ノアルイズ・レコード 下北沢 / 東京 / 6月14日(水) 3枚アップしました


Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー – “DO THAT GUITAR RAG 1928-1935”
USA / LP / Stereo / Yazoo L1035 / Rec 1930s / Pub 1973
戦後シカゴ・ブルースのプロトタイプを作り上げ、後期にはマディー・ウォーターズなどと同じようなブルース・バンド編成で作品も残した、R&Rまでブルースをひっぱりあげてきたとも言える巨人。卓抜した指捌きに角ばった骨のあるピッキング、この時代のビッグ・ビル・ブルーンジーのギターは戦前カントリー・ブルースの文句なしの最高峰。これはヤズーからの単独編集盤2作目。バックワーズ・サム・ファークもカバーしたギター・インストA1から薄暗い弾き語り、女性ブルース・シンガーのバッキング、ホーカム調のナンバーなどなど、幅広いレパートリーから多彩に選曲された全14曲。
http://334578.sub.jp/contents/permalink/big-bill-broonzy-do-that-guitar-rag-19281935/


Sleepy John Estes- スリーピー・ジョン・エステス – “BROWNSVILLE BLUES”
USA / LP / Stereo / Delmark DS608 / Rec mid60s / Pub 1970s?
■スリーピー・ジョン・エステス、再デビュー後の大名盤。
サンの録音以降行方知れずとなり、ビッグ・ビルさえあいつは死んだと言ったりもしていましたが、なんと60年代に発見され、再び録音を開始したエステスの名作。豪快に濁った音で横倒しになるような痛烈な冒頭曲から、戦前メンフィスの掘っ立て小屋のライブ会場にワープしてしまったかのような錯覚におちいる生々しい内容。ハミー・ニクソン(Harp)とヤンク・レイチェル(ギター)もこの頃奇跡的に発見され数曲に参加。
http://334578.sub.jp/contents/permalink/sleepy-john-estes-brownsville-blues/


People Of Polynesia, Melanesia- ポリネシア、メラネシアの人々 – “PACIFIC ISLANDS”
Japan / LP / Stereo / Philips PC5605 / Rec 1970s / Pub 1978
■ポリネシア、メラネシアの島々の民俗音楽を収録した一枚。
ニュージーランド、タヒチ等知られた国から、ワリス諸島、ロヤルチ諸島、ソシエテ諸島など初めて聞く島々の音楽を収録した、日フィリップスの現地録音盤。常夏の国の白い砂浜とサブ・タイトルにあるように、そういうトロピカルなムードのものもいいのですが、密林の奥地で録音されたようなものが特に面白い一枚。
http://334578.sub.jp/contents/permalink/people-of-polynesia-melanesia-pacific-islands/

ショップはこちら↓
http://334578.sub.jp/

関連記事

みんレコについて

みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。