NOT ANGRY (w/PS)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=25434825


1961年。全米ポップチャート6位/UKシングルチャート9位。ハワード・グリーンフィールドが作詞をし、キャロル・キングが作曲をした、唯一の共作として知られる作品で、キャロル・キング作品らしい哀愁を帯びたメロディーを、情感たっぷりのハーモニーで歌うポップ・バラード・ナンバー。ハワード・グリーンフィールドのメランコリックで詩的な歌詞も素晴らしい名作です。裏面はアップテンポのロックンロールです。PS付き。盤面に浅い擦れあり。

THE EVERLY BROTHERS ■ MUSKRAT | LUCILLE / DON’T BLAME ME | WALK RIGHT BACK (45rpm EP)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119606306


1961年にUS WARNER BROS.レーベルからリリースした45回転7インチ・4曲入りE.P.シングルです。名作「Walk Right Back」を中心に、同時期の作品を集めた内容で、他にもロックンロール・ナンバーの「Muskrat」、「Lucille」等、聞きどころの多いコンパクト盤です。<収録曲> A1. Muskrat A2. Lucille B1. Don’t Blame Me B2. Walk Right Back ピクチャースリーヴ欠損。盤質は良好です。

ロイ・オービソン

アーティスト【ロイ・オービソン
ロックンロール/ロカビリー、ソングライター、ギタリスト。1936年テキサス州ヴァーノン生まれ。本名 Roy Kelton Orbison 。3~4オクターブの声域を誇る、バリトン・ボーカルの天才歌手でもあり、ポップス界屈指のメロディー・メイカーで、名プロデューサー。初期は自己のバンド、ザ・ティーン・キングス(The Teen Kings)でロカビリーを演奏/歌っており、1957年にSUNレーベルと契約を結び、デビュー作の「Ooby Dooby」がヒット。そして1959年頃まで、エルヴィス・プレスリー の後任的な存在で、SUN, RCA VICTORに録音を残す。1960年からはMONUMENTレーベルと契約し、1965年頃まで「Only the Lonely」、「Crying」、「In Dreams」、「Oh, Pretty Woman」といったトップ40ヒットを22曲も連発しています。1965年からはMGMレーベルに移籍したが、1960年代後半の活動は不調が続いた。1970年代以降も活動し、1987年にロックンロールの殿堂入りを果たし、ローリングストーン誌が選ぶザ・グレーテスト・アーティスト・オブ・オール・タイムでは37位に選定されている偉大なる人物です。

ROY ORBISON ■ (Say) YOU’RE MY GIRL / SLEEPY HOLLOW
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119606062


1965年にUS MONUMENTレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高39位/UKシングルチャートで最高23位を記録したベストソングのひとつです。ビル・ディーズと共作をしたアップテンポ・ナンバーを、軽快なバンド・サウンドに乗せた、60’sポップ・ロック・ナンバー!裏面はビル・ディーズが作詞作曲をしたポップ・バラードです。CS付き。盤質はニアミント美品です。

ROY ORBISON ■ GOODNIGHT / ONLY WITH YOU
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24095492


1965年にUS MONUMENTレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高21位を記録したベストソングのひとつです。ビル・ディーズと共作をしたメロディアスな楽曲を、フォークギターとストリングスの軽快なサウンドに乗せて、落ち着いたヴォーカルで歌う60’sポップ・ナンバー!裏面はアルバム未収録作品となるポップ・バラードです。CS付き。盤質はニアミント美品です。

ROY ORBISON ■ BLUE ANGEL / TODAY’S TEARDROPS
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=102351492


1960年にUS MONUMENTレーベルからリリースしたシングルで、全米ポップチャートで最高9位を記録したベストソングのひとつです。ジョー・メルソンと共作をした、前ヒット作「オンリー・ザ・ロンリー」をフォローアップしたメロディアスなバラードを、ストリングスとコーラスに乗せて美声ボーカルで歌い上げるティーン・ポップ・ナンバー!裏面はアルバムには未収録だったアップテンポのポップ・ナンバーです。CS付き。レーベルにシールあり。盤質はほぼ良好です。

ROY ORBISON ■ IT’S OVER / INDIAN WEDDING
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=52402641


1964年。全米ポップチャートで最高9位/UKシングルチャートで最高1位を記録したベストソングのひとつです。前ヒット作「プリティー・ペーパー」をフォローアップして、ビル・ディーズと共作したメロディアスなバラードを、ストリングスとコーラスをふんだんに用いた、ビル・ジャスティスの編曲によってドラマチックに仕上げた60’sポップ・ナンバーです。カバーも多く、ポップスのスタンダードと言っても過言ではない名作です。CS付き。盤質はニアミント美品です。

ROY ORBISON ■ OH PRETTY WOMAN / YO TE AMO MARIA
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=108739029


1964年。フレッド・フォスター・プロデュースにより、全米ポップチャートで3週連続1位を記録した代表作品です。自作によるメロディアスな楽曲を、ブリティッシュ・インベーションを意識した力強いバンドの演奏に乗せて、美声ヴォーカルでしっとり歌う60’sロックンロール・ナンバー!1990年公開のアメリカ映画『プリティー・ウーマン』のテーマ曲としても有名になった作品です。盤質は綺麗です。

ROY ORBISON ■ PRETTY WOMAN / YO TE AMO MARIA (1st.press)
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=113334098


1964年。フレッド・フォスター・プロデュースにより、全米ポップチャートで3週連続1位を記録した代表作品です。自作によるメロディアスな楽曲を、ブリティッシュ・インベーションを意識した力強いバンドの演奏に乗せて、美声ヴォーカルでしっとり歌う60’sロックンロール・ナンバー!1990年公開のアメリカ映画『プリティー・ウーマン』のテーマ曲としても有名になった作品です。「Pretty Woman」タイトルの1st.プレス!CS付き。盤質は良好です。

ROY ORBISON ■ BLUE BAYOU / MEAN WOMAN BLUES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=43592357


1963年。全米ポップチャート29位/R&Bチャート26位/UKシングルチャート3位。多くの名作を生み出してきたジョー・メルソンとのコンビでの競作によるカントリー調のバラードで、サビの部分では一気に盛り上がるメロディー展開が気持ち良い60’sポップスの名作です。1977年にリンダ・ロンシュタットがカバーし、チャート上で再ヒットさせた作品のオリジナル・バージョンです。裏面曲は1957年にエルヴィス・プレスリーのカバーです。盤質は綺麗です。

ROY ORBISON ■ BLUE BAYOU / MEAN WOMAN BLUES
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119605862


1963年。全米ポップチャート29位/R&Bチャート26位/UKシングルチャート3位。多くの名作を生み出してきたジョー・メルソンとのコンビでの競作によるカントリー調のバラードで、サビの部分では一気に盛り上がるメロディー展開が気持ち良い60’sポップスの名作です。1977年にリンダ・ロンシュタットがカバーし、チャート上で再ヒットさせた作品のオリジナル・バージョンです。裏面はエルヴィス・プレスリーのカバーです。レーベルに擦れあり。盤質は概ね良好です。

ROY ORBISON ■ CRYING / CANDY MAN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=1819981


1961年。全米ポップチャート2位。ジョー・メルソンと共作をしたカントリー風味のバラードを、ボブ・ムーア(bass)、フロイド・クレイマー(piano)、バディー・ハーマン(drums)、ブードロー・ブライアント、ハロルド・ブラッドリー、スコッティー・ムーア(guitar)ら、ナッシュヴィル録音による壮大な演奏に乗せたポップ・バラードの名作。裏面はは全米チャートで最高25位を記録した2サイダーです。レーベルにかるいリングウェアあり。盤質は概ね良好です。

ROY ORBISON ■ ONLY THE LONELY (Know How I Feel) / HERE COMES THAT SONG AGAIN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=119603572


1960年。全米ポップチャート2位。ジョー・メルソンと共作によるメロディアスな楽曲を、ストリングスとコーラスで美しく仕上げたポップ・バラード・ナンバーです。1999年にはグラミーに殿堂入りし、2004年にはローリング・ストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第232位に選定される名作です。裏面はバラードです。CS付き。レーベルにかるいリングウェアあり。盤質は綺麗です。

ROY ORBISON ■ ONLY THE LONELY (Know How I Feel) / HERE COMES THAT SONG AGAIN
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=24767871


1960年。全米ポップチャート2位。ジョー・メルソンと共作によるメロディアスな楽曲を、ストリングスとコーラスで美しく仕上げたポップ・バラード・ナンバーです。1999年にはグラミーに殿堂入りし、2004年にはローリング・ストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」では第232位に選定される名作です。裏面はバラードです。レーベルに書き込みとかるいリングウェアあり。盤面に浅い擦れありますが、音質は両面共に良好です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。